<   2018年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
世の中ムラサキになってイヌ走る
"彼"とのお遊びを終え、公園を横切ります。ところどころに水溜りが残りますが、雨は止み、明け方の気温が8℃まで下がっています。



d0113817_06073872.jpg



1日で1番楽しい時間帯です。ということで、11月、お終いです。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-11-30 03:32 | 気象 | Comments(0)
リョウシキ
世界中、"ダサイ"ニュースで溢れかえっていますが、現在、"業界"でも大事件が勃発中です。しかし、一方の当事者である日本での報道はゼロに等しいです。結局、"経済的に多大な悪影響が及ぶ"ことが理由となり、日本側が妥協することになった様子です。一大消費地としては、賢明な選択だと思いますが、これにより、今後、現場への見当違いの規制が一層厳しくなることが憂鬱です。来年から、ちょっとは"まとも"に運用をしてもらいたいと思います。




d0113817_04413581.jpg


さて。来年は"キュラソー島"だそうです。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-11-29 04:19 | マグロ | Comments(0)
路地から感じるヨーロッパ
旧ユーゴスラビア社会主義連邦共和国ですが、とても馴染み深い雰囲気でした。



d0113817_05362215.jpg


つい30年ほど前、どこが"東"で、どこが"西"だったのでしょうか。























m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-11-28 03:06 | 出張 | Comments(0)
クロアチア・マグロ
東大西洋および地中海産クロマグロは、所謂"ジャンボマグロ"として有名ですが、クロアチア産だけは、30kg前後の小型マグロになっています。理由は、アドリア海にはジャンボマグロが回遊して来ないためです。これを越年して養殖します。ポルトガルの3倍くらいの生産量があると思われます。一方、今ではすっかりメジャーとなった旋網と曳航イケスによるマグロ養殖技術は、1990年代初頭、オーストラリアで確立されたものですが、それを開発したのはクロアチア人だと聞いています。しかし、その技術を地中海に持って来たのは日本の大手商社並びに水産会社で、その後、メキシコにも導入されました。


d0113817_06401267.jpg


そんな訳で、"マグロ先進国"のクロアチアでは、国内でもトロットロの美味しい"大トロの鮨"を食べることが出来ます。
























m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-11-27 03:05 | マグロ | Comments(0)
行きたかったレストラン
この日が今年最後の営業日とは知りませんでした。



d0113817_04134661.jpg



100段ほどの古い石階を登り切った角の奥まったところにありました。なんで通り過ぎてしまったのでしょうか。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-11-26 02:13 | 出張 | Comments(0)
"僕はもう何も言うまい。言えば言うほど、僕はなんにも言っていない。"
こう言った心境に至ることは、まさに感動ものです。




d0113817_02472650.jpg


"ほんとうに大切なことがらには、僕はまだちっとも触れていないような気がする。"




















m.


[PR]
by mobulamobular | 2018-11-25 03:08 | ポルトガル文化 | Comments(0)
Dubrovnikの漁師さん
今回残念だったのが船に乗れなかったことなのですが、日が暮れた後に、漁港をぶらつくと、小さな刺し網船が沖から戻って来ました。岸壁に着くや否や、女性がひょいと漁船から降りたとたん、どこからともなく数匹の猫が集まって来ました。すると女性は、持っていた袋の中から小魚を取り出し、それを猫に与えました。



d0113817_03531507.jpg

ここにも、面白い漁師がたくさんいるものと思われます。




















m.



[PR]
by mobulamobular | 2018-11-24 03:59 | 出張 | Comments(0)
クロアチア
"ここ"以外にも、細かな例外は認められていますが、東大西洋および地中海のクロマグロは、原則、体重30kg以下、あるいは尾叉長115cm以下の魚の漁獲は認められていません。一方、アドリア海においては、養殖を目的とする場合においてのみ、体重8kg、あるいは尾叉長75cmまでの小型魚の漁獲が認められています。



d0113817_05282958.jpg


写真は、クロアチアの"2クーナ(約35円)硬貨"の絵柄です。クロマグロです。"結びつき"は強そうです。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-11-23 04:33 | マグロ | Comments(0)
家がいい
ここ1週間ほど、雨がちな天気が続いたようです。よって、冷え込みは緩やかです。


d0113817_04482644.jpg



やっぱり、ポルトガルの色はきれいですね。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-11-22 04:51 | 気象 | Comments(0)
国際会議
昨今、世界中の至るところで、重要であったり"そうではなかったり"様々でしょうが、開催されています。所謂、そのジャンルの要人や専門家の方々が出席しますので、"そうなのか"と納得するしかないのですが、やはりバランスの悪さが気になります。



d0113817_03403857.jpeg


大型スクリーンに映し出された3名は日本代表団の面々ですが、今回も"男だけ"でした。もちろん、彼らはとても優秀で、与えられた任務をちゃんとこなす能力の持ち主たちです。他方、この会議の主要国である、米国、カナダ、ヨーロッパ、中国、モロッコ、ノルウェー等の国々の代表団には、必ず女性が含まれています。中でもカナダ、ノルウェーは代表団のトップが女性で、会議全体にとてもインパクトを与える発言を多くするので"有名"です。アフリカ諸国の代表団にもちらほら女性が混じっています(ちなみに、ポルトガル代表団のトップも女性です)。こういう状況からも、何となく世界とのズレ、もしくは"硬さ"を感じてしまいます。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-11-21 19:14 | 日本文化 | Comments(0)