<   2018年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧
ポルトガルと日本の関係
日本人にとってポルトガルは、カステラ、コンペイトウ、鉄砲の伝来、最近ではCR(クリスティーナロナウド)等、比較的馴染み深い国となっていますが、逆にポルトガル人にとっての日本は、そうでもなさそうです。"初めて鉄砲を日本に持ち込んだのはポルトガル人"ということを知っている日本人はケッコウいると思いますが、それを知っているポルトガル人は、割合で言えば1%以下なのでは、と思います。



d0113817_05373134.jpg


さて、この間のWカップで、"優勝候補"と言われながら無惨にも敗れ去っ国々の国旗のオンパレードとなっています。といった具合に、日本人は諸外国のことを比較的よく知っている方だと思っています。それと同様に、諸外国は日本のことをよく知っていると日本人は考えているかも知れませんが、決してそういうことはありません。一時、世界中のどこの街にも日本製品が溢れかえっていたころには、日本は無視できる存在ではありませんでしたが、今は、思いっきり無視しても、その国の大勢に影響を与えることはまずありません。残念ながら、現地にいる日本人にはちょっとやり難い状況なのですが、これは致し方ありません。そんなことより、もっとヤバイのは、現実は日本人は諸外国のこと、異文化のことをあまりよく知らないんだと気付いた時だと思います。


















m.


[PR]
by mobulamobular | 2018-08-31 05:49 | ポルトガル文化 | Comments(0)
歴史は繰り返すか
たぶん、そうなるような気がします。




d0113817_05064107.jpg



必ず、それなりの準備が必要になります。でも、裏で糸を引いているのは、詰まるところ、環境変動=自然であるようにも思いますので、なされるがままになります。人為的要因もちょっとは絡むと思いますが、ことを起こすのも、また解決するのも環境変動であるように思います。しかし、一般的には、ここのところがよく理解されず、また"専門家"によるちゃんとした説明がなされていないように思われます。敢えて言えば、人間のおごりとか、本来のこととは、まったくの別の話になりがちです。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-08-30 05:35 | 戯言 | Comments(0)
正常化
先週まで夜間駐車でいっぱいだった河岸の通りも、今週に入り潮が引いたようにスッキリして来ました。



d0113817_05260964.jpg



夏休み観光シーズンが終わりました。今日は午後の漁で"カツオ"が入りました。未だ魚体は小さいみたいですが、もっと来い、と思っています。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-08-29 05:34 | ポルトガル文化 | Comments(0)
You raise me up
なにも言うまい、思うまい。



d0113817_05495203.jpg


明け方、カミナリが鳴って、雨が降りました。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-08-28 05:52 | 気象 | Comments(0)
日曜日の給餌作業
静まりかえった河沿いの公園では、沖から定置網船のエンジン音だけが聞こえています。




d0113817_01320147.jpg



"地産地消"であれば、何の問題もありません。少なからず、日本人としての責任を感じる場面です。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-08-27 01:58 | マグロ | Comments(0)
労働環境
海外から来ると、とかく自国のそれと比べてしまうことがあります。意味のないことと分かってはいるのですが、行き詰まるとついつい考えてしまいがちです。

インフラやレジームについても同様です。当たり前のことが、当たり前のように出来ないところです。


d0113817_06142475.jpg



一方、箱網の網抜き作業を行いました。船から降ろすと同時に"網入れ"するために網を広げます。今日は中央の合わせ縫いを行い、週明けには再び海に戻す予定です。網抜きの目的は、米粒大のムラサキイガイを落とすためです。こんな感じで、ここでは当たり前じゃないことも、当たり前のように出来るのです。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-08-26 02:42 | ポルトガル文化 | Comments(0)
楽園に欠けていたもの
今年後半に入ってから、いちども雨が降っていません。



d0113817_05141930.jpg


今は、イチジクやアーモンドやサボテンの実の収穫時期です。そこら中を歩き回って、野生のそれらを家に持って帰ります。すれ違う時、ふたりとも、ニコニコしていました。

















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-08-25 05:36 | 気象 | Comments(0)
"1階で寝ると浸水で命を落とす危険も"
日本の気象庁が、"言った"そうです。



d0113817_01542541.jpg


やっぱり、ここにいても日本の台風のニュースは気になります。特に今回はすでに相当の被害が出ているところに、追い打ちをかけるような状況ですので、ちょっと気がかりです。風速30m/s以上の風が、コンスタントに吹いている様子ですが、より心配なのは"高潮"による水の被害だそうです。そこで急きょ、気象庁が記者会見を行い注意喚起をしたのですが、"命を落とす危険"などと、そんな過激なことを気象庁が言うのかと思った訳ですが、やっぱり気象庁が言ったのは、"1階で寝ると浸水する可能性がある"までで、つまり"命を落とす危険"は報道する側の"作り話"みたいです。つまり、この記事のタイトルは、気象庁と報道側の合作ということになります。というか、今年の場合は、すでに水害で何百人もの尊い人の命が奪われていますので、"より大袈裟に言っておいた方がよい"という、報道側の忖度があったのかも知れません。と同時に、気象庁の平屋住まいの人々への配慮がなかったようにも思われます。

何れにせよ、不安な一夜となりそうです。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-08-24 02:58 | 日本文化 | Comments(0)
プリティーカントリー
ここへ来て、南東風基調の暑い日が続いています。猛暑はありません。日中の最高気温は30℃です。時化はありませんが、西へ向かう早い潮が行っています。



d0113817_06421706.jpg


そんな感じで、状況は"pretty good"です。"最高"ではありませんが、"プリティー"です。























m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-08-24 01:42 | 気象 | Comments(0)
エジプトバッタ
"Nymph"(=若虫)です。



d0113817_02245036.jpg


学名 Anacridium aegyptium、 英名 Egyptian grasshopper、 ポルトガル名 Gafanhoto egípcio 、 和名 "エジプトバッタ" 。

綺麗なミドリ色でした。ツタンカーメンのお面のような"ストライプ"の眼"が決め手です。

















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-08-23 02:07 | 生き物 | Comments(0)