<   2018年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧
"シェシュタ フェイラ サンタ"
聖金曜日で、全国的に休みです。学校は前後で2週間の休み、ちょうど春休みとなりました。


d0113817_04353539.jpg


とは言え、こちらは何をするでもなく、外でビュービュー吹く西風の音を聞いているだけです。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-03-31 04:45 | ポルトガル文化 | Comments(0)
速報 マグロ漁始まる
どうやら、2018年のタイセイヨウクロマグロ漁が始まった様子です。一発目はカナリア諸島からで、やっぱり、今年は風に押され、回遊するマグロの群れは、随分と"南下"しているように感じさせられます。


d0113817_04473904.jpg


そこからですと、"北"に位置するポルトガルは、今のところ不利な条件下にあると思われますが、何れにせよ、これからが楽しみです。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-03-30 04:53 | マグロ | Comments(0)
コンテナ到着
日本から資材を載せたコンテナが、ようやく到着しました。しかし、悪天候の中での航海であったことを物語るように、オープントップのコンテナ内部には各所に浸水の痕が残っていました。



d0113817_04231350.jpg


さて。一応荷降ろしは済ませたのですが、当局から"未だ通関は切れていない"というお達しですので、作業はここまで。明日よりイースターホリデーの3連休となります。

Boa Páscoa.


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-03-30 04:35 | 定置網 | Comments(0)
上架させて
沖での準備作業もほぼ終了したことから、定置網本船を上架して定期検査を受けたいと思っているのですが、造船所が"混乱"しています。



d0113817_03223756.jpg


造船所構内は、まさに立錐の余地なく、いろいろな船が上架中です。特に、ヨットの数が多く、これは近年際立った現象です。やっぱり、"ポルトガルは"上架費用が安いのだと思われます。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-03-29 02:21 | 定置網船 | Comments(0)
さわやかさ
化かし合いの世の中ですが、"本物"は美しいものです。



d0113817_05342155.jpg


曇り空の方が、色までハッキリよく見えます。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-03-28 01:43 | 生き物 | Comments(0)
難しい話は抜き
ひさびさに快晴の朝を迎えました。"立っていても"大丈夫です。



d0113817_04380565.jpg



やっぱり、よいものです。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-03-27 04:59 | 気象 | Comments(0)
千鳥ヶ淵
"ポルトガルで迎える20数度目の4月が来て、今更、千鳥ヶ淵で昔見た夜桜が恋しくて"。



d0113817_04072392.jpg




そんなことはありませんが、かつて、この辺りにいたころは、正直、あまり見ませんでした。千鳥ヶ淵は桜の名所である一方、"ガキ"にとっても、とても厳かな場所でした。

さて、夏時間となりました。














m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-03-26 04:55 | 日本文化 | Comments(0)
南東風はなし
NAO(北大西洋振動)が一旦"正"に振れ、今週は時化もなく、コンテナ船も無事ポルトガルに着いたようですが、どうやら再び"負"に戻りそうな雰囲気ですので、期待していた南東風はお預けになりそうです。



d0113817_06182722.jpg


直に月が変わりますが、今年は3月最終週がイースターホリデー週となることから、網入れは4月になってから、ということになりそうです。























m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-03-25 06:33 | 気象 | Comments(0)
スナップショット
"ポルトガルの家"と言えば、こじんまりした平屋の家で、白壁に赤いテラコッタ瓦と相場が決まっていますが、"進化形"として、白壁にいろいろな色や柄のタイルを貼って自分の家のアイデンティティを構築しているケースも多く見受けられます。ちょっと初期投資がかかっても、何年か一度、白ペンキを塗り直す手間と経費を考えれば、"お得"なのかも知れません。



d0113817_06173769.jpg



で、もうひとつの家のシンボル的存在が煙突です。
実は最近の家の煙突はあまり使われていない場合が多いのですが、家の中まで貫通していますので、風が吹き込んできたり、雨水が侵入してきたりします。いっそのこと"フェイク"にしてしまえばよいと思うのですが、この国らしく、そう簡単には昔からの造り方は変えられないようです。そこで、"フリルのついた煙突"となります。煙突にゴミ袋を被せたり、ビニールシートで覆ったりするのですが、そのうちボロボロになります。見た目、とってもカッコ悪いのですが。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-03-24 04:50 | ポルトガル文化 | Comments(0)
赤い船
もはや海外に憧れることはなくなりました。




d0113817_03021041.jpg



しかし、今でも異国には興味があります。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-03-23 04:10 | 戯言 | Comments(0)