カテゴリ:ポルトガル文化( 382 )
その後の郵便事情
やっぱり米国からの本は届きません。魚の写真を提供して、そのお礼にと送ってくれた本に"値段"などありません。当局はそれが気に入らないようです。



d0113817_01530805.jpg


ジャカランダは、今年は天候不順で咲かないのではないかと思いましたが、日差しが少ない分、長持ちしているように思われます。


さぁ、そろそろ夏にしましょう。

















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-06-12 02:04 | ポルトガル文化 | Comments(4)
ポルトガルの日
一転快晴となった日曜日の朝、大潮の干潮の時刻です。



d0113817_02421891.jpg



1500年代と変わらぬ生活が、"そこには"あるような気がします。

















m.



More
[PR]
by mobulamobular | 2018-06-11 03:16 | ポルトガル文化 | Comments(0)
看護休業
恒例の"作業中おふざけ記念撮影"です。この時、端っこで落ち込んでいる奴のことは気が付きませんでした。



d0113817_02254258.jpg


ポルトガルでは、家族のために看護が必要な場合、国がその期間の給与の保証をしてくれます。この制度を利用し、今日から"彼"は病気の奥さんのために15日間の看護休業となりました。状況によっては、延長も可能です。納得するまで側にいればよいと思います。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-06-07 03:53 | ポルトガル文化 | Comments(0)
言葉が見つからない
ひょんなことから、今日、神父さんが沖に行って、"昔ながらの"漁の安全祈願のセレモニーを執り行ってくれました。しかし、残念ながら参加することは出来ませんでした。



d0113817_05161562.jpg


これが再現されるとは、でも、何となく、"ミックスド・フィーリング"です。



















m.


[PR]
by mobulamobular | 2018-05-19 05:44 | ポルトガル文化 | Comments(0)
スーパーマーケット
これら以外にも、数日前、またもうひとつオープンしました。人口が5万人にも満たない小さな町に、こんなに必要なのかと思いますが、スーパーってそんなに儲かるのでしょうか。



d0113817_05403850.jpg




"昔"はひとつしかなく、アレもないコレもないと思っていましたが、今はせっかく増えたのに物欲の方が完全に失せています。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-05-11 05:51 | ポルトガル文化 | Comments(0)
やってはいけないこと
5月の平日に、ひとりで旬のイワガキを生で食べて、焼いて食って、残りはカキ飯にするのは、とっても忙し過ぎるですので、もう止めた方がよいと思いました。



d0113817_02401639.jpg


"海が幸"、です。



















m.


[PR]
by mobulamobular | 2018-05-09 02:58 | ポルトガル文化 | Comments(0)
Dia do Trabalhador
五月晴れの朝となりました。"労働者の日"で休みでした。



d0113817_00550814.jpg


しかし、沖は潮の早い状態が続いており、しかも冷水が流れていますので、海風に当たると底冷えするほどの寒さです。
一方、”村”は夏を迎え、一気に騒がしくなっています。























m.


[PR]
by mobulamobular | 2018-05-02 01:36 | ポルトガル文化 | Comments(0)
ハンドストラップ
首からぶら下げる長いストラップは、どうも、昔の"ジャ◯パックおじさん"のイメージが強く好きではないのです。



d0113817_05324081.jpg



リスボンで見つけた"リスボン製"のカメラ・ストラップです。"長く"使えればよいな、と思っています。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-04-23 01:07 | ポルトガル文化 | Comments(0)
漁師町のチャチャチャ
"誰もいなくても"、騒がしい河岸のカフェです。



d0113817_05213608.jpg


実際は、”イカレた観光客”で一杯になるだけです。
























m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-04-23 00:15 | ポルトガル文化 | Comments(0)
裏道
至るところ犬の◯◯臭い、ポルトガルの片田舎の旧びた漁村の小路を抜けて河岸に向かう途中です。



d0113817_05381067.jpg

ここだけは、まるでオアシスのように辺りにはよい香りが漂います。今年もオレンジの花の季節になっています。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-04-06 03:51 | ポルトガル文化 | Comments(0)