人気ブログランキング |
カテゴリ:ポルトガル文化( 433 )
迸る
“水道”が無かった僻地の村で、新しく井戸が掘られたり、水道が引かれたりして、初めて蛇口から水がほとばしった瞬間を過去に数回目撃した記憶があります。その時の人々のこの上ない喜びに満ちた笑顔は今も脳裏に残っていますが、同時に、蛇口を開きっぱなしにしておくので、水がどんどんと地面に吸い込まれていくのを見て、日本人特有のもったいないな〜と思ったこともよく憶えています。人々が次から次へと、バケツやタライや壺、あるいは、なんだこりゃと思うような容器やかぶっていた帽子まで利用して、水をもらいに来ましたが、その間絶えず水は蛇口からほとばしったままですので、実際には半分近くの水は地下に消えていったのではないかと思われました。



d0113817_05131189.jpeg




コレは一体何なんだと考えましたが、コレが教育なんだなと思い付きました。蛇口を閉めることを教えられなければ、こうなるのは当然のことです。でも、自分たちの水なんだから好きにすればよい、と感じました。助けあったり、一緒に働くことは出来るけど、彼らをコントロールすることには気が引けたためだったように思います。

今、またそんな気持ちでいます。






















m.



by mobulamobular | 2019-05-11 05:14 | ポルトガル文化 | Comments(0)
労働者の日
今年も5月1日は、メーデーで休みとなりました。



d0113817_05520087.jpg



"Bom dia"は、下を向いたまま。カゴ網を修理していました。政治には騙されない、とかさえ考える必要はありません。





















m.

by mobulamobular | 2019-05-02 01:56 | ポルトガル文化 | Comments(0)
トウモロコシより安いクロマグロ
このご時勢にコレです。まったくの別街道まっしぐら。空気読まな過ぎ。不勉強なこと極まりなし。




d0113817_05442274.jpg




"世界一安いポルトガルのクロマグロ"です。これをヨーロッパ市場で売っています。業界からは大顰蹙を買っていますが、漁獲したマデイラ諸島は、一向に意に介せず、"どうだ、デカイだろ"で終わっています。"カッペ"丸出し。





















m.

by mobulamobular | 2019-04-28 03:22 | ポルトガル文化 | Comments(0)
フィフティーフィフティー
何かを半分ずつに分ける、ということとは限りません。得することはないが、損をすることもない。勝ることはないが、劣ることもない。つまり、"同等=イコール"ということになります。ですから、分母が"3"の場合、五分五分の関係と言えば、"等分"ということになると思いますので、"1/3"ずつになると思います。1/2+1/2+1/2=1にはなりません。1/3+1/3+1/3=1となります。



d0113817_03451643.jpg



こんな算数(代数)が理解出来ないでいます。しかし、これは"トリック"です。最後まで、バレずに済みました。























m.


by mobulamobular | 2019-04-27 03:59 | ポルトガル文化 | Comments(0)
無血クーデター
4月25日は、45年前にポルトガルで起きた軍事クーデターの記念日で、今は祝日です。当時40年以上続いた独裁政権の終焉でした。今は美談だけが残っています。そのひとつが、"ほとんど無血であったこと"です。そして、"コレ"でポルトガルは変わったと思われています。



d0113817_07123707.jpg



でも、実際はどうか。ちょっと、キツイことを言えば、やっぱり"無血"じゃ、ダメみたいです。で、それが本当に"クーデター"だったのか、それも至極疑わしく思われます。こうしてポルトガルは、今も昔のまんまでいます。




















m.

by mobulamobular | 2019-04-25 07:07 | ポルトガル文化 | Comments(0)
Rosé
最近、旬ということもあり、Rosé Espumante (ロゼのスパークリング・ワイン)を使った"苺のサングリア"が流行っています。




d0113817_00295425.jpg



作るのに、ちょっとコツがいります。



















m.

by mobulamobular | 2019-04-22 00:47 | ポルトガル文化 | Comments(0)
Good Friday
今年の"イースター・エッグ"です。




d0113817_00475625.jpg



"フランス鴨"の卵です。今夜はこれで卵焼きの予定です。それと、昨日獲れたヤリイカをいただきます。




















m.



by mobulamobular | 2019-04-20 01:45 | ポルトガル文化 | Comments(0)
面倒くさい
なんどもなんども同じことの繰り返しですので、先が見えているにもかかわらず、振り出しに戻っての社交辞令には民間人として相当の面倒が感じられます。




d0113817_05483971.jpg


役所に連絡をすると担当部局の責任者が1ヶ月近く音信不通。有給休暇でもなく、病欠でもなく、こういった事態がよくあることとして何気なくやり過ごされています。
























m.

by mobulamobular | 2019-04-11 06:01 | ポルトガル文化 | Comments(0)
雨あがりの朝、この時季いっせいに"外に"飛び出してくるのが、近所の爺さん・婆さんと、"デンデンムシ"です。デンデンムシ採りは、この地において、とてもティピカルな情景です。




d0113817_04334069.jpg



"Bom dia (おはようございます)"と声をかけると、"Bom dia"と応答してくれましたが、下を向いたままでした。




















m.


by mobulamobular | 2019-04-08 03:40 | ポルトガル文化 | Comments(0)
Dão
"ダォン"の白ワインです。ブドウの品種は"Encruzado"です。



d0113817_02312841.jpg



ハクモクレンの枝に小鳥が営巣しています。日曜の午後にピッタリのワインでした。




















m.

by mobulamobular | 2019-04-01 02:36 | ポルトガル文化 | Comments(0)