カテゴリ:自然( 159 )
クイック・サンド
"ファーストフードのサンドイッチ"ではありません。英語です。"Quicksand"と綴ります。ポルトガル語では、"Areias Movediças"となります。場合によっては、「身に危険がおよぶ時」もありますので、覚えておいても損のない単語です。ちなみに、日本語では、"流砂"というそうです。




d0113817_04114840.jpg



この辺りにはラグーンが存在します。つまり外海があってビーチがあるのですが、そのあと内海(ここでは河と呼んでいます)があって、そのあと"本当の陸地"となります。そして、もちろん漁港は本当の陸地にあります。ここから船を出して外海に向かう場合、先ずは内海を走って、"ビーチを越えて"から、外海に出て行きます。問題は、この"ビーチ越え"ですが、ラグーンには、ところどころに自然にできた外海と内海をつなぐ出入口があります。しかし、そこは年によって、また季節によって、浅くなったり深くなったり、広くなったり狭くなったり、砂の体積状態によって、絶えず形状が変化します。なにせ"自然任せ"ですので致し方ありません。ゆえに、その時々、漁師は航路を選んで慎重に船を進めます。通れると思ったところ、砂が堆積して通れないと船は立ち往生し、そこに波でも来たら、船はとても危険な状況に陥ってしまいます。ですから、そんな時漁師は浚渫や護岸工事の必要性を政府に訴えます。そして、新しい、"人工の出入口"が出来上がります。すると直に近くでとってもおかしな現象が発生します。例えば、今までビーチだったところの砂が無くなります。例えば、自然の出入口が砂が堆積して閉まってしまいます。例えば、今までイワガキがたくさん着いていたところのイワガキがいなくなります。例えば、内海の魚が姿を消し、代わりに大量の藻が発生します。といった具合です。実際に数年前、人工の出入口を作りました。その直後より、内海にあるビーチの砂がどんどん減り、ついに満潮時のビーチ幅が5mくらいまでになってしまったのです。

ここで話をもとに戻しますが、上述の幅が狭くなった内海ビーチに大量の砂を盛ったのです。これが"クイック・サンド"です。深さ(砂の厚み)は1m以上です。踏み固めていませんので、未だふわふわの砂です。これが危ないのです。このクイック・サンドの上に、"ただ"寝転がるだけでは何も起きませんが、ひとたび"暴れだすと"、体は徐々に砂の中に埋没していきます。所謂、"底なし沼"状態化するのです。よくクイック・サンドの注意書きのプレートに"No Swimming (泳ぐな)"と書き添えられている理由です。























m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-12-06 03:33 | 自然 | Comments(0)
木洩れ日
かがやき。


d0113817_03540044.jpg


暮れてゆく。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-11-07 03:47 | 自然 | Comments(0)
秋晴れです。



d0113817_23262668.jpg



いとおしく思います。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-10-30 23:30 | 自然 | Comments(0)
ヤマグリ
もうほとんどが地面に落下し、"実"は熊に食われた後のように思われます。



d0113817_09411583.jpg



秋から冬です。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-10-29 09:42 | 自然 | Comments(0)
オリーブ
収穫期を迎えています。



d0113817_04150232.jpg



今年は、たぶん、至極豊作の年だと思われます。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-10-09 04:20 | 自然 | Comments(0)
ドラセナ
引き取ってから約2年。日本では"幸福の木"と呼ばれるドラセナ(Dracaena spp.)です。背丈はすでに2mほどで、ガレージの隅っこに置かれています。




d0113817_04481462.jpg



とっても強烈な匂いを発するので気がつきました。十数年にいちどとも言われる"花"を咲かせました。この週末は、何となくハッピーな気分です。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-09-30 04:52 | 自然 | Comments(0)
ぶどうの収穫
こんな感じから2週間後に収穫しました。今年は"争いごと"もなく無傷でした。




d0113817_07135933.jpg



いや~、よかった、よかった。
























m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-08-11 05:24 | 自然 | Comments(0)
ミントの花
昨年のモロッコ・マラケシュ以来、"ミント・ティー"にハマっています。



d0113817_05210889.jpg


やっぱり、アフリカはよいですね。



















m.


[PR]
by mobulamobular | 2018-07-26 05:26 | 自然 | Comments(0)
ハマユウ
宮崎県のものとは別種ですが、これもヒガンバナ科の多年草です。ここのビーチで見つけました。



d0113817_03370970.jpg


学名 Pancratium maritimum、 英名 Sea daffodil、他、 ポルトガル名 Lilio-das-areias、他、 和名 ありません。

"あきらめない気持ち"が大切です。

















m.







[PR]
by mobulamobular | 2018-07-18 03:55 | 自然 | Comments(0)
柘榴の花
今から待ち遠しいザクロです。今年も大いに実ってもらいたいと願っています。



d0113817_02540719.jpg


それにしても、人間が考えることは、野暮なことが多いです。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-05-17 08:18 | 自然 | Comments(0)