カテゴリ:マグロ( 100 )
速報 マグロ漁 "獲れ過ぎ"
スペイン・カナリア諸島のクロマグロ漁の続報です。

"たくさん"獲れているみたいです。



d0113817_02200041.jpg


ちなみに今日のアルガルベ定置網の漁は、サバ1トン、ハガツオ50尾、イカ2杯、タイ類少々でした。今朝は豪雨の音で目が覚めました。引き続き、潮が早い状態です。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-04-14 02:29 | マグロ | Comments(0)
休日
レストランで昼食を摂りながら、「今ごろどの辺だろ」とマグロの回遊のこと考えます。



d0113817_02131351.jpg



また、"あの狭いところ"を通り抜けていくのだろうかと、いつも心配になります。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-04-09 02:29 | マグロ | Comments(0)
速報 マグロ漁"終わる"
わずか1週間で漁獲枠一杯に達したそうです。スペイン・カナリア諸島のクロマグロ漁です。


d0113817_03053956.jpg



やっぱり、皆んな、"アッチ側"にいるようです。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-04-08 04:36 | マグロ | Comments(0)
速報 マグロ漁始まる
どうやら、2018年のタイセイヨウクロマグロ漁が始まった様子です。一発目はカナリア諸島からで、やっぱり、今年は風に押され、回遊するマグロの群れは、随分と"南下"しているように感じさせられます。


d0113817_04473904.jpg


そこからですと、"北"に位置するポルトガルは、今のところ不利な条件下にあると思われますが、何れにせよ、これからが楽しみです。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-03-30 04:53 | マグロ | Comments(0)
魚は死んではいない
獲物を屠ることは、その動作のことであり、必ずしも、その行為を示したものではないと考えています。魚の場合においても、その行為は、魚が持っている高い品質を逃さず、消費者のもとに届くまで、"そのままの状態"を持続させることです。ですから、ある意味、魚は死んではおらず活きています。消費者の口に入り、血となり肉となる時、"仕事"は終わります。ですから気の優しい漁師は、こんな仕事を誇りに思っていますが、逆に"誇りだけ"かもしれません。



d0113817_07173566.jpg



もう、魚の収穫時に手鉤やハンマーやライフルは使っていません。今は、もともと危険なサメを撃退するために考案された"パワーヘッド"という道具を使うのが主流となっています。牛を屠殺する際使用する"ノッキングガン"と同じような物で、使用の趣旨も同様です。これにより、高品質維持も数段容易になりました。所謂、"マグロのヤケ"もほとんど無くなり、今ではこの手法が定着しつつあります。





















m.


[PR]
by mobulamobular | 2018-02-28 04:00 | マグロ | Comments(0)
安堵
人知れず、安堵感が漂います。


d0113817_03095032.jpg


しかし、厳しい世界です。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-11-11 02:19 | マグロ | Comments(0)
初めてのフィレ
大きな個体は四つ割ですが、小さな個体は、いわゆる"三枚おろし"です。これを、"フィレ"と呼んでいます。それが初めて出現しました。何でも、初めてというものは、上手くいかないものです。



d0113817_02552674.jpg


ちなみに、四つ割は、ロインと呼ばれています。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-11-10 02:58 | マグロ | Comments(0)
ROP
また、スペイン人女性ですが、今年からICCATオブザーバー(Regional Observer Programme)です。


d0113817_67922.jpg


彼女もまた野郎ばかりのところで、しかも悪天候で船が左右に激しく揺れる中、孤軍奮闘です。ROPの場合、"第三国"からの派遣が前提となっています。

こんなのを見ると、まず日本においてはマグロ資源管理のための同システムの導入は"不可能"のように思えます。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-11-09 02:04 | マグロ | Comments(0)
閃光だけの雷
遠くで何やらごそごそやっているのを窺い知ることが出来ます。



d0113817_02592723.jpg



そのうちに、本当のことが分かるようになると思います。

















m.


[PR]
by mobulamobular | 2017-11-06 03:04 | マグロ | Comments(0)
みそっかす
夜半には、それなりにまとまった雨が降った様子です。



d0113817_02465953.jpg


新聞紙上では、11月のICCATの総会を待たずして、TAC(漁獲可能量)を2020年までに現行の1.5倍に増量することが"決定"したと報じられていますが、諸手を挙げて喜ぶ関係各国を横目に"別のこと"を考えなければならないのが"孫請け国家"ポルトガルです。短期的にはTACの増量が漁獲量増に直結する国がほとんどですが、唯一ポルトガルには即刻漁獲量減の可能性が秘められています。しかし、何れにしてもいつも割りを食うのは漁師ですので、資源量が増えたからと言って、"ウェイ系"には注意が必要だと思います。



















m.



[PR]
by mobulamobular | 2017-10-20 03:54 | マグロ | Comments(0)