日本らしさ
活気、信念、低姿勢。



d0113817_01284884.jpg


誰にも負けない技術。
























m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-19 21:27 | 出張 | Comments(0)
不快指数
前回の7月よりは、随分とマシになりました。



d0113817_07432530.jpg


しかし、早速、雷雨に打たれ、歓迎されました。



















m.


[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-18 07:47 | 出張 | Comments(0)
Olhão
ここをベースにして、20数年間、仕事をして来ました。



d0113817_03095427.jpg





"初期の混乱"は、今でも昨日のうように憶えています。






















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-17 02:00 | ポルトガル文化 | Comments(0)
9月14日の雨
日が暮れてから、落雷を伴うとなりました。



d0113817_05070196.jpg



翌朝です。





















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-16 05:08 | 気象 | Comments(0)
政府機関による干渉
もともと多いのですが、近年、かなりの頻度となっています。ゆえに、これらの対応に、相当の時間と手間がかかっています。ポルトガル社会に溶け込んだ気分にはなれますが、いささか、うざったく感じています。




d0113817_06484316.jpg


"彼ら"のように、コソッと、好きな時に海に行って、好きなだけ魚を獲ってみたいものです。ストーカーまがいの締め付けには、何の根拠もなく、何の生産性もなく、ただただ大切な時間を失うばかりです。3~4年前にちょっとした内装工事を外注しました。支払いを終え、法定通り、領収書を添えて、経費計上しましたが、税務署から、今になって、見積書の提出を求められています。しかし、見積書の取得、あるいは税務署への提出は義務ではないので、本来あってもなくてもよいものです。もちろん社内規定等で見積書を取る場合もありますが、工事内容や値段によっては事前の正確な見積が難しい場合もあることから、その都度値段を確認しながら、支払いを行い、領収書を受け取ることも、至極自然な経済行為だと思うのですが、"目を付けられると"、それだけで疑われます。つまり、元の価格は、もっと高額だったのに、受注先と結託して、価格を低く設定し、その分の付加価値税(日本の消費税)を少なく支払うようにしたのではないか、という訳です。しかし、結局のところ、どこかで罰金を科すチャンスを窺う彼らなりの"経済活動"でしかないのです。




















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-15 03:17 | ポルトガル文化 | Comments(2)
霧が出たら
あと1時間ほど、待って見ます。


d0113817_05205052.jpg


昨日午後には、久々にタイセイヨウヤイト(Euthynnus alletteratus)が1トンほど入網しましたので、今朝も相当期待したのですが、"ゼロ"でした。これが定置網です。






















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-14 05:37 | 気象 | Comments(0)
TPOをわきまえろ
"日本人って、バカですね"。ここから見ているとそうなります。

d0113817_06263513.jpg


江ノ島で行われたセーリングの世界大会の開会式に、"イルカショー"を見せたそうです。で、大会関係者から文句を言われたら、日本側の担当者はすぐに謝ってしまったそうです。この時点で、単なる無知であったことを認めたことになります。そして、理由として、イルカショーは"サプライズ"のつもりだったと言って退けたのです。世界大会の開会式の内容を大会関係者に事前に伝えないことなどあり得るのでしょうか。

"イルカショー"は、世界的に現在、業界ではとてもコントラバーシャルな案件です。継続するために、皆さん、手を替え品を替え、工夫を凝らして日々をやり過ごしているのだと思います。






















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-13 04:53 | 日本文化 | Comments(0)
大西洋上の3つのハリケーン
写真の右上の緑◯の位置が、ポルトガル・アルガルベです。たぶん、貿易風(Ventos Alísios)によって、アッチに行くと思いますが、"こんなのが"、コッチに来たら大変なことになります。



d0113817_02143477.jpg


しかし、今秋にもエルニーニョ発生の予報が出ていますが、エルニーニョ発生時は貿易風が弱まる傾向にあります。妙なことにならないよう、願っています。


















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-12 02:26 | 気象 | Comments(0)
2年半ぶりのエルニーニョ予報
気がつけば、日の出の時刻が7時を過ぎるようになっています。



d0113817_04542976.jpg


なんかスンナリ秋とはならなそうな雰囲気ですし、雨も遅れそうな感じです。























m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-11 05:04 | 気象 | Comments(0)
秋空
もう直、またひとつ歳をとります。そんな季節になってきました。



d0113817_03333931.jpg



そして、そうこうしている内に、今年も終わりが近づきます。それを、"現代科学"では止めることは出来ません。




















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-10 03:36 | 気象 | Comments(0)
明日が新月(Lua Nova)となります。ことの始まりです。



d0113817_06103234.jpg



そろそろ気持ちの切り替えをするようです。





















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-09 06:27 | 気象 | Comments(0)
東チモール
今日は、地元Olhãoの海上保安庁(実は海軍)のキャプテン(一番"偉い人")の送別会を行いました。とは言っても、一緒に昼食をしただけですが、彼は来週にはここを離れ、1年間の予定で東チモールに派遣されることが決まっています。



d0113817_04524821.jpg



キャプテンとは言え、未だ40歳ちょっとの若さで、海外生活は初めての経験となります。根っからのアルガルベ好きのポルトガル人の彼にとっては、今回の1年間は出世のための試練でしかないようです。

「オマエはよく20何年も海外生活していられるな~」
「アルガルベだからだよ」

「そうだよな~。オマエは運がいいな~」
「そのようだね」



















m.


[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-08 05:16 | ポルトガル文化 | Comments(0)
キュウリ
ちょっと気温が下がってきたところで、キュウリの収穫となります。今年も、"鶏糞パワー"で、豊作です。



d0113817_02445571.jpg


今朝の気温は17.1℃、相変わらずの"北西風基調"です。





















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-07 03:22 | 気象 | Comments(0)
ICCATのホームページ
現在、"優等生"ぶったポルトガル定置網漁師らが、フロントページを飾っています。




d0113817_04574435.jpg





















m.



[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-05 05:04 | マグロ | Comments(0)
風速40メートルの世界
ビュフォートの風力階級では最大の「12」、颶風(ぐふう)と呼ばれます。日本気象庁によると"野外での行動は極めて危険"、"多くの樹木、街灯、電柱が倒れ、ブロック壁で倒壊するものもある"、"走行中のトラックが横転する"等となっています。そんな台風が間近にまで来ています。



d0113817_06090022.jpg



厳しいですね。くれぐれもご注意を。

























m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-04 06:20 | 気象 | Comments(0)
マテウス ロゼ
ポルトガルのワインとして、ポルト(ポート ワイン)を凌いで世界中で有名なのかも知れません。ロゼとしては、世界で一番売れているのだそうです。日本にもずいぶんと昔から輸入されていますので、"ファン"も多いかも知れません。



d0113817_02512264.jpg


しかし、ポルトガル(主にアルガルベ)でポルトガル人が飲んでいるのを見たことはありません。レストランなどでも"ふつう"は置いていないようですし、スーパーでも売っているのをあまり見かけません。この点、ポルト以上に"海外向けワイン"なのだと思います。こうして、ポルトガルの"プリティーなイメージ"は世界に広まっているのだと思います。























m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-03 02:52 | ポルトガル文化 | Comments(2)
9月1日朝の漁
ソウダガツオが1トンほどでした。シュモクザメ(♀)1尾、イトマキエイ2mほどが1尾も入りましたが、どちらも網の外に逃がしています。シュモクザメは昨日に続いての入網でした。



d0113817_05242245.jpg



9月最初の朝日です。東の方がちょっとモヤっています。弱い南東風が吹き始めています。時化までには至らないでしょうが、明朝は波が高くなるかも知れません。一方、昨日は"給金日"でした。31日の支払いでしたから、皆んな、待ちかねていたことだと思います。最近はいろいろなパターンがあるようですが、ここで定置網を始めたころは、給与日が月の末日(土日祝日の場合は、その前日)というのが、ポルトガルでは最も一般的でしたので、今もその伝統を守っています。ですから、今週末は"迷うことなく"、日曜日を休みとすることが出来ました。























m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-02 05:59 | 気象 | Comments(0)
同業者様
サンマ大漁、おめでとうございます。



d0113817_07274465.jpg


ところで、昨年の不漁の原因は何だったのでしょうか。そして、今年の豊漁の理由も知りたいところです。当局は、"サンマ資源"について何か言っていますか。普通は、"資源が減れば漁獲減、資源が増えれば漁獲増"となると考えますが、資源管理の観点からは、"不漁なので資源増、豊漁なので資源減"と考えます。ですから、今年はサンマをたくさん獲ったので、サンマ資源は減ってしまいました。"もし"そうだとしたら、さぁ、どうする。





















m.


[PR]
# by mobulamobular | 2018-09-01 03:27 | ワンズ・アイズ | Comments(0)
ポルトガルと日本の関係
日本人にとってポルトガルは、カステラ、コンペイトウ、鉄砲の伝来、最近ではCR(クリスティーナロナウド)等、比較的馴染み深い国となっていますが、逆にポルトガル人にとっての日本は、そうでもなさそうです。"初めて鉄砲を日本に持ち込んだのはポルトガル人"ということを知っている日本人はケッコウいると思いますが、それを知っているポルトガル人は、割合で言えば1%以下なのでは、と思います。



d0113817_05373134.jpg


さて、この間のWカップで、"優勝候補"と言われながら無惨にも敗れ去っ国々の国旗のオンパレードとなっています。といった具合に、日本人は諸外国のことを比較的よく知っている方だと思っています。それと同様に、諸外国は日本のことをよく知っていると日本人は考えているかも知れませんが、決してそういうことはありません。一時、世界中のどこの街にも日本製品が溢れかえっていたころには、日本は無視できる存在ではありませんでしたが、今は、思いっきり無視しても、その国の大勢に影響を与えることはまずありません。残念ながら、現地にいる日本人にはちょっとやり難い状況なのですが、これは致し方ありません。そんなことより、もっとヤバイのは、現実は日本人は諸外国のこと、異文化のことをあまりよく知らないんだと気付いた時だと思います。


















m.


[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-31 05:49 | ポルトガル文化 | Comments(0)
歴史は繰り返すか
たぶん、そうなるような気がします。




d0113817_05064107.jpg



必ず、それなりの準備が必要になります。でも、裏で糸を引いているのは、詰まるところ、環境変動=自然であるようにも思いますので、なされるがままになります。人為的要因もちょっとは絡むと思いますが、ことを起こすのも、また解決するのも環境変動であるように思います。しかし、一般的には、ここのところがよく理解されず、また"専門家"によるちゃんとした説明がなされていないように思われます。敢えて言えば、人間のおごりとか、本来のこととは、まったくの別の話になりがちです。




















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-30 05:35 | 戯言 | Comments(0)
正常化
先週まで夜間駐車でいっぱいだった河岸の通りも、今週に入り潮が引いたようにスッキリして来ました。



d0113817_05260964.jpg



夏休み観光シーズンが終わりました。今日は午後の漁で"カツオ"が入りました。未だ魚体は小さいみたいですが、もっと来い、と思っています。




















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-29 05:34 | ポルトガル文化 | Comments(0)
You raise me up
なにも言うまい、思うまい。



d0113817_05495203.jpg


明け方、カミナリが鳴って、雨が降りました。





















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-28 05:52 | 気象 | Comments(0)
日曜日の給餌作業
静まりかえった河沿いの公園では、沖から定置網船のエンジン音だけが聞こえています。




d0113817_01320147.jpg



"地産地消"であれば、何の問題もありません。少なからず、日本人としての責任を感じる場面です。




















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-27 01:58 | マグロ | Comments(0)
労働環境
海外から来ると、とかく自国のそれと比べてしまうことがあります。意味のないことと分かってはいるのですが、行き詰まるとついつい考えてしまいがちです。

インフラやレジームについても同様です。当たり前のことが、当たり前のように出来ないところです。


d0113817_06142475.jpg



一方、箱網の網抜き作業を行いました。船から降ろすと同時に"網入れ"するために網を広げます。今日は中央の合わせ縫いを行い、週明けには再び海に戻す予定です。網抜きの目的は、米粒大のムラサキイガイを落とすためです。こんな感じで、ここでは当たり前じゃないことも、当たり前のように出来るのです。






















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-26 02:42 | ポルトガル文化 | Comments(0)
楽園に欠けていたもの
今年後半に入ってから、いちども雨が降っていません。



d0113817_05141930.jpg


今は、イチジクやアーモンドやサボテンの実の収穫時期です。そこら中を歩き回って、野生のそれらを家に持って帰ります。すれ違う時、ふたりとも、ニコニコしていました。

















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-25 05:36 | 気象 | Comments(0)
"1階で寝ると浸水で命を落とす危険も"
日本の気象庁が、"言った"そうです。



d0113817_01542541.jpg


やっぱり、ここにいても日本の台風のニュースは気になります。特に今回はすでに相当の被害が出ているところに、追い打ちをかけるような状況ですので、ちょっと気がかりです。風速30m/s以上の風が、コンスタントに吹いている様子ですが、より心配なのは"高潮"による水の被害だそうです。そこで急きょ、気象庁が記者会見を行い注意喚起をしたのですが、"命を落とす危険"などと、そんな過激なことを気象庁が言うのかと思った訳ですが、やっぱり気象庁が言ったのは、"1階で寝ると浸水する可能性がある"までで、つまり"命を落とす危険"は報道する側の"作り話"みたいです。つまり、この記事のタイトルは、気象庁と報道側の合作ということになります。というか、今年の場合は、すでに水害で何百人もの尊い人の命が奪われていますので、"より大袈裟に言っておいた方がよい"という、報道側の忖度があったのかも知れません。と同時に、気象庁の平屋住まいの人々への配慮がなかったようにも思われます。

何れにせよ、不安な一夜となりそうです。





















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-24 02:58 | 日本文化 | Comments(0)
プリティーカントリー
ここへ来て、南東風基調の暑い日が続いています。猛暑はありません。日中の最高気温は30℃です。時化はありませんが、西へ向かう早い潮が行っています。



d0113817_06421706.jpg


そんな感じで、状況は"pretty good"です。"最高"ではありませんが、"プリティー"です。























m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-24 01:42 | 気象 | Comments(0)
エジプトバッタ
"Nymph"(=若虫)です。



d0113817_02245036.jpg


学名 Anacridium aegyptium、 英名 Egyptian grasshopper、 ポルトガル名 Gafanhoto egípcio 、 和名 "エジプトバッタ" 。

綺麗なミドリ色でした。ツタンカーメンのお面のような"ストライプ"の眼"が決め手です。

















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-23 02:07 | 生き物 | Comments(0)
フランス人観光客
以前は"高級車でのポルトガル人の凱旋帰国"のケースがほとんどでしたが、最近は、マジにフランス人が普通車でポルトガルを旅しています。その数が今夏は顕著に多くなり、あっちこっちからフランス語が耳に飛び込んで来るようになっています。


d0113817_02125551.jpg



これまでは、南仏やチュニジアに行っていたそうですが、"時代の流れ"です。しばらく息を潜めていたアパート建設も復活の兆しありです。そんなんで、ポルトガルは、景気がよくなっています。




















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-22 02:32 | ポルトガル経済 | Comments(0)
バケツいっぱいのカキ
また、昨日もカキを焼きました。一緒にゲソとニギリ飯も焼きました。



d0113817_02250547.jpg



このあと、カキ殻も戴きますが、先ずはちょっと乾燥させてから砕いて粉にして、それから鶏の胃袋を通過させて卵にしてから戴きます。カキも捨てるところなどありません。






















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2018-08-21 02:38 | 生き物 | Comments(0)