発光ダイオード
LEDライトに照らし出された河岸ですが、夜明け前にもかかわらず正に目の覚めるような明るさです。



d0113817_03394409.jpg


LEDライトは、高照度で、比較的コンパクトで、消費電力が少なく、かつ長持ちで、よいこと尽くめです。最近は、定置網船の作業灯をすべてLEDに換えました。船の場合、”振動に強い”という特性がより効果的です。おそらく、ここ20年間において、艤装品の中では、最も”目立った進化”のように思います。ですから、何となく寂しい気もしますが、そのせいか、この”光”にも何となく、不安を感じさせられます。

























m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-08-04 04:42 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< イワシの資源評価 猛暑到来 >>