その後の郵便事情
やっぱり米国からの本は届きません。魚の写真を提供して、そのお礼にと送ってくれた本に"値段"などありません。当局はそれが気に入らないようです。



d0113817_01530805.jpg


ジャカランダは、今年は天候不順で咲かないのではないかと思いましたが、日差しが少ない分、長持ちしているように思われます。


さぁ、そろそろ夏にしましょう。

















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-06-12 02:04 | ポルトガル文化 | Comments(4)
Commented by ニューカレドニアの高橋 at 2018-06-12 06:58 x
贈り物でも無料でもらったものでも、通関時には標準的な市場価格への課税をする、、、ものらしいです。よって対抗策は標準的な市場価格をごにょごにょ。。。
Commented by mobulamobular at 2018-06-13 02:29
ニューカレドニアの高橋さん
そーですね。これからは"スペイン"に送ってもらうことにします。
Commented by jupontodecruz at 2018-06-14 05:43 x
残念ですね。20年以上前に初めてこの国を訪れた時は
偶然出会った人たちから 「Priceless」な親切を受けまし
た。今は何でも値段を付けなければならないのですね…。一日も早くお手元に届きますよう、祈っています。
Commented by mobulamobular at 2018-06-15 03:52
すでに底が抜けた観は否めませんね。ありがとうございます。
<< 新しいクレーンと ポルトガルの日 >>