ポルトガルの日
一転快晴となった日曜日の朝、大潮の干潮の時刻です。



d0113817_02421891.jpg



1500年代と変わらぬ生活が、"そこには"あるような気がします。

















m.





あっちからやって来る変化、つまり新しいものは大好きですが、自分が行うべき変化は大嫌い。スロー好きがゆえに、変化について行けず、慌ててイライラして、流行り言葉の"ストレス"を連呼し、挙げ句の果てには、決まり言葉の"敬意を欠いている"で万事休す。
この"テンポ"が大切です。

[PR]
by mobulamobular | 2018-06-11 03:16 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< その後の郵便事情 土曜日の朝 >>