タグ:Dentex gibbosus ( 8 ) タグの人気記事
ハタタテ・デンテックス
この間の、"ハタタテ・デンテックス"です。

d0113817_88839.jpg


d0113817_892040.jpg


d0113817_8103751.jpg


d0113817_812752.jpg


学名 Dentex gibbosus、英名 Pink Dentex、 ポルトガル名 Pargo Capatão de Bandeira、 和名 ハタタテ・デンテックス。

和名ですが、勝手に呼んでいるだけです。
[PR]
by mobulamobular | 2015-08-26 08:16 | | Comments(0)
はい、チーズ
たまたま、でかいタイがたくさん入ったから、ということだと思います。

d0113817_327656.jpg


市場で記念撮影。
[PR]
by mobulamobular | 2015-08-19 03:33 | | Comments(0)
Dentex gibbosus
数は多くありませんが、30~40cmの個体が、ポソポソ入って来ています。

d0113817_2374865.jpg


学名 Dentex gibbosus、英名 Pink Dentex、 ポルトガル名 Pargo Capatão de Bandeira、 和名 ハタタテ・デンテックス。

赤い魚は、水揚げされた時が一番きれいに見えます。水中では、色を失います。
[PR]
by mobulamobular | 2015-06-10 04:05 | | Comments(0)
やっとこさ
「やっとこさ」、定置網らしい魚が市場に並びました。

d0113817_4132595.jpg


手前に見えるカジキは、学名 Tetrapturus albidus、 英名 Atlantic white marlin、 ポルトガル名 Espadim branco do Atlântico、 和名 ニシマカジキ です。

d0113817_4305476.jpg


上の写真、魚はビニール袋の中に入ってしまっていますが、学名 Seriola dumerilli
、英名 Greater amberjack、 ポルトガル名 Charuteiro (Peixe-azeite / Lírio)、 和名 カンパチ です。
しかし、今までにない大物で47kgもありました。

d0113817_44574.jpg


これもビニール袋内になってしまいますが、学名 Dentex gibbosus、英名 Pink Dentex、 ポルトガル名 Pargo Capatão de Bandeira、 和名 不明です。

d0113817_505180.jpg


ソウダガツオも、「やっとこさ」まとまって入ってくれるようになりました。

d0113817_562446.jpg


おまけに、カツオも入っていました。

沖の暖かな水が、「やっとこさ」、岸に寄って来た様子です。
[PR]
by mobulamobular | 2014-09-17 05:23 | 定置網 | Comments(0)
ビッグ 3
定置網が操業再開してからおおよそ1か月になりますが、心配していた「冷温」や「急潮」の顕著化もなく、今のところ"まぁまぁ"の結果が出ていると思います。これをポルトガル語で表現すると、"mais ou menos" ということになります(英語でいう"more or less"ということです)。 魚種はサバ、アジ、カツオ類が中心です。強いていうならば、タイ類などの"赤い魚"が少ないことがちょっと不満です。

そんな中、次の3種において"今までで最大"とまではいかないまでも、それに近い大きな個体の入網が続いています。
d0113817_5463226.jpg

学名 Sparus aurata、 英名 Gilthead sea bream、 ポルトガル名 Dourada、 和名 ヨーロッパヘダイ 。
「 全長 65 cm 、 体重 3.6 kg 」 でした。 ふつうは 大きめでも40cmぐらい、1kg前後といったところだと思いますが、ざっと3倍の体格の持ち主でした。
d0113817_5595758.jpg

こんなのが数日間数尾ずつ入っていましたので目立ちました。婚姻色なのでしょうか、"頬紅"がきれいでした。もちろん"天然もの"です。


d0113817_14592873.jpg

学名 Sarda sarda、 英名 Atlantic bonito、 ポルトガル名 Sarrajão、 和名 タイセイヨウハガツオ。
「 全長 80 cm 、 体重 5.8 kg 」 でした。今年の春も"Sarrajão"から始まった、といった感じです。主に全長60cmほど、体重2~3kgのものが中心ですが、そんな中で飛びぬけて大型の1尾でした。もっと大きくなるそうですので、そのうち獲ってみたいものです。
d0113817_15183753.jpg

"歯ガツオ"です。精悍な魚といったイメージがあります。逃げ足が早く、ブリのように網と網のすき間を狙って泳ぎ去ります。ですから、きっちり網持ちをすることが肝要です。


d0113817_15234946.jpg

学名 Dentex gibbosus、英名 Pink Dentex、 ポルトガル名 Pargo Capatão de Bandeira、 和名 不明。
「 全長 87 cm 、 体重 14.1 kg 」 でした。この1尾のみの入網です。通常夏場に多く入る魚種ですので、今年はちょっと早いお出ましです。
d0113817_15353130.jpg

"老練"な感じがします。しかし、魚体の大きさの割りには魚顔は若々しくも感じます。う~ん、ちょっと獲ってしまったのが残念な1尾のような気もしますが、これも商売ですので致し方ありません。


以上、「今年の魚はデカイ」という印象です。









______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2011-05-08 03:00 | | Comments(18)
デコッパチ
思春期壮年期を経て、3度目の登場です。
d0113817_05946.jpg

学名 Dentex gibbosus、英名 Pink Dentex、 ポルトガル名 Pargo Capatão de Bandeira、 和名 「ハタタテ・デンテックス」 です。
数もそれほど多くはなく、いつもいるわけではありませんが、この時期になると必ず定置網に入ってきます。この個体は全長85cm、体重11.5kg、「百戦錬磨」のデコッパチでした。
d0113817_0374283.jpg

鋭い歯でバクバクッとサバなどを捕食しているのでしょう。この魚は、定置網に入り網が絞られ泳ぐスペースが少なくなると、ジャンプをして逃げようとします。スーッと一度下に潜った後、水面めがけて一気に駆け上がり、海から飛び出してきます。実際、自ら船の中に飛び込んで来たこともありました。誰かが"パルゴ(Pargo)、パルゴ~"と叫ぶと、網を引き揚げる手にも一層力が入ります。










______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2008-07-06 00:31 | | Comments(0)
タイ五女(壮年期))
年をとると「デコッパチ」になります。
d0113817_19483376.jpg

学名 Dentex gibbosus、英名 Pink Dentex、 ポルトガル名 PARGO CAPATÃO de BANDEIRA は当然変わりありませんが、ポルトガル名の象徴となっている「ハタタテ」部である背鰭の棘のフィラメントが、なくなってしまいます。複数の個体を見てきましたが、大きなものはどれも「ハタタテ」は残っていません。たぶん幾多の修羅場を切り抜ける内に落ちてしまうのではないでしょうか。
d0113817_20271420.jpg

しかし、歯の方は健在です。もっと「デコ」になるものもいます。










______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-19 15:08 | | Comments(0)
タイ五女(思春期)
若い内はたいへん綺麗です。
d0113817_16541229.jpg

学名 Dentex gibbosus、英名 Pink Dentex、 ポルトガル名 PARGO CAPATÃO de BANDEIRA、和名は英名をそのまま使用し、「ピンクデンテックス」と呼ばれていますが、ポルトガル風に仮に命名すれば「ハタタテ・デンテックス」となります。
d0113817_1722474.jpg

しかし、デンテックス(Dentex)の仲間ですので、これも尖った歯を持っています。ポルトガル名の"BANDEIRA"とは「旗」のことで、通常、背鰭の第3、第4棘(きょく)の先端がフィラメント状で長く伸びており、これを見たポルトガル人が命名したのだと思います。和名でも「ハタタテダイ」なるものがいますので、やはり背鰭が伸びていると同じような印象を受けるのでしょう。








______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-18 18:02 | | Comments(0)