<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
トラキヌス科
この間のミシマオコゼと同様にワニギス亜目の魚です。今の時季、ベズーゴ狙いで釣り糸を垂れると、その外道としてよく揚がってきます。

d0113817_08214589.jpg




学名 Trachinus draco、 英名 Greater weever、 ポルトガル名 Peixe aranha、 和名はありません。

毒棘がありますので、ハンドリングには気を付けましょう。























m.



[PR]
by mobulamobular | 2017-07-31 02:39 | | Comments(0)
ものごとの本質が見えた時
"おかもん"が作ったルール通りやると作業はこうなります。魚の品質維持・向上のためにたくさんのダイバーを入れることはありますが、この作業にはそういった有意味な要素は皆無です。



d0113817_00283224.jpg



資源も立派に回復したことですので、そろそろ"ルール"を簡素化していただきたく、よろしくお願い申し上げます。誤解のないようにしていただきたいことは、違法操業の取締りは引き続き厳正に行っていただき、"一般"漁民には、柔軟性を持った対応をしてください。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-30 03:46 | マグロ | Comments(0)
ポルトガル初
とても嬉しかった様子です。素直に喜んでいました。この国はこう言うところがよいですね。



d0113817_21584996.jpg



"世界レベルに戻れた感"、が漂います。


























m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-29 02:08 | マグロ | Comments(0)
儀式
粛粛として、実行されました。


d0113817_02244773.jpg


また、天候に恵まれました。皆んな、"無い知恵絞って"、頑張りました。























m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-28 02:31 | マグロ | Comments(0)
Bemvindo seja quem vier por bem
"老後の家”は、あまり目立たない家がよいかと思っています。

d0113817_6343459.jpg



階段は、その内、辛くなるかも知れません。














m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-07-27 05:33 | ポルトガル文化 | Comments(0)
氷晶を見て想う時
"努力の結晶"とか言いますが、そんな儚いものではいけません。


d0113817_06285413.jpg


凍り続けなければなりません。冷たくしなきゃいけません。

優しい人間や、めんどくさがり屋には出来ない芸当です。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-26 02:40 | 戯言 | Comments(0)
夏バテ
解消法という訳ではありませんが、乾燥ニンニクやトンガラシを餌に混ぜて与えています。それでも、連日の暑さのせいで、卵の生産量が減って来ています。


d0113817_03533432.jpg


それでも、中には元気なヤツもいます。毎朝、高さ1.5mの"檻"から抜け出して、次に高さ1.2mの柵も飛び越えて、勝手口まで、餌の催促に来ます。"褒美"に、一瞬、餌を独り占めすることが出来ます。

小さくても、暑さに負けず、頑張っています。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-25 04:58 | 生き物 | Comments(0)
乾燥注意報
そろそろ、カラカラして来ました。日中の気温は30℃前後ですが、湿度は40~60%です。雨はおおよそ1ヶ月降っていません。


d0113817_02481316.jpg

相変わらず、北の方では山火事が続いています。今は、"学園都市"・コインブラの周辺が盛んに燃えている様子です。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-24 05:15 | 気象 | Comments(0)
思考回路がショートしっぱなし
国際的ルールにのっとり、自国のルールとの整合性を保持しつつ、近隣諸国(EU)との融和を図り、国際競争力を高めて行くのが、この国におけるクロマグロ漁だと思っています。。たぶん、この国に、こういった類の産業は、他にはないかもしれません。

ですから、いつも、なかなかスムーズには行きません。決まって、タイミングを逸します。


d0113817_05524899.jpg



会談を終え、"DGRM"から出て来るスタッフの顔にもやつれが見てとれます。

だから、よいとか悪いとか、結論を出すのは未だ早いと思いますが、"とり残された感"は強まります。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-23 02:04 | 定置網 | Comments(0)
満潮時の内海でのモンコウイカ狙い
いつかの麦わら帽子の漁師です。


d0113817_04505241.jpg


夏は旬ですので、きっと、とっても食いたかったんだと思います。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-22 02:56 | 漁師 | Comments(0)