<   2017年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
カッティング
とっても上手くなって来ました。やっぱり腰の入れ方が昨日の奴とは違います。


d0113817_02504527.jpg


"世界"広しと言えども、ポルトガル人で、このサイズのマグロをキチッと切れるのは、此奴らふたりだけだと思います。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-06-29 03:09 | 漁師 | Comments(0)
へっぴり腰
広まっています。マグロのカッティングに関する興味です。今日も、ひとり、練習です。


d0113817_03260980.jpg
d0113817_03273260.jpg


なかなか、此奴らのこんな真剣な顔は見ることは出来ません。

























m.


[PR]
by mobulamobular | 2017-06-28 03:49 | 漁師 | Comments(0)
これから何が必要か、よーく考えよう
この際なので、この辺りから始めてみてもよいかもしれません。



d0113817_03000819.jpg


ここも昔は"水産加工場"だったみたいです。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-06-28 03:10 | 定置網 | Comments(0)
北風強風熱風後の雨
とにかく、変な天気です。


d0113817_16095049.jpg


ほこりが舞い、空気中の水分をあっという間に奪い取って行きました。























m.


[PR]
by mobulamobular | 2017-06-26 16:17 | 気象 | Comments(0)
明け方まで飲んで騒いだ後に人目につかないところにひとりで水浴びに向かう若い女
ご多分に漏れず、ここにも熱波襲来です。


d0113817_05391550.jpg



気象用語で"ブロッキング"と呼ばれる現象が原因と思われます。




















m

[PR]
by mobulamobular | 2017-06-25 03:42 | 気象 | Comments(0)
サン・ジョアン祭り
最近、皆さん、異口同音に、ポルトガルはずいぶん景気がよくなった、と言っています。


d0113817_05181622.jpg

しかし、やはり皆さん、何でか分からないけど、と言っています。

観光業が伸びています。今時の"安全"な証です。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-06-24 05:28 | ポルトガル経済 | Comments(0)
ブルーフィン・ツナ

和名は、クロマグロです。



d0113817_03005066.jpg

曇天の中の作業時によく見えます。





















m.


[PR]
by mobulamobular | 2017-06-23 04:07 | マグロ | Comments(0)
6月ではあり得ないほどの曇り空
暑さにやられました。


d0113817_02574665.jpg



この歳になっても、まだまだいろいろな新しいことを経験させられます。

ですから、対応が出来ません。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-06-22 03:00 | 気象 | Comments(0)
Today is a very good day to die.
決してそんなことはなかったのですが、そう思ったのかもしれません。


d0113817_07472534.jpg


最期まで、せっかちで、自分勝手で、あきらめの早い、でも、とっても優しい子でした。

2017年6月18日、日曜日のことでした。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-06-21 06:58 | ワンズ・アイズ | Comments(4)
残念な知らせと犬の友情
犬はママカモと仲良しでした。

結局、すべての卵が無精卵でヒナが孵ることはありませんでした。きっと、未だ若過ぎたのだと思います。

d0113817_22251817.jpg



6月も半分くらい経過したある日の朝、犬が立ち入り禁止の"カモ・エリア"に、飼い主に怒られるのを覚悟の上で入って来ました。で、何をするのかと思いきや、いきなりママカモに、"おい、もういい加減、諦めろよ。今回は残念だったけど、また来年頑張ればいいじゃん。そんなところにいつまでもいないで、外でオレと遊ぼうぜ"、と言ったのです。
すると、カモが腰を上げ、外に出て来ました。パパカモも喜んでいました。でも、いちばん助かったのは飼い主で、どうやってママカモにそろそろ抱卵を諦めるよう説得するか考えあぐねていたからです。

やっぱり、持つべきものは"犬"、だと思いました。
















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-06-20 04:43 | 生き物 | Comments(0)