<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
脂中毒
長年、旨いマグロを食い続けると、必ず最後には、本当に美味しいのは程よく脂のある赤身だ、という結論に達します。

d0113817_3545334.jpg


しかし、人間も動物ですので、ゴッツイ脂の乗ったトロを食べて、脳をバンバン刺激して快感(旨いと感じる)を得たがりますが、"食文化"としてはどうなのか、ちょっと気になるところです。他方、ガキの頃から回転寿司屋で、安い旨いを理由に脂ギトギトのサーモンばかり食わされている彼らの未来の食生活がどうなるのかは、もっと見ものです。健康どうのこうのは別として、確実に頭はバカになる、と思われます。
















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-20 04:45 | マグロ | Comments(0)
マジックナンバー
シーズンも終盤にさしかかり、そろそろ"M100"が点灯しそうなところまで来ました。

d0113817_2524561.jpg


胸に去来するのは、昨年のXデーのことのみです。年寄りには、あっという間の1年でした。ああいうことはしてはいけませんし、2度とさせてはいけません。



















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-19 03:08 | 定置網 | Comments(0)
アフリカキンセンカ
戴いた"オステオスペルマム"は多くの綺麗な黄色い花を咲かせています。十五夜の2日後の満月ですが、そちらはいかがでしょうか。

d0113817_6581821.jpg


養生してください。













m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-18 07:01 | 自然 | Comments(0)
トランスパレンシー
顔を水に突っ込んで、先ず期待するのが透明度です。この点、今年は7月以降、連日、非常にクリアな状態が続いています。

d0113817_5384749.jpg


底が見えるほどですので、20m以上です。こんなことも、今までにはなかったことです。何かと不透明なことの多い時に、せめてもの救いのような気がします。





















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-17 06:09 | 定置網 | Comments(0)
スペインの底力
組織立った行動の優劣が、その差となって現れているように思います。

d0113817_6304665.jpg


何れにせよ、今は彼らに頼るしかありません。














m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-16 06:40 | ポルトガル文化 | Comments(0)
コキンメフクロウ
学名 Athene noctua、 英名 Little owl、 ポルトガル名 Mocho-galego、 和名 コキンメフクロウ、です。

d0113817_653157.jpg


鳴き声は、ギャーギャーといった印象です。しかし、いつも暗くて姿を見ることは出来ません。よくあることですが、目の前にいるのに、笑っているのか、泣いているのかが判りません。
















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-15 02:55 | 自然 | Comments(0)
今年は9月13日でした
昨年は9月16日、一昨年は9月15日でした。夏の間にたまった埃や砂を洗い流してくれます。それと同時に季節が変わります。

d0113817_3244691.jpg


雨は前線の通過に伴い朝の1時間ほどでしたが、匂いも消えて、ちょっとスッキリした感じです。
















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-14 03:57 | 気象 | Comments(0)
持続可能な定置網漁業を目指すために
最大の敵となるのは、漁師でもないくせに、"持続可能な漁業と水産資源管理を考えよう"とか嘯いている集団や学者風の人たちだと思っています。

2000年以上続いてきた漁業ですが、それらの愚策により、くたばる漁師が続出しています。

d0113817_4201340.jpg


定置網船は、明朝、海に戻る予定です。




















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-13 04:23 | 定置網船 | Comments(0)
秋の気配
北風吹いて、朝の気温が20℃までぐっと下がりました。

d0113817_372272.jpg


雨ももう直だと思われます。


















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-12 03:16 | 気象 | Comments(0)
ペラカゴに負った損傷のために急遽の上架
いつもの浅瀬の航路をふつうに走っていても、潮によっては、それまで砂に覆われていた昔の沈船が露わになっていたりして、それを知らずにぶつかると、船はとってもヤバイダメージを受けることもある、ということです。

d0113817_945198.jpg


修理には機動力が問われます。ここもポイントかと思いますが、何とかロスは最小限に止めることが出来た様子です。しかし、ことはとても"複雑"です。















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-11 09:17 | 定置網船 | Comments(0)