<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
世代
売れないものや、売れていてもさらにもっと売りたいものには、そのものに付加価値を与えることになります。それでも、売れなかったり、売り上げが伸びなかった時には、付け加えた価値が、利用者側にとって何の価値もなかったということになります。

d0113817_4201561.jpg


世界の価値観は、どんどん変わっています。日本の中にいるだけじゃ、そんなことは分かりません。他方、世代間の価値観の違いもどんどん広がっています。

同じことばかりやっていると、いつの間にか、若い奴らの考えていることが、どんどん分からなくなっていきます。
[PR]
by mobulamobular | 2015-10-31 04:39 | 戯言 | Comments(0)
日本製
朝、やっとのことで日本車を見つけました。もともと、ポルトガルでは少ない日本車ですが、最近ではさらに少なくなっているように思います。それでも、探せば見つかるだけマシで、日本の車メーカー各社は、他の日本の製造業に比べ、健闘しているのだと思われます。

d0113817_391782.jpg


とにかく、品質のよいものは"売れる"と考えている日本人には、寒い時代になっていると思います。品質がよくても値段の高いものは売れず、安いものに人々の関心が向く時代となり、挙げ句の果てには、"安さも技術のうち"などと豪語される有様です。これで、日本の家電製品は、ことごとく殺られてしまったのではないでしょうか。

気がつけば、身の回りにある日本製品は、カメラと包丁ぐらいになっています。


一方、アルガルベ定置網では、船、網ともに「日本製」を愛用しています。
[PR]
by mobulamobular | 2015-10-30 04:09 | 戯言 | Comments(0)
ミスマッチ
東京に行って、一番気をつかうのが、服装です。アイロンのかかっていないYシャツや、日焼けした黒いポロシャツ、すり減ったGパンや泥のついた運動靴など、どれもこちらではOKなのですが、あちらでは、それらを許容しない空気を感じます。

d0113817_5272763.jpg


黒いハイヒール。

こちらでは、石畳との相性は、最悪だと思います。
[PR]
by mobulamobular | 2015-10-29 04:02 | ポルトガル文化 | Comments(0)
殺風景
雨は夜半に降り、明け方には止んでいます。

d0113817_347998.jpg


飾り気のない街で、ちょっとだけ、情趣を感じさせます。
[PR]
by mobulamobular | 2015-10-28 03:48 | 気象 | Comments(0)
朝日撮り
ピッ。ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、ピピピピピッ、ガシャ。

ピッ。ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、ピピピピピッ、ガシャ。

ピッ。ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、ピピピピピッ、ガシャ。

..........ガシャ。

d0113817_2112218.jpg


薄曇りの中、今朝しか撮れない1枚の写真を求めて。

きっと、よい写真だったに違いありません。
[PR]
by mobulamobular | 2015-10-27 02:41 | 自然 | Comments(0)
育児休暇
口元に、不安と焦りがよく表れていました。

にとっては、2人目の子供になります。この日、沖で大切な作業があったため、帝王切開によるお産になることが予め分かっていたにもかかわらず、こうしてウェットスーツを身にまとって仕事をしていたのですが、ついに、我慢しきれなくなったようです。断りを入れ、すっ飛んで丘に戻って行きました。

d0113817_1544545.jpg


無事次男誕生、とともに15日間の休暇となりました。この点、こっちの人間は、自分に与えられた権利を、しっかり、迷わず行使します。
[PR]
by mobulamobular | 2015-10-26 02:19 | ポルトガル文化 | Comments(2)
湿気る
また、雨かもしれません。

d0113817_2481841.jpg


でも、気分は晴れやかです。
[PR]
by mobulamobular | 2015-10-25 00:14 | 気象 | Comments(0)
漁季終了
終わってしまえば、なんてことありません。

d0113817_4383739.jpg


ただし、短い間に、たくさんのことがあり過ぎて、整理するには時間がかかりそうです。
[PR]
by mobulamobular | 2015-10-24 02:19 | 定置網 | Comments(2)
ボナンサ
特に、時化後の好天を、"Bonança"と呼びます。

d0113817_3544449.jpg


時化は、定置網にとって大敵となる時があります。ですから、いつも様々な時化対策を講じています。それは、目に見えるもののみならず、眼に見えないものも含まれます。例えば、漁師としての技術の向上や、気構えのようなものです。そして、幾度の時化を何もなかったかのように、やり過ごしています。しかし、それでも、時には時化による被害が出る場合があります。そんな時、心優しい人たちからは、"自然のことなので致し方ない"と声をかけられますが、漁師には、これが一番キツイ言葉となるのです。
[PR]
by mobulamobular | 2015-10-23 04:27 | 漁師 | Comments(0)
4日間の時化
重苦しい曇天の日が過ぎ去り、やっと洗濯物が外に干せるような天気になりました。

d0113817_3263854.jpg


低気圧がへばりついて動きませんでした。波風のみならず、雨と濁りが最大の問題でした。
[PR]
by mobulamobular | 2015-10-22 03:37 | 気象 | Comments(0)