<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ホームワーク
漁も終わり、現場を回ると、各々、漁季中には出来なかった作業をしています。こちらは、クレーン車の油圧オイル交換中です。

これを、準備という意味で、「ホームワーク」と言います。

d0113817_5485199.jpg


ようするに、何かしらして時間を過ごしています。これを、"オキュペイション"と言います。
[PR]
by mobulamobular | 2014-12-11 03:11 | 戯言 | Comments(2)
オキュペイション
数年前までは、チラホラと見るだけだったアオバナウチワマメですが、昨年よりドッとその数が増えて、今年は近所の空き地ほぼ全域を占領するほどにまでなっています。

d0113817_337595.jpg


さて。そろそろポルトガルに丸々20年滞在することになります。お陰様で、まずまずの「オキュペイション」だったと思っています。
[PR]
by mobulamobular | 2014-12-10 05:00 | 自然 | Comments(0)
Tagging
この場合は、魚の標識放流、ということになります。今年は、コレで終いになりました。

d0113817_3405164.jpg


d0113817_3431817.jpg


来年、これらがこの海域の戻って来れば、毎年、産卵活動を行っていることになり、今後も安定した資源量が、より期待できるということになります。

しかし、問題は、再捕率よりも、再捕報告率の低さにあるようです。皆さん、魚が獲れちゃうと、それどころじゃないそうです。
[PR]
by mobulamobular | 2014-12-09 02:32 | マグロ | Comments(0)
12月8日
無原罪御宿りの日となります。よって、祝日で、休みとなります。今年は、月曜日ですので、連休です。この時期のこの日を、しかも何ヶ月振りかの連休でゆっくりすることが出来ることを、漁師も、ありがたく思っています。

d0113817_6274970.jpg


スペイン・セビーリャ大聖堂(Catedral de Santa María de la Sede de Sevilla)の無原罪御宿りです。一番のお気に入りのマリア様です。ここからは、リスボンに行くより、セビーリャの方が近いです。それに、これもムリーリョ(Bartolomé Esteban Murillo)の作、ということです。

プラド(美術館)だけではありません。
[PR]
by mobulamobular | 2014-12-08 03:06 | ポルトガル文化 | Comments(0)
つきあかり
案の定、今年も何もありません。

d0113817_5391491.jpg


よって、とても静かです。浮ついた気もちなどなく、粛々としています。

ただ、「つきあかり」だけが、"ツリー"のようにおらが村を包んでいます。
[PR]
by mobulamobular | 2014-12-07 04:47 | ポルトガル経済 | Comments(0)
年の瀬
天候は落ち着きを取り戻し、晴天続きの「年の瀬」となっています。

d0113817_16202167.jpg


日照時間を稼ぐチャンスです。
[PR]
by mobulamobular | 2014-12-06 04:40 | 気象 | Comments(0)
1866年
おらが村の教会が建った翌年、日本では江戸幕府が大政奉還しました。それからも、日本では目まぐるしいほど、いろいろなことがありました。

一方、ポルトガルでは、それから今まで何があったのでしょうか。

d0113817_515741.jpg


この差が、今の日本とポルトガルの違いとなっているように思われます。

同年、ポルトガルは死刑制度を廃止しています。
[PR]
by mobulamobular | 2014-12-05 03:42 | ポルトガル文化 | Comments(0)
フィナーレ
今年、最後の"出漁"となりました。

d0113817_3502043.jpg


でも、獲物はなし、です。


今年はコレでお終いです。

着眼大局、着手小局 (四字四字熟語)

Think globally, Act locally (英語)

Pensar globalmente e Agir localmente (ポルトガル語)

皆んな、後半部は得意ですが、前半部は苦手な様子です。

つまり。

"着手小局、大局無視"、になっています。
[PR]
by mobulamobular | 2014-12-04 04:27 | 定置網 | Comments(2)
夕陽
何かが変わるので、月が変わり、やがて年が変わる。そう、思っています。

まずは、お疲れさんでした。

d0113817_342470.jpg


12月は、やはり「夕陽」の方が、似合うのかもしれません。


iPad mini。
[PR]
by mobulamobular | 2014-12-03 04:17 | 戯言 | Comments(0)
貝桁網漁業
月曜日の早朝。いつもなら、まだシ〜ンとしている河岸ですが、今日は何隻のも船が出港の支度をしていました。

その中の多くが、ナミノコ貝を獲る「貝桁網漁業」の小舟です。

d0113817_54732.jpg


今年のコンキーリャ(ナミノコ貝)漁は、一番の書き入れ時である夏の観光シーズン時に"貝毒"が出たとかで禁漁となり、その後、長い間、水産庁からは何の説明もなく漁に出れない日々が続き、やっと解禁になったと思いきや、時化続きとなり、無理して出漁した船が転覆事故を起こし、ひとりの漁師の尊い命が失われる悲劇などもあり、恵まれた年とは言えない状況にあります。

そして、一昨日の時化の余波もおさまり、今朝は満を持しての出漁なのかもしれません。

「貝桁網漁業」とは、"マンガ"とか"マンガン"と呼ばれる爪のついた鉄やステンレス製の籠を船で曳いて、海底を引っ掻き、砂ん中に潜んでいる貝を、後方に取り付けた袋状の網に集めて獲る漁法のことです。
[PR]
by mobulamobular | 2014-12-02 06:33 | 漁師 | Comments(0)