<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
RTP
世間にこれといって面白そうなネタがないためか、相変わらず、新聞・テレビ・雑誌等の取材の申し込みがきています。そんな中、最近2件ほど世情を反映するような、一風変わった"プロポーザル" が報道機関より届いています。

d0113817_6193691.jpg


そのひとつが、上のような内容です。 「RTP」とは、日本でいうところの"NHK"ですので、立派なメディアです。このプロポーザルの発信者は、「RTP」から依頼された番組製作会社のようですが、夜の「RTP」ニュースの時間に、3分間ほどの時間を割いて、こちらの会社のことを報道したいということらしいですが、何故か最後に、"2,680€ +IVA" と値段が表記されています。IVA=付加価値税は23%ですから、合計の値段は3,300€ほどになります。日本円ですと46万円ほどになります。

つまり、"みんなが見るニュース番組で、オマエの会社のことを適当に紹介・宣伝してやるから、カネよこせ"、です。さすが、世界の報道自由度ランキング、30位の国です。おおっぴらなところ、悪気のないところがよいのかもしれません。しかし、これで30位なら、日本の59位っていうのは、どんだけ報道の秩序が乱れているのやら、アコギなところが悪いのかもしれませんが、本当の問題は、問題となっていることが分からないようにしていることが大問題なのかもしれません。
[PR]
by mobulamobular | 2014-02-28 05:00 | ポルトガル文化 | Comments(0)
とんずら
海は、周りに人目が少ないことから、時に、とんでもない悪さをやらかす危険性をはらんでいます。

今回の"事件"は、そんな大袈裟なことではないのですが、危険な行為であることには違いありません。

d0113817_5445699.jpg


アルガルベ近海で主にイワシやサバを獲っている小型旋網船がいつものように操業しています。事件を起こしたのは、この船ではありませんが、他の旋網船が国のプロジェクトで行っている沈降式イケスに網を引っ掛けてしまい、当然、そこは禁漁海域であることから、ヤバイ、と思ったのか、網を海に放置したまま「とんずら」してしまいました。

d0113817_664078.jpg


上の写真が、「とんずら」船が海に残して行った網です。画角から網の長さが短く見えるかもしれませんが、それでも、優に150m以上の長さがあります。知らずに航行してきた船が、プロペラでこの網を巻いてしまったら、とても危険なことになります。ですから、こういうことはしないでください。
[PR]
by mobulamobular | 2014-02-27 06:30 | ポルトガル文化 | Comments(0)
産卵採卵孵化
こっちも、本格的に始まっています。産卵させ、採卵し、そして、孵化です。

d0113817_6123610.jpg


d0113817_614938.jpg


うじゃうじゃ、生まれています。孵化後3~4日、全長は5mmほどです。
[PR]
by mobulamobular | 2014-02-26 04:34 | 活魚 | Comments(2)
夜間飛行機雲
東の空がゆっくりと白んできた時のひこうき雲です。

d0113817_64881.jpg


2~3日、快晴の日が続きましたが、上空は再びちょっとだけ湿気を帯びてきた様子です。
[PR]
by mobulamobular | 2014-02-25 06:09 | 気象 | Comments(0)
フィッシャーマンズ セーター
彼女の手編みのセーターではありません。アランセーターのような高級品でもありません。価格は10分の1程度の廉価です。それでも、ここでは価値ある1品です。なぜならば、これは数少ない "Made in Portugal" だからです。

d0113817_334594.jpg


北ポルトガルの工場で生産されています。ですが、これがポルトガルの伝統的な 「フィッシャーマンズ セーター」 かといえば、そうとも思えません。やはり、これもタラ(バカリャウ)漁に伴い、アイルランドや英国や、あるいはノルウェーなどの漁師文化がポルトガルにも伝わり広まった結果ではないかと思っています。

ナザレ辺りでは、似たような毛糸製品を、地元の人も多く利用している様子でしたが、アルガルベでは主に観光用だと思います。でも、暖かくて、"ふわふわ"で、1着あると重宝します。
[PR]
by mobulamobular | 2014-02-24 03:39 | ポルトガル文化 | Comments(2)
ワイヤーコース
危機一髪の状態でした。

d0113817_4573394.jpg


こういうこともありますので、点検作業を怠ることはできません。
[PR]
by mobulamobular | 2014-02-23 06:49 | 定置網 | Comments(2)
ワイヤー接続
沖での作業も始まっています。まずは、側張りの清掃・点検・修理作業です。

d0113817_4363939.jpg


そして、悪いところが見つかれば交換作業を行います。上の写真は、側張りの「ワイヤー接続」箇所ですが、ワイヤーコースを交換したところです。

でも、出来が悪いので、やり直しを命じられました。
[PR]
by mobulamobular | 2014-02-22 05:00 | 定置網 | Comments(0)
「発展」のその後
相変わらず、は、今日もサバを投げていました。しかし、この時は生憎潮が引いていて、水揚げ作業はかなりの重労働のように思われました。

d0113817_747492.jpg


結局、ポルトガルは、ある時期ある程度の"成長"はしましたが、「発展」はしていないように思います。

d0113817_7504348.jpg


気になったのは、魚の品質です。取り組みが始まったはずの水氷タンクを使った魚の品質向上策は行われておらず、以前と同じのように、魚はデッキ上に野積み状態で港まで運ばれて来ました。せっかく、型のよいサバが獲れたのに、これでは仲買に買い叩かれるだけで、もったいない限りです。

d0113817_8285555.jpg


こういうのを見ると、つくづく、「発展」することは難しいなと思います。しかし、このことは、ポルトガルに限ったことではなく、どこかの国の総理大臣も、"成長戦略"とはよく口にしますが、国の「発展」については、何のビジョンも示さずにいることからも分かります。
[PR]
by mobulamobular | 2014-02-21 08:19 | ポルトガル文化 | Comments(0)
網捌き
先週の話になりますが、雨の中、せっせと丘で「網捌き」作業をしていました。

d0113817_654271.jpg


雨だからといって、作業を遅らせる訳にはいきません。漁期までには、まだ若干の余裕がありますが、事前にやらねばならぬことが、まだまだたくさんあります。

d0113817_658358.jpg


漁師が着ているカッパも、無理言って、日本から送ってもらっています。 こっちのゴワゴワガビガビのカッパは、仕事着として、なんかちょっと違うような気がしています。
[PR]
by mobulamobular | 2014-02-20 05:15 | 定置網 | Comments(2)
水たまり
今日も晴れです。どうやら雨はひとまずお終いのようです。

d0113817_515672.jpg


「水たまり」に映った月。そして、星空もきれいでした。
[PR]
by mobulamobular | 2014-02-19 06:04 | 気象 | Comments(0)