<   2014年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧
腹筋
まだ、何回くらいできるでしょうか。"シットアップ ベンチ" です。

d0113817_74275.jpg


10回いきました。でも、これだけ反ると、背筋の方がきついです。
[PR]
by mobulamobular | 2014-01-31 04:51 | 戯言 | Comments(0)
船体修理
飲んでばかりで仕事してないんじゃないの、と思われそうなので、定置網船の話です。

FRP船の難しいところです。"いい加減"に仕事していると、こういうことになります。という訳ではなく、"見よう見まねで独力でやっていると"、と言った方が正確かもしれません。外注費をケチった訳ではありません。どうせ、"専門職"としてやっている奴に依頼したところで、結果は五十歩百歩であると考えているからです。

d0113817_5433928.jpg


ちょっと穴が開いていたのだと思います。あるいは、過去の修理時のFRP施工に問題があったのでしょう。今回、未だ時間的に余裕があるので、思い切って疑わしい箇所を削ってみました。

案の定、数ヵ所で内部にまで水が浸透していました。乾かして、"ちゃんと"修理する予定です。
[PR]
by mobulamobular | 2014-01-30 05:55 | 定置網船 | Comments(2)
大ボトル
昨年の暮れに溜まった戴きもののワインを消費しています。

今日のものは、「大ボトル」です。

d0113817_665763.jpg


写真右のボトルは通常の0.75Lで、左のものが1.5Lです。一升瓶をひとまわり小さくした大きさです。
[PR]
by mobulamobular | 2014-01-29 06:05 | ポルトガル文化 | Comments(0)
チューブワーム
せっかく定置網船を上架したので、今回のものを見てみたいと思います。

d0113817_5274246.jpg


カニヤドリカンザシです。船底への付着生物ですので、本来でしたら "害虫" ですが、なんか興味をそそられます。

まさに"生きるために生きている"、って感じです。
[PR]
by mobulamobular | 2014-01-28 06:03 | 生き物 | Comments(4)
"人間" とは、生物の1種です。

ですから、あえて述べますが、"人" としての根幹にかかわる問題は存在すると思います。

d0113817_544475.jpg


それが、価値観の相違によるものだとか、御託を並べるているようでは、ずいぶんとレベルの低い話のように思います。
[PR]
by mobulamobular | 2014-01-27 06:13 | 戯言 | Comments(0)
推進軸
プロペラ・シャフトのことです。昨年に引き続き、もう1隻の定置網船を上架し、支面材の交換に伴い、「推進軸」を抜き取りました。昨年は、デッキ張替え作業等、大掛かりな作業を行ったため、「推進軸」にまで十分な注意が及ばなかったこともありますが、今年は、その機会を得たことになります。

d0113817_3332884.jpg


この「推進軸」には想い出があります。これは、2005年暮れの定置網船上架時に、「推進軸」の交換が必要と判断された時点において、元の「推進軸」が日本製ですので、当然、新しいものも日本から調達すると誰もが考えていた時、当時の機関士と相談した結果、現地で作ってみよう、ということになり、町工場で作成したものです。始めは、現地調達の「推進軸」に半信半疑でしたが、気がつけば、あれから8年使用したことになります。

d0113817_492215.jpg


d0113817_494328.jpg


d0113817_410540.jpg


結論からいえば、交換することにしました。 そして、また、彼はいませんが、現地で作成することにします。

参考までに、材質は "SUS316" です。金額は、1,200ユーロほどになると思います。
[PR]
by mobulamobular | 2014-01-26 04:34 | 定置網船 | Comments(0)
金星
今年初めて、夜明けの東の空が快晴でした。

d0113817_7165531.jpg


「金星」が、先に昇ります。
[PR]
by mobulamobular | 2014-01-25 05:49 | 自然 | Comments(0)
スラリーアイス
やっと、地元でも、なんとかこれが手に入るようになりました。

でもまだ、「スラリーアイス」みたいなシャーベット状の氷です。テストで、定置網船の魚槽に流し込んでみました。

d0113817_5553086.jpg


なかなかそれっぽく、温度的にも満足のいく範囲内におさまりました。あとは塩分濃度など、場数を踏んで調整していく必要があります。

d0113817_614496.jpg


思い起こせば、このためにVigoに行ったり、ノルウェーに行ったりしたのでした。

たぶん、ポルトガルでは、初の導入になると思います。新たな1ページが加わります。
[PR]
by mobulamobular | 2014-01-24 06:11 | 定置網 | Comments(7)
計算機
これも仕事なので致し方ありません。

「計算機」。いったいこれは何のためにあるのか、また、誰のためにあるのか、考えさせられることがよくあります。偉そうなことは言えませんが、2けたの掛け算くらい頭でやって、それ以上の数とか、確認のために「計算機」を使うというのであれば納得できますが、2桁の足し算もできないで、だから「計算機」というのは、ちょっと違うのではないかと思うのです。

d0113817_751951.jpg


"オマエら、「計算機」がなかったら、生きていけないぞ"、に対して、"「計算機」がなくなることはないから、大丈夫だもん"、ということになります。まったく、"機械好き"で、呆れます。

コンピューター
[PR]
by mobulamobular | 2014-01-23 04:34 | ポルトガル文化 | Comments(0)
満開
今年の開花後の咲きはよい、と思います。

d0113817_5241615.jpg


d0113817_5164785.jpg


d0113817_525889.jpg


d0113817_5254571.jpg


冷え込みもなく、この時季としては比較的暖かな日が継続中です。
[PR]
by mobulamobular | 2014-01-22 03:37 | 気象 | Comments(0)