<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
紆余曲折
間もなく、師走。今年もいろいろありましたが、なんとかリセットする時期を迎えられました。
海岸もこの通り、すっきりとした風景にもどっています。
d0113817_22122523.jpg

さて、17日からフランス・パリで開かれていた大西洋マグロ類保存国際委員会(ICCAT)の年次会合が27日閉幕しました。小国ポルトガルにとってはアルガルベの定置網でマグロを漁獲しているとはいえ、お隣りスペインやフランス、イタリアに比べその量は微々たるものですので、今まで毎年特に気にすることはなかったのですが、今年はちょっと事情が異なった様子です。また、かねがね問題となっているのは地中海内の巻き網船による無秩序な大量漁獲とそれに伴う違反操業であった筈ですから、大西洋側に位置し、しかも巻き網によるマグロ漁は行っていないことから、なおさら「他人ごと」の向きがありました。

ときに、お役人さんたちは「ベストの選択」を早々あきらめ、「ベターな選択」をする嫌いがあります。それは彼らの多くが最善策を追求するよりもその場の話をまとめ上げることに重きを置くためと考えています。とかく「逃げ」とか「問題回避」とか批判されがちですが、多くの人の集まりにおいては、その考え方も致し方ないと一定の理解はできます。世界経済危機、特にヨーロッパは最悪の状態が続いていますので、これ以上の経済的打撃を被りたくないと切望する結果、2011年度の大西洋・地中海産クロマグロの総漁獲枠はほぼ今年と同量の12,900トンとなったようです。

これに対し、ICCAT年次会合が終わって未だ間もないのでさしたる騒ぎは起きていませんが、「お肉屋さん連合」が黙っている訳がないと思われます。たぶん、日本人1人当たりが年間に消費するクロマグロの量は300gほどだと思いますから、彼らが当初要望していた総漁獲枠6000トンとした場合、それは250gほどとなります。このせめぎ合いです。この分魚が売れなくなれば、代わりに肉が消費される、という考えなのかもしれません。

とばっちリ、と言ってよいと思います。「お肉屋さん連合」は今回のICCATの日本政府代表団に対し、総漁獲枠を6000トン以下にするよう要望したとともに「漁業規則の強化」を日本がイニシアチブをとって実行するようにはっぱをかけていました。前者については上記のように実現はなりませんでしたが、後者については言われた通り実行しています。その相手先のひとつがポルトガルだったのです。

完璧なパフォーマンスです。しかし、その対象国のひとつに加えられてしまったのがポルトガル政府代表団にとっては運の尽きでした。「悪いのは地中海内、ウチらは外」と言っても、「例外はなし」と突っぱねられ、日本にとってはよい鴨葱。

対岸の火事がまさに飛び火した感じです。今まで無関心だった分、不勉強がたたり、問答がしどろもどろだったことが想像できます。一方、日本のお役人さんは「マグロ資源の管理プログラムとしては、まあまあのものができた」とご満悦。なにはともあれ、これも会合の「成果」ではあります。

d0113817_04666.jpg

真っすぐ行こうぜ、ポルトガル。



ところで、来年ウチは何トン? 本当は、そういうのは気にしないでいきたいです。










______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-11-30 07:55 | マグロ | Comments(0)
和洋折衷
戴きものをしました。日本の知り合いの方から老舗・銀座A社のおかきセットです。
d0113817_19491136.jpg

しかし、開けてビックリ。なんか変です。「味の民芸」と銘打ったおしながきには、なにやら怪しげな品々の名があります。レーズンチーズ、アーモンドチーズ、海苔チーズなどなど。これらこのままならよくある酒のつまみでよいのですが、すべておかきのトッピングです。

こんなのありか。フュージョンか、はたまた和洋折衷か。しかし、ここまでする必要はないのではないか。

さらに。チョコアーモンド、チョコカシューナッツなどなどと続く。これはなしだろ。時代か、はたまた若者ウケを狙った老舗の悪あがきか。

で、試食をしました。しかし、これがアレって思うほどイケていたので、再びビックリです。チョコの甘さとおかきの塩味が最強のコラボレーション、とまでは言いませんが、とにかく意外と合うもんです。なんでもやってみるもんです。「和洋折衷」です。

今、こんなのがあるんですね。 ありがとうございました。


アルガルベ定置網もこういう風になっているのでしょうか。














______________________________________________________________

老舗・銀座A社へ苦言
[PR]
by mobulamobular | 2010-11-29 00:23 | ポルトガル文化 | Comments(0)
労務管理
ここでの労務管理には、より一層の「放りっぱなし」が求められると考えています。これはあくまでも自主性を求めてのことです。

やらなきゃいけないことは、さっさとやる。どうせやるならベストの方法をチョイスする。それらを自分で考えろ、と言っている訳です。

d0113817_1810139.jpg


ずいぶんとたくさんダイバーがいるように思われるでしょうが、これら全員がダイバーという訳ではありません。魚を獲る際、ものすごく水飛沫が上がります。これで体がぐちょぐちょになってしまうので、カッパを着ます。フードまでかぶります。すると視界は悪くなるし、音(声)は聞えづらくなるしで、よいことはありません。おまけに、時には水の中に入らなければならない場面もあります。そうなると、あとで風邪をひくもとになります。

d0113817_1827415.jpg


そうなると、作業を躊躇することになります。すると「漁師が水を嫌っていてどうするんだ」と怒鳴られます。結果、自らがすすんでウェットスーツを身にまとうことになったのです。

ちょっと荒っぽい導き方ですが、これでけっこう皆、満足しています。「似あってるぜ」なんか、言っちゃうと、嬉しそうに笑います。場が明るくなります。

d0113817_1833491.jpg









______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-11-25 06:53 | 定置網 | Comments(0)
切り上げ
通貨の話、ではありません。2010年度、漁期終了のお知らせです。

すべての網、内桁も無事回収でき、今は丘でホッとしています。
d0113817_22105833.jpg

d0113817_22112130.jpg

d0113817_22114119.jpg

d0113817_22121884.jpg

ゆっくり、できます。









______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-11-22 04:35 | 定置網 | Comments(2)
築地
ひところに比べれば、人の数も魚の数も減ってちょっと小振りになった感じの 東京都中央卸売市場築地市場の生マグロのセリ場ですが、こんだけデカイ魚がごろごろ並んでいるのはやはり「築地」ならではの光景です。
d0113817_23521170.jpg


そんな中、われらアルガルベの魚も堂々とその巨体を横たえていました。
d0113817_23552651.jpg


これにて、「売り切れ」となりました。








______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-11-20 06:12 | マグロ | Comments(0)
今回の「日本の旅」の中で、最も印象に残ったことです。

いわゆる「帰国子女」、しかも海外滞在歴が長い、"レベルの高い"帰国子女の集まりで、「滞在国を漢字一字で表す」というテーマで文章コンクールが行われました。

さすがに"レベルの高い"子らの手書きの日本語ですので、まず字が下手くそなのが目につきましたが、文章の中身はなかなかのものが多く、感心してしまいました。ここでそれらを紹介できないのがとても残念ですが、各滞在国を表した漢字は次の通りです。

米国=発、剋、欲、虹、人、志、旗、混、蛇、厳、個
フランス=猫、笑、光、守
ドイツ=鬱
フィンランド=自
中国=強
オーストラリア=食
ベネズエラ=独
フィリピン=操
タンザニア=黄
クウェート=油
チェコ=共
などなど。

みなそれぞれ、的を射ている、というか、漢字一字ですがいい加減な時事ニュースよりも説得力があり、時勢を反映しているように思います。

で、最後にポルトガルですが、「緩」です。「カン」となりますが、「ゆるい」ということです。今までポルトガルを漢字一字で表わすなど考えたこともなかったのですが、見てビックリ、まさしくその通りで、これに勝る漢字はないと思いました。
d0113817_7261971.jpg

「緩流⇔急流」のように「ゆっくり、穏やかに」という意味もありますが、「ズボンが緩い、ネジが緩い⇔きつい」のように「だらしない」、「中途半端な」、「しっかりしない」イメージもあり、また、「検査が緩い⇔厳しい」のように「のほほ~ん」とした感じです。逆に反対語から連想すれば、「急⇒ゆっくり」、「きつい⇒ゆとりのある」、「厳しい⇒優しい」となります。これはまさにポルトガルのことです。

「緩」ですか。

これがこの文章コンクールの1等賞になりました。

「脱帽」、そして、ブラボー。














______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-11-18 07:25 | ポルトガル文化 | Comments(7)
一時離国
やんごとない理由により、日本に行って帰ってきました。

d0113817_637093.jpg


早朝、アルガルベから車でリスボンへ。そこからエアフラでパリへ。その機中からの写真です。
眼下に広がる雲に自分が乗る飛行機の影が映っていましたが、朝日が屈折してその影の周りに丸い虹ができていました。珍しい現象なのかなと思いきや、時々あることだそうです。









______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-11-17 06:44 | 自然 | Comments(8)
Há uma música do povo
"There is a song of the people" という意味になります。





モザンビーク生まれのMarizaが歌っています。ファドは決まってファドギターとクラシックギターで演奏されます。そのファドギターの名手であるMario Pachecoの奏でるファドギターの音色も最高です。












______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-11-15 06:11 | ポルトガル文化 | Comments(0)
Canção Do Mar
「海の歌」です。





歌手名は"Dulce Pontes"。ファド界の"美空ひばり"的存在であるAmália Rodriguesを母に持つ一方、父親は"ポルトガルの自由"の象徴的存在であるJosé Afonso。ちなみに彼は"コインブラ・ファド"の有名な歌い手です。











______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-11-15 06:10 | ポルトガル文化 | Comments(0)
Por minha conta
ポルトガルの友人にもらったCDの中から1曲です。"Fado" お好きですか。ファド、よいですよ。





この曲名の "Por minha conta" とは、「今日のビールはオレのおごり」などという時の「オレのおごり」部分でよく使われますが、一方、「自分の責任において」などというちょっとシビアな意味合いもあります。この曲名の意味するところとしては後者の方になる、と思います。














______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-11-04 07:06 | ポルトガル文化 | Comments(4)