<   2010年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
シュモクザメの不思議
昨日、深夜に知り合いの大学講師のところにアルガルベの観光関連企業の方から「シュモクザメについてコメントしてもらいたい」という依頼があったそうです。けっこう食べて飲んでそろそろ寝るかの時だったので、ちょっとイヤな気になったそうですが、大好きな「テレビの取材」と聞き、応じたそうです。下の写真が今日の昼に放映された時のシーンです。はっきり言って、酔っぱらっていました。
d0113817_655392.jpg

実はコメント依頼のあった数時間前にアルガルベの海でイワシ漁をしていた巻き網船が多数のシュモクザメの群れを発見し、そのうち数尾が網にかかり、港で水揚げされたという情報がありました。これは普段は"見られない"光景であるため、地元漁師もあわてたのでしょう。それを聞きつけた観光関連企業の方が、「引き続き海の安全をアピール」したく、大学講師に相談した、といったところが真相のようです。そりゃ、そうですね。海にサメが出現して、観光客が大挙して逃げ出して行ってしまったら、観光業は大打撃を被ります。
d0113817_793919.jpg

新聞にも「心配する必要はなし」といった内容の記事が掲載されました。

学名 Sphyrna zygaena、 英名 Smooth hammerhead、 ポルトガル名 Tubarão martelo、 和名 シロシュモクザメ です。

しかし、今回の本題はこんなことではありません。
定置網には毎年必ず、特に夏に多くシュモクザメが入網します。しかし、です。定置網に入った個体に限らず、今までOlhãoの市場に水揚げされたシュモクザメはすべて雌(♀)のみなのです。ですからオス(♂)は見たことがありません。正確にカウントしてはいませんが、これまでに少なくとも100個体以上は見てきたと思います。で、先のニュースにも水揚げされたシュモクザメのシーンがあったので雌雄を確認したところ、やはり雌でした。
d0113817_1971551.jpg

サメの場合、体外に交接器(クラスパー)がありますので、容易に雌雄の判別ができます。もっとも交接器があっても雌の場合があるそうですが、今回は逆のパターンを考えなければならないかもしれません。

2007年5月のThe New York Times(ニューヨークタイムズ紙)に"Female Shark Reproduced Without Male DNA, Scientists Say" という記事があります。「雌サメが、雄サメのDNAを持たない子サメを出産」、ようするに、雌サメの卵子のみで、雄サメの精子と受精することなく、子サメが生まれたということです。これがシュモクザメです。この生殖様式は「単為生殖」と呼ばれています。一般的にシュモクザメは胎盤を形成する胎生(viviparous)のサメと考えられていますが、「単為生殖」する場合もあるということなのでしょうか。「雄」は実在するのでしょうか。少なくともアルガルベ近辺では雄のシュモクザメはどこにいるのでしょうか。それとも、いないのでしょうか。でも、なぜ。

そして、今日も1尾、定置網に入りました。やはり、「雌」の個体でした。
d0113817_17371623.jpg

「不思議」はまだ身近なところにもたくさんあるようです。







______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-08-29 18:05 | サメ・エイ | Comments(2)
ポルトガルへの輸入魚
いつだったかのナイルパーチもそのひとつです。

「ポルトガルへの輸入魚」の話題ですが、魚が大好きなポルトガル国民(1人当たりの水産物消費量が日本、アイスランドに次いで世界第3位だそうです)にとってはちょっと将来を案ずるような内容です。
d0113817_432465.jpg

ポルトガル国内で消費されている魚の2/3が輸入魚だというのです。2009年には13億ユーロ(1450億円ほど)の魚が輸入された一方、輸出は5.6億ユーロ(620億円ほど)だったそうです。これって、すごい数字です。(社)日本水産物貿易協会の調べによりますと、2009年の日本の水産物輸入金額は1兆2960億円だったそうです。ここには高価なエビやカニやマグロがしこたま含まれています。しかし、ポルトガルへの輸入魚は日本のおおよそ1/9の金額に達しているということです。ポルトガルの人口は日本の1/13ほどでしょうから、ポルトガル人はざっと日本人の1.5倍の金額を輸入魚に費やしていることになります。もちろんその中にはあのやたら高価なエビやカニやマグロは含まれていません。ということは、どんだけ普通の魚に高い金額を払っているかが分かります。

これでは魚なんて食べれませんね。

注) たぶんバカリャウ(タラの塩漬け干物)の輸入に多額の出費があると思われます。


何れにせよ、自国漁師の奮起を期待したいところです。






______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-08-27 05:14 | ポルトガル経済 | Comments(4)
ソウダガツオ - さぁ、どっち。
前々回のLa NiñaにあるNOAAの"Cold & Warm Water Episodes by Season"のデータ表から分かるように、1994年以降は6回のエルニーニョ現象(El Niño)らしき期間がありましたが(日本の気象庁では97年春~98年春、02年夏~02/03年冬、09年夏~10年春の3回となっています。)、アルガルべ定置網におけるソウダガツオの漁獲は、さほどエルニーニョ/ラニーニャ現象との直接的な関係はないようにも思われます。しかし、大漁を成すには8月・9月の平均水温が21℃以上になるのが望ましいことが過去のデータから明らかになっていますので、エルニーニョ/ラニーニャ現象のような地球規模の自然現象よりは、局所的な気象状況(海況)がより重要なファクターとなっていると思われます。
何れにせよ、今年の夏の猛暑はソウダガツオ漁にはプラス要因です。ラニーニャ現象が発生したようですが、もうしばらくここはアソレス高気圧に頑張ってもらって、「高水温」を維持してもらいたいと思っています。("アソレス"について余談ですが、通常日本では"アゾレス"と呼ばれています。これは英語読みのカタカナ表記によるものです。ポルトガル語では"Açores"となり、"アソレス"と発音します。ですからここでは常にポルトガル語読みのカタカナ表記にしています。)
d0113817_0565795.jpg

アルガルベ定置網ではマグロの漁期が終わった8月下旬から10月中旬ほどまでが、ソウダガツオ漁の盛期となります。おおよそ2ヶ月半の「短期決戦」です。この魚の行動パターンも過去の記録からおおよそのことが分かっています。夜明け前にこの魚はあまり動きません。ですから定置網にもあまり入りません。日が高くなるにつれて、行動が活発化し、ボンボン定置網の中に侵入してきます。ですから、定置網船は他に仕事がなければ、遅くに出港してもOKです。それからLota(市場)の閉まる夕方4時までが勝負です。2隻の定置網船がこの間何回市場と定置網を往復できるか、です。
d0113817_19112422.jpg

で、始まりました。出だし好調です。例年より1週間ほど早いスタートとなっています。
そして、見つけました。鰓蓋上部にある黒点が、頭から背にかけての黒色部と"離れている"個体です。
d0113817_1928494.jpg

単なる偶然、それとも個体差の範疇、はたまたヒタソウダ(Auxis thazard)なのか、です。
そして、体側面の胸甲(有鱗域)が第1背鰭後に急に狭まっています。
d0113817_1948799.jpg

"さぁ、どっち"。以下に引き続き勝手な考察を述べます。

ぱっと見はマルソウダのような気がします。しかし、よく見るとヒラソウダのように見えます。

正直、上から2番目の写真のような個体も多く含まれますので、スマ(Euthynnus alletteratus)との交雑種ではないかと思っています。ギリシャのHCMR (The Hellenic Centre for Marine Research)という研究所の2008年の調査では、北東地中海の海域で同じ時期にAuxis rocheiとEuthynnus alletteratusの卵および幼魚が採集されていますので、両者は同海域で同時期に産卵活動を行っているものと推測できますから、交雑種があっても不思議ではないと思うからです。しかし、すべての個体が、いつもではありません。地中海のような特殊な海域において、その年の天候や海況に左右され、長い年月の間、交雑種が誕生してしまった時がたびたびあったのではないかと考えます。

同じく2008年にFAO(国際連合食糧農業機関)のGeneral Fisheries Commission for the Mediterranean (GFCM)とICCATが発表した地中海内の小型マグロ類の合同調査書がありますが、そこでは1996年に行われた調査によって地中海内にはAuxis rochei rocheiという亜種の存在が指摘されたそうですが、サンプル個体が地中海内のみだったことなどからその信憑性が乏しく、また、新たな調査では大西洋側モロッコから地中海中央部においては1種類のソウダガツオしか発見されなかったことなどから、引き続き地中海内のソウダガツオはAuxis rocheiの1種類のみが存在することとする、となっています。また結論として、"In conclusion, the dismissal of the name Auxis thazard for Mediterranean fish is strongly supported." と書かれています。ようするに「地中海にはヒラソウダはいない」ということです。

しかし、「Auxis rocheiのみがいて、Auxis thazardはいない」というのは納得できるのですが、「マルソウダのみがいて、ヒラソウダはいない」となると納得できません。なぜならば「身」と「味」は、「日本のヒラソウダ」と同じだからです。

勝手な結論としては、アルガルベのソウダガツオ(Auxis rochei)は、「マルソウダとヒラソウダとスマを足して3で割ったような魚」ということにしておきます。

これじゃ、絶品間違いなし、ですね。








______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-08-24 08:01 | | Comments(4)
Ria Formosa の位置
「ユーラシア大陸果ての定置網」の位置の続編です。これは「海図」です。
d0113817_684881.jpg

① Faro空港(Aeroporto de Faro)
② Olhão
③ ユーラシア大陸果ての定置網(アルガルベ定置網)
④ スペイン

ピンク〇がRia Formosa、緑の所が湿地帯(ラグーン)となっています。










______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-08-22 06:41 | 定置網 | Comments(3)
La Niña
先週、日本の気象庁からも「ラニーニャ現象(La Niña)が発生しているとみられ、冬までは持続する可能性が高い」、という発表がありました。
記録のある1946年以降、ラニーニャ現象は13回発生していて、うち6回は今回のようにエルニーニョ現象(El Niño)がおさまってすぐに発生しているとのことですから、その「反動」によるものとも十分に考えられるのではないでしょうか。

エルニーニョ現象同様、ラニーニャ現象も「太平洋」での自然現象ですので、アルガルベ定置網のある「大西洋」では一見何の関係もないように思われがちですが、これがテレコネクションによって結びついているのです。

d0113817_17104898.jpg

上のグラフは1996年から今までのアルガルベ定置網における月別平均水温(表層)の推移を表したものです。この間、日本の気象庁によると1995年夏~1995年/1996年冬、1998年夏~2000年春、2005年秋~2006年春、2007年春~2008年春の計4回ラニーニャ現象が発生したとされています。オレンジ色の〇はその年の8月の水温です。1995年夏~1995年/1996年冬のラニーニャ現象終結後の8月の平均水温は19.42℃、1998年夏~2000年春のラニーニャ現象発生中の1999年の8月の平均水温は18.91℃、2007年春~2008年春のラニーニャ現象終結後の8月の平均水温は18.65℃でした。2005年秋~2006年春のラニーニャ現象については後述することにします。このようにラニーニャ現象が「太平洋」で発生するとそれ以降の「大西洋」の水温にも大きな影響を与えることが顕著に示されています。
d0113817_22543466.jpg

次に、米国のNOAAから拝借した"Cold & Warm Water Episodes by Season"のデータ表です。1993年以前はここでは必要ないので割愛しました。数字が赤くなっている期間がエルニーニョ現象が発生していたとされ、数字が青くなっている期間がラニーニャ現象が発生していたと考えられます。
日本の気象庁では「エルニーニョ監視海域の海面水温の 基準値との差の 『5か月移動平均値が6か月以上続けて』 +0.5℃以上となった場合をエルニーニョ現象、-0.5℃以下となった場合をラニーニャ現象と定義」となっていますが、NOAAでは上記の二重カギカッコ部分が『3か月移動平均値が5カ月以上続けて』と定義が異なっています。 そのため、前述の日本の気象庁のいう「2005年秋~2006年春のラニーニャ現象」は上の表では数字は青くなっていません。ちなみに最上欄の"DJF"、"JFM"、"FMA"… というアルファベットの羅列は「3か月」を示しています。例えば"DJF"は、"D"ecember/"J"anuary/"F"ebruary ということです。

ですから、NOAAのデータ表からも分かるように未だ確定ではないので、日本の気象庁の発表のように「発生しているとみられ」といった曖昧な表現になっているのです。しかし、専門家の方々の推測ですので、きっとラニーニャ現象となることと思います。
そうすると規模・程度によりますが、アルガルベ定置網周辺は来年の水温が低くなることが予想されます。それだと回遊してくる魚も少なくなり、定置網漁も鳴かず飛ばずの状態になってしまうかもしれません。

なんだ、コレ。 あまりよいニュースではありませんね。
じゃぁ、来年の投資は控えるか。











______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-08-20 06:58 | 気象 | Comments(2)
Yatch
ずいぶん数は減ったのですが、まだ時々あります。すっかり「夏の風物詩」です。
d0113817_5281593.jpg

最近読んだ本の中にも記述がありましたが、コンパスの使い方も分からず山に入るようなもの、ということです。"海で最も危険なのは、レーダーの読み方も知らない愚か者だ"、です。ですから衝突回避の最善策は、ライトをつけて誰からもそれが見えるようにすること、だそうですが、定置網漁業の場合、あまり周りを明るくしてしまうと魚が警戒して網の中に入って来なくなってしまうのです。しかし、そんな必要もなさそうです。なぜならば最近の衝突事故のほとんどは昼間の明るい内に起きるからです。
d0113817_5545110.jpg

そっち行くと危ないですよ、と定置網の作業船が"Yacht"に近づきます。

前も見ず、レーダーも見ず。大海原での楽しみって、いったい何なのでしょうか。







______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-08-18 05:21 | 定置網 | Comments(0)
無理やり
それでも「無理やり」沖に出たとしても、結局はこんな感じになります。前々々回の「8月の時化」の続きです。
d0113817_046919.jpg

急潮です。標識ブイが潮に押されて沈みかけています。しかし、これは海の深いところから冷たい水がどんどんアルガルベの海岸に押しよせて来る急潮とは反対の向きの流れです。「東から西」の流れです。相模湾あたりでいう「サキシオ」となります。
理由はやはり「風」だと思っています。
d0113817_058212.jpg

スペインの天気予報サイトから拝借した風向きとその強さを表した図です。こんな感じになります。ジブラルタル海峡を地中海から大西洋にすり抜ける風が強まると、アルガルベに南東からの大きなうねりが到達します。その風に伴い、水が地中海から大西洋に勢いよく流れ出します。これが「サキシオ」の急潮となる原因です。
"証拠"があります。こんな時決まってこいつがよく定置網に入るのです。
d0113817_5391260.jpg

以前、勝手に名付けた"地中海マアジ"です。2度目の登場です。
d0113817_5471913.jpg

学名 Trachurus mediterraneus、 英名 Mediterranean horse-mackerel、 ポルトガル名 Carapau do Mediterrâneo、
和名はありません。
地元Olhãoではこれを"Xaréu"(シャレゥ)とか呼んだりしますが、これはまったくの勘違いで、Xaréuは本来ポルトガルでは「クロカイワリ」(学名 Caranx crysos)のことになります。
d0113817_61830.jpg

おさらいですが、"地中海マアジ"は後頭部背鰭沿いの側線は、第一背鰭第8棘条下、あるいは第二背鰭第3軟条下までで終わっています。
d0113817_661021.jpg

全体的にニシマアジ(学名 Trachurus trachurus)に比べ、緑色が強い印象を受けますが、顔つきはそっくりです。
d0113817_610788.jpg

尾については黄色みが強いような気がします。地中海から大西洋に流れ出す水と一緒にこれらも大挙して地中海から出てきたものと思っています。

話をもとに戻しましょう。
この「サキシオの急潮」ですが、パワーは反対の西から東へ行く「カシマ」(これも相模湾あたりの呼称)よりもあります。波と一緒に来たらなおさらです。
d0113817_6203193.jpg

急潮の一番下の写真と比べて見てください。同じポジションです。しかし、こちらは潮流の強さで、丘の止め(数珠つなぎの黄色い浮子)が"完沈"してしまっています。

やっぱり、な。こんなに潮が早きゃ、操業も無理だ。
d0113817_6302563.jpg

だから言ったこっちゃない。
d0113817_63126100.jpg

ほら、引き返して正解さ。海は気難しいんだから。






______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-08-16 05:46 | | Comments(2)
「ユーラシア大陸果ての定置網」の位置
d0113817_2336285.jpg


ユーラシア大陸(ヨーロッパ)とアフリカ大陸を隔てるジブラルタル海峡の西側(大西洋側)に位置しています。東側が地中海です。

Faro (Portugal) から約10km
Sevilla (Spain) から約200km
Lisboa (Portugal) から約280km
Gibraltar (U.K.) から約380km
Malaga (Spain) から約400km
Madrid (Spain) から約700km
Barcelona (Spain) から約1200km
Paris (France) から約1950km
Milano (Italy) から約2150km
Bruxelles (Belgium) から約2250km

です。
[PR]
by mobulamobular | 2010-08-15 05:05 | 定置網 | Comments(4)
ミズナギドリ
正直、幼すぎて君が誰なのか分かりません。

Shearwater ? I don't know who you are.

d0113817_712512.jpg

できれば、もうちょっと大きくなってから戻ってきてもらいたい。

Hope to see you again soon.































_____________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-08-14 06:50 | 自然 | Comments(4)
8月の時化
過去15年間で、「6日のみ」記録しています。内訳は、2003年-2日、2005年-1日、2006年-2日、2007年-1日、となっています。おおよそ1.3%の確率です。

「8月の時化」の日数です。何れも「南東からの風および波」によるものです。この場合、「出漁を予定していたが、風・波の影響で出港を断念、あるいは出港したが途中で引き返した」時のことを「時化」と定義付けします。

ですから、「8月はまず時化はない」、と考えるのが普通です。
d0113817_23433969.jpg

これは先週日曜日朝5時の写真です。
氷を魚槽に"しこたま"積んでいます。天気予報および前日までの天候の流れから、今日は時化であることはうすうす分かってはいるのですが、「8月はまず時化はない」という希望的観測から、こういうことにもなります。しかも「日曜日」です。氷屋のおじさんにはわざわざ頼んで日の明けない内から休日出勤してもらっています。

はっきり言って悪あがきです。でも、こんなことまでしても、漁に行きたい時、行かなければならない時があるのです。しかし、無理なことは無理。できればもうちょっと潔く、いきたいものです。
d0113817_0104471.jpg

ここはRIA FORMOSA内、外海には出れず、あえなくUターンでした。
d0113817_025344.jpg

暗雲立ちこめ、波高し、風強し。






____________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-08-13 05:18 | 定置網 | Comments(2)