<   2010年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
4つ目ガンギエイ
相変わらずの雨天、ドン天、風、時化模様の天候が続いていますが、今日は久々に本船2隻で沖仕事に出ることができました。これだから、天気は分かりません。過去15年、アルガルベでこんなに雨が降った(降っている)のは初めてのことだと思います。しかし、無事に今年の上架を終えた2隻の本船は沖での仕事を無難にこなし、帰港しましたのでまずは一安心です。

きな臭い話題が続きましたが、今日は他船も出漁し続々と水揚げをしていましたので、市場を覘いたところ、新種(このブログにとっての)を発見しましたので、それを掲載します。ガンギエイ科(Rajidae)の1種です。
d0113817_22503317.jpg

学名 Raja (Raja) miraletus、 英名 Brown ray、 ポルトガル名 Raia de quatro olhos、 和名 存じません。
ちなみに、メガネカスベ属(Raja)だそうです。これで、この属は今までに6種が登場したことになります。過去の5種は下記を参照ください。
Raja undulata
Raja clavata
Raja(Raja) asterias
Raja(Leucoraja) circularis
Raja(Leucoraja) naevus
d0113817_23182941.jpg

吻は尖がっています。ポルトガル名の"quatro olhos"とはタイトル通り「4つ目」という意味になります。実は「2つ目」(dois olhos)も存在します。上記の"Raja(Leucoraja) naevus"がそれです。
d0113817_23305340.jpg

しかし、これも「目」は2つしかありません。なのに何故「4つ目」なのかというと、ポルトガル人の考えはこのようになります。ようするに"2 + 2 = 4"ということです。この「目」は、内側の「青い目」と外側の「黄色い目」の2つが片方に存在する、としています。ですから「4つ目」になるのです。普段はモソっとしていますが、変なところで細かいこと言うな、といった感じですが、まぁ、これも一つの解釈です。そして、「本当の目」はこんな感じになります。
d0113817_23504111.jpg

君もいい顔してますね。











______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-02-27 03:48 | サメ・エイ | Comments(0)
オーバーホール (8) 最終回
残業するのは本分ではありませんが、まぁ、ショウガナイ、です。
シリンダーヘッドの取り付けが終わり、次はその上、ロッカーアームの組立てです。ガスケットを置いて、ロッカーアームのハウジングを載せます。軽くペーパーをかけます。やりなれない残業に機関士の顔には早くも疲労の色が出ています。
d0113817_148417.jpg

6個置いたら、ロッカーアームの部品を並べていきます。やりなれない残業に突入した機関士はこの時ちょっとすねていたのかもしれません。
d0113817_1535015.jpg

次々に部品を装着します。機関士は腰に手を当ててしまいました。
d0113817_15658.jpg

続いてボルトを締めていきます。
d0113817_1571345.jpg

迅速、かつ慎重に、です。
d0113817_1581147.jpg

潤滑油を注入します。
d0113817_1593044.jpg

漏れがないかどうか、確認します。
d0113817_202783.jpg

再び、隙間ゲージ(シックネスゲージ)を取り出して、今度はバルブクリアランスの調整です。
d0113817_27946.jpg

これで、OK. 蓋(ヘッドカバー)をします。
d0113817_2111792.jpg

蓋のボルトを締めます。
d0113817_2122190.jpg

やりました。シリンダー関係終了です。ですが、もはや残業中です。喜びに浸る間もなく、矢継ぎ早に次の部品が入ります。エキゾースト・マニホールドを取り付けます。
d0113817_2171716.jpg

次は反対側です。エア・インテーク・マニホールドです。
d0113817_221350.jpg

ターボチャージャーを取り付けます。
d0113817_222579.jpg

重いインタークーラーを取り付けます。K社の場合、これは「アフター・クーラー」です。
d0113817_2255146.jpg

いやぁ~、ボルト、ナットの残り数が少なくなってきました。足りない、かも。
d0113817_227197.jpg

途中省略して、最後に排気管の取り付けです。
d0113817_2285857.jpg

最後となって俄然元気が出てきたのか、機関士"自ら"排気管にサーモテープ(断熱材)を巻きつけます。この機関士さん、KMSさんと同い年です。
d0113817_2323840.jpg

終わりました。
d0113817_2333149.jpg

「遅くなったけど、何か食いに行きますか」。

翌日、船を海に戻して試運転でした。

バッチリ、でした。
d0113817_2362750.jpg


でも、やっぱり心残りは、今回どこにも行けなかったことです。
d0113817_2373285.jpg

[PR]
by mobulamobular | 2010-02-26 06:38 | 定置網船 | Comments(0)
オーバーホール (7)
今回のオーバーホールもいよいよ最終段階に入ってきました。シリンダーヘッドの取り付けです。
まずはガスケットです。シリコンボンドを塗ります。
d0113817_2339932.jpg

シリンダーブロック上に載せます。
d0113817_23405226.jpg

組み上がったシリンダーヘッドを置きます。
d0113817_23423560.jpg

3つ載りました。
d0113817_2353635.jpg

6つ載りました。
d0113817_2353326.jpg

さぁ、いよいよシリンダーヘッドボルトの締め付けです。ここでは難しい言葉ですが、「塑性域回転角度締め」を行います。まずはトルクレンチで締め付けます。
d0113817_0491198.jpg

KMSさんから指示された通り、シリンダーヘッドボルトを締め付けますが、KMSさんは何やら別のことをやっています。
d0113817_0515570.jpg

順番に、慎重に締め込みます。
d0113817_0564399.jpg

一通りを所定のトルクで締め付けた後、レンチを大型のボックスレンチに交換して、さらに締め込みます。
d0113817_10661.jpg

この際、まず90度、さらに30度といった具合に順番に締め付けます。この締め付け角度が分かりやすいように、先ほどKMSさんはボルトの頭に印をつけていたのです。
d0113817_15163.jpg

"大将"自らも力を込めます。
d0113817_16137.jpg

明後日、KMSさんは日本への帰路につきます。予定変更はなしです。日本でも船やエンジンの調子がおかしくなった「お客さん」が首を長くしてKMSさんの帰りを待っています。ですから今日中にエンジンをおおよそ組立てなければなりません。そして明日には試運転です。近所の観光ぐらいしていただきたかったです。

続きは、次回、最終回です。
[PR]
by mobulamobular | 2010-02-25 05:33 | 定置網船 | Comments(2)
速報 大西洋クロマグロ Heisei22222
これも翻訳が難しい文章です。EUのポータル・サイトである"Europa"の"Press Releases RAPID"からです。もちろん22言語で発行されています。
"ヨーロッパ委員会(EC)は、ヨーロッパ連合(EU)が大西洋マグロの国際取引禁止案を支持することを提案する"
d0113817_515387.jpg

ここに来て、俄然、動きが見えてきました。というのも、今まで比較的冷静を装っていたお隣りスペインからいろいろな情報が流れ始めてきたからです。やはり先日のヨーロッパ議会(EP)のプレス・リリースが後押しをしているみたいです。スペインは大変です。かなり問題は複雑です。もはや国を2分する騒ぎになっています。スペインはポルトガル以上に古くから深くマグロ漁にかかわってきている「マグロ大国」です。釣り漁は全国各地で行われていますが、今では"Cataluña(カタルーニャ)地方の巻き網漁"、それに"Andalucía(アンダルシア)地方の定置網漁"が代表的なスペインのマグロ漁の2大勢力として君臨しています。それらが自治体政府も巻き込み、マグロの漁獲量や、どっちがより"artisanal fishing vessel"かとか、その存続問題をめぐり対立を深めている様子です。スペインでは自治体政府が政治的にも強固ですので、スペイン・メディアも「マグロ戦争」と銘打って、この件について右往左往する中央政府を揶揄するように騒ぎを煽っているようにも見えます。

そのスペインの首都マドリードでは、時を同じくして、最近はその威厳もすでに地に落ちた感のあるICCAT(International Commission for the Conservation of Atlantic Tunas)の会議も開かれているそうです。会議は26日(金)まで続くそうなので、まだメディアにもこの件はあまり取り上げられていませんが、初日の情報として、「喧嘩両成敗」かどうかは知りませんが、「巻き網漁の定置網漁もダメ。唯一小型船による釣り漁だけが認められるようになり、そのマグロはEU域内では販売できる」、という方針が打ち出されたという「噂」が流れています。
ですから、スペインでは「火に油をそそぐ」ような状態になっています。

一方、ポルトガルは静かです。いつもEUと同じ考えです。しかし、"artisanal fishing vessel"がどんな船を指しているのかは分かりません。

2月22日はウチの漁労長の35回目の誕生日でした。ですから2022年2月22日には47歳となる訳ですが、その時のポルトガル、定置網、マグロ漁はどうなっているのでしょうか。
[PR]
by mobulamobular | 2010-02-24 07:20 | マグロ | Comments(0)
オーバーホール (6)
ピストン到着から遅れること2日、ようやく吸気弁が届きました。今回も危うく税関のオフィスを閉められるところでしたが、なんとか入り込んで無事通関です。しかし、ハプニングです。
d0113817_1842985.jpg

箱がボロボロです。人間同様、カーゴも日本からポルトガルに来る場合は直行便がありませんので、ヨーロッパのどこかの空港でトランジットをしなければなりません。今回この荷はAFでCDG空港経由で来たのですが、その時のパリの天候は雨、続いてリスボンも雨。本来、こういった荷物は輸送側が責任を持って、雨ぐらいの天候には左右されず、無事最終目的地まで届けられてしかるべきですが、どうもこのロジスティクス業界、まだまだ発展途上の段階と思われます。
d0113817_19212998.jpg

そして、ロストです。合計24本のバルブが箱や袋に2本1セット(合計12箱袋)で入っていたのですが、届いた時には11箱袋しかありません。途中で雨にぬれて壊れた箱から欠落したのです。
今回、問題となったバルブは吸気弁12本です。排気弁12本は特段問題はなかったのですが、どうせ吸気弁12本を送ってもらって新品と交換するのであれば、ついでに排気弁も新品にしてしまおう、という発想から注文をした訳です。その結果、神はまだユーラシア大陸果ての定置網漁師を見捨ててはいませんでした。ロストした1箱袋は排気弁の1セットだったのです。

新品のバルブ君たちです。これで作業が前に進みます。
d0113817_19544775.jpg

早速、バルブの「磨り合わせ」作業です。まずは専用のコンパウンドを塗ります。
d0113817_19594217.jpg

バルブを差し込みます。
d0113817_2104525.jpg

滑りをよくするためオイルをたらします。
d0113817_2003721.jpg

電動ドリルを使い、磨り合わせをします。
d0113817_2014136.jpg

各シリンダーヘッドに4本のバルブ(吸気2本、排気2本)です。
d0113817_2162933.jpg

磨り合わせが終わったら、スプリングを装着します。これがちょっとコツの要る作業です。
d0113817_21391147.jpg

スプリングを下へ押しつけるのに相当の力が要りますが、特殊工具を自前でこしらえて、二人がかりでイッセイーノ、セッって感じで行います。そしてもう一人が、コッタを差し込みます。
d0113817_21504554.jpg

で、出来上がりです。
d0113817_21513348.jpg

さぁ、船に移動です。

続きは、次回にしますが、このページを終わる前にロストした排気バルブ2本のその後についてちょっと言及します。
ロジスティクス業界で日本最大手の輸送のエキスパートN社にして然り、です。今回、あのような形で荷物が届いた訳ですから、当然、クレームをつけました。しかし、その対応は荷1kgあたり20ユーロの損害賠償のみとのことです。ロストはバルブ2本ですから、1kg未満です。しかし、バルブ2本の実際の購入金額はその損害賠償額の5倍ほどします。そして、こちらはその分の輸送費、通関費用も払っています。引き続き、ロストしたバルブを探すように催促はしていますが、なしのつぶて、です。
[PR]
by mobulamobular | 2010-02-24 06:10 | 定置網船 | Comments(0)
アンカー
クリスティアーノ・ロナウドの生まれ故郷であるマデイラ諸島では、大雨によりかなりの被害が出ているようですが、アルガルベでも再び悪天候が続いています。
そんな中、しびれを切らした地元巻き網船1隻が出漁しました。
d0113817_2243486.jpg

そして、持ち帰ってきたものはというと、海底に沈んでいたアンカーです。しかし、これは「いかり」ですが、「錨」ではなく、「碇」です。大昔から1970年代始めまで続きそして滅亡した"ARMAÇÃO DE ATUM"(マグロ定置網)の残骸です。きっと回収されずにそのまま海の底で眠っていたものと思われます。昔の定置網については"海の文化"などを参照ください。

同業者としておもわず「お帰り」と声をかけたくなる情景ですが、昔のARMAÇÃO DE ATUMでは、このようなアンカーを200個以上1つの定置網で使用していましたので、このように回収しそこなったアンカーはまだまだたくさん残っているかもしれません。

実は、コレ、巻き網船から譲ってもらいました。そのうち、博物館でも造りますか。
[PR]
by mobulamobular | 2010-02-23 05:03 | 定置網 | Comments(0)
"欧州議会、クロマグロとホッキョクグマの取引禁止を支持"
ヨーロッパ議会(EP: the European Parliament)の2月10日付、プレス・リリースです。
d0113817_6295322.jpg

なんとなく方向性が見えてきたように思います。

しかし...
[PR]
by mobulamobular | 2010-02-20 07:09 | マグロ | Comments(0)
オーバーホール (5)
ここでは。最後はやります。でも、やるまでに、時に到底信じられないくらいの時間がかかります。ですから、早くものごとを進めたい時には、相手から目をそらしてはいけません。これが遠距離の場合は、小刻みに連絡を取り、ことの進捗状況を尋ねます。「まだですか~」、「できましたか~」、「どうしましたか~」といった具合です。「失礼」にはなりません。こうすることによって、依頼したものごとが相手にこちらがマジに急いでいるんだ、ということが伝わります。

さて。来ました。役所が閉まる夕方ギリギリで通関が切れました。日本から送ってもらった新品の「6個目のピストン」です。
d0113817_017653.jpg

取り付けます。
d0113817_027459.jpg

これで、エンジン下はOKです。オイルパンを取り付けられます。エンジンを下せます。
d0113817_0315327.jpg

オイルパンのパッキンを新品に交換します。
d0113817_0323884.jpg

オイルパンを取り付けます。今回は「四本の矢」となっています。
d0113817_0375879.jpg

主機関前駆動装置用のVベルトも交換し、さらに予備のVベルトもあらかじめ仕込んでおきます。Vベルトにもいろいろな種類があります。長さや幅の違いのにならず、形状や材質の違うものが存在します。メーカー指定(推薦)のものは、ここでは入手が困難で、代わりにこんなのを使用しました。また、JIS規定とは異なる表記方法が用いられている場合もあり、ユーザーにとっての障壁となっています。
d0113817_0573529.jpg

エンジンを下げます。
d0113817_1443779.jpg

エンジンを軽く固定します。
d0113817_1453811.jpg

そのころ、船の外では適当に磨き上げたプロペラが届きましたので、取り付け作業を行います。
d0113817_1483534.jpg

ここでは作業中、良い悪いは別としていつも笑顔が絶えません。
d0113817_1541543.jpg

続いて舵もつけてしまいます。
d0113817_154599.jpg

KMSさんは今までに数回ポルトガルに来ていますが、ポルトガル語は喋りません。一方、定置網の漁師の大半も日本語どころか、英語も喋らず、ポルトガル語オンリーです。しかし、作業が進んでこのころになると、何か互いにコミュニケーションをとっているところを目撃します。
d0113817_201256.jpg

な・に・ご ですか?
d0113817_205925.jpg

エンジンとプロペラシャフトを接続します。
d0113817_217105.jpg

「芯出し」作業です。エンジンとプロペラシャフトのラインを整えます。「隙間ゲージ」を使用して、左右、前後のバランスをとります。
d0113817_2214721.jpg

エンジンもちゃんと座ったところで、他の部品を順次取り付けていきます。
d0113817_2285487.jpg

d0113817_2292371.jpg

d0113817_2294329.jpg

d0113817_230685.jpg

d0113817_2305349.jpg

d0113817_2311825.jpg

と、このころになると、外したボルト・ナットの数が合わなくなってきたりします。どこか間違えて別の場所にとりつけてしまったり、失くしたり、とかです。
d0113817_2361599.jpg

いろいろありますが、今日の作業はここまで。続きは、次回にします。
[PR]
by mobulamobular | 2010-02-19 01:48 | 定置網船 | Comments(0)
金、返せ!!
言わんこっちゃない。
d0113817_728074.jpg

先日のカーニバル 2010の続編です。実はこの"ミニチュア・リオ・デ・ジャネイロ・パレード"を見物するのは有料です。それについては賛否両論あるでしょうが、祝日でもないくせに皆んなを休ませてしまい、そのことについて何の疑いも持たせないほどのパワーのあるカーニバルですから、何でもアリ、なのかもしれません。
しかし、それも自然の前には無力でした。生憎の「寒の戻り」となり、おまけに「雨」です。そんな時にパレードなど見に行かなきゃいいのにと思うでしょうが、見に行った人たちは「金、返せ!!」とブーたれていた、というニュースでした。
[PR]
by mobulamobular | 2010-02-18 05:06 | ポルトガル文化 | Comments(2)
オーバーホール (4)
ピストン、およびバルブの到着を待つ間、他の作業を進めます。天候にも恵まれ、仕事は捗ります。
ターボチャージャーもきれいになりました。
d0113817_19331840.jpg

サーモスタットも新品に交換しました。
d0113817_1933516.jpg

ホースも新品です。
d0113817_19383254.jpg

一方、定置網船を上架している造船所です。
この定置網船は他船に比べて機関室内は広いスペースをとっていると思いますが、それでも時には窮屈な作業を強いられます。プロペラシャフトを抜くためにカップリング(推進軸軸継手)を外しているところです。
d0113817_21455683.jpg

これは結構きつい作業です。最終的にはバーナーで焼いて鉄を膨張させて抜きます。
d0113817_23243540.jpg

シャフトの後側の支面材に接していた箇所です。若干の傷がすじ状についています。このプロペラシャフト(推進軸)は高強度高耐食ステンレス鋼(析出硬化型マルテンサイト系)のTX208という材質のもので、「常識を超えたステンレス鋼」とメーカーさん(TW)は銘打っています。
d0113817_23221671.jpg

プロペラを外しました。幸い、目立った傷はありませんでしたので、作業場に持って行ってきれいに磨きあげます。
d0113817_23361247.jpg

シャフトを抜き取ります。全長約2m、123kgあります。
d0113817_23371991.jpg

前側の支面材に接した箇所です。やはり若干の虫食いのような傷があります。
d0113817_2339589.jpg

続いて、船尾管(スタンチューブ)です。この定置網船では軸封装置(シールスタン)を使っています。内部のダイヤフラム、シールリング、パッキン類を一式新品に交換します。
d0113817_23534989.jpg

シールスタンを外して、内側にある前側の支面材を削ぎ取ります。
d0113817_23553287.jpg

後側の支面材も削ぎ取ります。
d0113817_23571566.jpg

スタンチューブ内のゴミなどを取り除いた後に、新しい支面材を装着します。打ち込みます。
d0113817_00761.jpg

さて、再びシールスタンの部品交換です。新しいダイヤフラムが見えます。
d0113817_79927.jpg

蓋をします。
d0113817_0191575.jpg

清掃を終えたプロペラシャフトを挿入し、シールリングを取り付け、再びカップリングを取り付けます。
d0113817_0242650.jpg

ちょっと、ひと段落。フーッといった感じです。

続きは、次回にします。
[PR]
by mobulamobular | 2010-02-17 00:47 | 定置網船 | Comments(0)