<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
フィッシュ・アンド・チップス
ポルトガルのことではないのですが、あらためて「異文化」を感じさせられました。
d0113817_212524100.jpg

彼らが「フィッシュ・アンド・チップス好き」であることは以前からよく知っていました。幾度となく"本場"のフィッシュ・アンド・チップスを食べたこともあります。例えば、ポルトガルから日本に行く時、あるいは日本からポルトガルに戻ってくる時など、飛行機の都合で乗り継ぎが間に合わなくなり航空会社のアコモデーションでの夕飯となった時、街まで出る元気はなく、どうしようかなと下のバーまで降りてオーダーするフィッシュ・アンド・チップスです。「疲れ」のせいで今までそれを味わって食べたことはないのですが、職業柄、味よりもその白身魚の種類(とか学名)がどちらかというと気になるので、これも幾度となくウェーターさんに尋ねたのですが、いつも疑問を解明するまでには至りません。たぶん英名でしょうが、なんか聞いたことのない魚名なのです。

上の新聞記事、イギリスのフィッシュ・アンド・チップスについてのものです。なんかイギリスNo.1のフィッシュ・アンド・チップス店を選ぶイベントがあるそうです。当然魚名についての記述があるものと思い目を留めたのですが、「150年変わらぬロンドンのクラシックお持ち帰りご飯…」、「2009年の調査では国民の51%がフィッシュ・アンド・チップスには塩とビネガーが合うと答えた…、トマトケチャップは15%…」、「フィッシュ・アンド・チップスの人気は1927年にピークを迎え、イギリス国内に35,000もの店があったが、現在は11,500店…」、「今日では、接客や衛生状態も判定されるが、一番大切なのはフィッシュ・アンド・チップスのクオリティ…」、一向に魚の名前が出てこないと思っていたら、出ました。 "…shops are giving customers the opportunity to try different kinds of fish, such as pollack and coley, as a way of addressing sustainability." という訳で、"pollack"とか"coley"という魚だそうです。

早速、Fishbaseで検索してみると、それらは双方ともタラ科(Gadidae)の魚で、"Pollack"は、学名 Pollachius pollachius、ポルトガル名 Juliana、そして"Coley"の方は、学名 Pollachius virens、ポルトガル名 Escamudo でした。少し、すっきりしました。やはり、フィッシュ・アンド・チップスのフィッシュはタラ科の魚がメインのようです。ちなみにポルトガルで有名な"Bacalhau"の学名は Gadus morhua です。タラは種類が多くてすべての名前を憶えるのは難しいですが、食用として利用されているのは10数種類だけだそうです。

最後に、次のような記述もありました。 "buyers’ top tips to encourage responsible seafish sourcing. For example, the fish supplier needs to know the management stock from which the fish has been caught and use traceability systems (流通履歴確認システム) to assure the origin of the product. " これからもっと魚名も分かりやすくなるかもしれません。
それから、今度はいつになるか分かりませんが、次回フィッシュ・アンド・チップスを口にする時は、もっと味わって食べたいと思います。
[PR]
by mobulamobular | 2010-01-30 17:55 | ポルトガル文化 | Comments(4)
ムール貝
定置網の漁師たちはおおよそ1か月の休みを終え、作業を再開しています。
ここでは漁期終了後、網は抜きますがフレーム(側張り)は海に残します。ですから、休み中も最低でも週一の割合で沖の状況をチェックしに出かけます。問題がなければ、やはり一安心です。
d0113817_742599.jpg

そんな時に持って帰ってきた、定置網の浮子の下にいた付着生物です。
学名 Mytilus galloprovincialis、 英名 Mediterranean Mussel、 ポルトガル名 Mexilhão、 和名 ムラサキイガイ、またはムール貝です。
それを開いて中を見てみました。すると、ありました。もうかなりの量の卵です。写真の上部になります。
私見ですが、ここのムラサキイガイは成長が早いです。日本の2倍ほどのスピードで大きくなるのではないかと考えています。これからの春先に産卵し受精します。卵は浮遊卵で、潮に流され漂います。孵化した後はトロコフォア幼生、べりジャー幼生と変態します。この間は繊毛を使って水中を遊泳します。その後、殻長が0.25mmほどになった時、ペディベリジャー幼生(付着期幼生)に変態し、網やロープに付着します。それが4~5月ごろと思われます。この時、まだ付着したムール貝は小さすぎて目で確認することはできませんが、これが6月末~7月始めころ米粒大にまで成長すると、目で見ることができるようになります。ここからが早いです。放っておくと見る見るうちに成長し、10月~11月には殻長は4~5cmに達し、年明けには7~8cmの大きさにまでなってしまいます。

もう1種いると思われます。学名 Mytilus edulis、 英名 Common Mussel、 ポルトガル名  Mexilhão、 和名 ヨーロッパイガイ。
この種は基本的にはもっと北方に生息しているとなっていますが、昨今のグローバル時代にはどこに生息していてもおかしくありません。文献によるとヨーロッパイガイの産卵期は、ムラサキイガイが春先であるのに対し、夏から秋にかけてとなっています。現に定置網を見てみますと、今の時期にも探すと1~2cmの個体を見つけることができます。これが春先に産卵したムラサキイガイの子孫であるとすればずいぶんと成長が遅いことになりますので、別種であると考えています。しかし、いろいろな文献に目をとおしてみると、双方のイガイとも「多くの個体で年間を通じ産卵可能のコンディションであることが分かっているが、…」という条件が付いています。要するに、ムラサキイガイであれ、ヨーロッパイガイであれ、年中産卵する可能性があるということです。
d0113817_639798.jpg

何れにせよ、これが7月に大量に網に付着していることが確認されたら、さっさと網の交換作業を行うのがベターです。無理をするとあっという間に網をもってかれます(ムール貝の重さで網が沈んでしまう、ということです)。そうすると漁ができなくなります。また、ムール貝がベッタリ付着した網を引き揚げる作業は、ヘタをすると2次災害の可能性が出てきます。
ムール貝はグルメの間では人気の食材ですので、いろいろなところで養殖も行われています。ここアルガルベでもムール貝の養殖プロジェクトの話が進んでいます。どんな事業も同様ですが、実際やるとなるとそれなりの困難が伴います。前述のとおり、ここのムール貝は成長が早いのですが、養殖となると放ったらかしにはできず、世話が必要です。要はそれができるかどうかです。
ムール貝は定置網のみならず、真珠やカキ養殖にも時に多大な被害を与えます。また、海水を利用している発電所、海に設置してある各種観測機器や船の航海に必要な標識灯などにも被害が及びます。
ヨーロッパ発、世界最強の汚損生物の1種です。









______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-01-26 00:55 | 定置網 | Comments(2)
IPCC
ちょっと、出鱈目だったということらしいです。 
d0113817_045325.jpg

新聞記事の内容は、[IPCC (Intergovernmental Panel on Climate Change = 気候変動に関する政府間パネル) が2007年の「第4次評価報告書」の中で、「気候変動によってヒマラヤの氷河が2035年までにほとんど溶けてしまう」と警告したことを撤回するであろう]、といった感じです。
IPCCとは「人為起源による気候変化、影響、適応及び緩和方策に関し、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行うことを目的として、1988 年に世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)により設立された組織である」そうです。IPCCの肩を持つ訳ではありませんが、ミスはほんの小さなことです。ちょっと「地球温暖化」に懐疑的なグループらのあげあしとりのような気もします。が、この「アカデミック集団」は昨年暮れのCOP15(第15回国連気候変動枠組み条約締約国会議)での会議の紛糾具合からも分かるように世界各国のこれからの未来にとても強い影響力を与える立場にあるのですから、このコントラバーシャルな問題に対し、このような安易な方法でレポートを作成すること自体に問題がありそうです。
d0113817_17182227.jpg

インド人科学者との電話によるショートインタビューを"New Scientist"という科学雑誌が記事としたことが発端となり、これをWWF(世界自然保護基金-World Wide Fund for Nature)も自らの報告書に引用したことから、いたずらにに信憑性を増し、IPCCも使ってしまったそうです。IPCCの報告書作成には世界中の優秀な科学者1000人が携わっており、そのほとんどの人たちが真剣に地球の未来のことを考え日夜調査に明け暮れているのでしょうが、こういったごく一部であろういい加減な輩のためその信頼性はことごとく揺らぎつつあります。なんとも嘆かわしい限りです。エリートであるならば、エリートとしての自覚をしっかりと持たなければダメだと思います。
d0113817_17353997.jpg

ワシントンでは「2000年から2009年までが今までで一番気温の高い10年間であった」とのレポートがありました。確かに「地球温暖化」は進んでいる様子です。原因はというと、それはなかなか知るのは難しいのではないでしょうか。世界の中心は「太陽」です。太陽は地球に熱(エネルギー)を与えてくれます。このエネルギーによって地球上の大気は循環し、水が循環します。地球上のすべての生物はこの恩恵にあずかっています。この太陽の活動、および地球との関係には「地球は1年で太陽の周りを1周する」といったような「周期」が数多く存在していることが知られています。中には何十億年周期のものや、例えば「氷河期」は10万年周期、太陽黒点数が11年周期で増減を繰り返している、などがあります。「気候変動」というものは、こういったいろいろな周期のとても複雑な絡み合いによっても惹き起こされているとも考えられています。スーパーコンピューターの世界です。
しかし、これはNASAなどが発表した見解ですが、こうなると「地球温暖化」は「人為起源」とは言えず、よってIPCCの出る幕ではない、と人々に思わせるためのものではないかと「地球温暖化懐疑論者」のことを懐疑的に見てしまいます。
d0113817_19113639.jpg

話を元に戻しますが、IPCCの問題は上記のレポートによって、アメリカ元副大統領アル・ゴアとともに「ノーベル平和賞」を受賞したところにもあります。

なんだかいろいろなことが見え隠れしています。なんだかへんというか、メチャクチャというか。でもこれもまた、このままウダウダ行くのでしょう。

お詫びと訂正(by IPCC)
[PR]
by mobulamobular | 2010-01-22 06:39 | 気象 | Comments(0)
ポルトガルの経済発展の妨げ
世界経済のエントロピーが増大する中ですが、一応経済先進国と言われている国から来た人たちには、ポルトガルが恰も無秩序的社会であり、あるいは組織であるが如く思われるかもしれませんが、それは致し方ないことです。
しかし、一方、ポルトガルである程度の期間生活をし、人との付き合いを進めていくと、懐かしい何か、遠い昔の何か、忘れ去られようとしている何かを感じ始め、この点については大いに好意を持つことになります。ですから、誰も長期低迷をしているポルトガル経済に対し、批判一辺倒の姿勢を貫くことができないでいるのではないでしょうか。
d0113817_012579.jpg

ドン臭いイメージは否めません。しかし、この国に少しでも好意をもつと、そのドン臭いイメージさえもプラス要素として作用します。ここの人たちは「楽が一番」と考えます。面倒くさいこと、ましてや「苦」や「忍」や「耐」が伴うものは極力嫌います。そのためにはお互い許し合うことが大切です。相手にも自分にも決してプレッシャーをかけない、ちょっとした誤りは水に流す、責任はとらないとらせない、生物のシステムがそうであるように社会のヒエラルキーには文句は言わず従順でいる、個人の利益が最優先、等々、皆で「楽」をするにはそれなりのコンセンサスが存在します。競争を嫌い、チームプレーに徹するといった意識も薄いです。これでよくサッカーが強いと思われるかもしれませんが、これが今一歩のところで大舞台で勝てない理由と考えます。しかし、皆んな自国のサッカーには満足しています。
以上のような実情からここの人たちが経済の重要性は理解しつつも、できることなら世界経済とは不即不離の関係でいたいと考えているのではと思っています。

「じゃ、ポルトガル人は怠け者」、とちょっと飛躍して思われるかもしれませんが、それはそう思う人の凝り固まった価値観のせい、あるいは歴史観に誤りがあるからです。怠けてはいません。皆、ここでの生活には一所懸命です。
d0113817_21243351.jpg

「こんなポルトガルでも自分はやっていけると思う人、手を挙げて~」と聞かれたら何人が手を挙げることができるでしょうか。たぶん、ごく少数の人に限られるのではないかと思います。
では、「こんなポルトガルに住んでみたい人、手を挙げて」ならば、たくさんの人が手を挙げるのではないでしょうか。

前述のコンセンサスが作り出す社会には経済以外にもいろいろな問題をはらんでいるのも事実ですが、最終的には優しくて温かい人も育んでいます。これらの人々のコミュニティーでは訳の分からない殺人や自殺、学校でのいじめ、暴力などといった深刻な社会問題は圧倒的に少なく、だから生活が「楽」なのです。これを「平和」(ポルトガル名、PAZ)と置き換えることができるのではないでしょうか。

図らずも経済先進国の間では「苦労はいつか報われる」といった格言も地に堕ちた感がある中、これって、「国の発展の妨げ」なのかを考えています。
[PR]
by mobulamobular | 2010-01-19 02:20 | ポルトガル経済 | Comments(4)
12月の雨
もともと12月の降水量がアルガルベでは1年で一番多いのですが、昨年12月は全国的に記録的な大雨となったようです。
d0113817_2113094.jpg

過去30年間(1971-2000)の平均の2倍ほど降ったそうです。ある新聞記事の見出しは「今世紀最大降雨量」とありましたが、まだ10年目ですし、ちょっと大袈裟な感じです。上の記事では「雨・風が国を吹っ飛ばす」となっていますが、これもちょっと的得た表現とは言い難いようです。しかし、「乾いた大地」にはこれほど衝撃的な雨の量だったのしょう。それはよく理解できます。
では、実際どの程度の雨が降ったかというと、「東京の梅雨時」ほどです。この降雨量が「アルガルベの一番雨が降る月の平均の2倍」ということになります。ちなみに東京で一番降雨量が多い月は6月(梅雨時)ではなく、9月だそうです。
[PR]
by mobulamobular | 2010-01-15 02:28 | 気象 | Comments(0)
5€のチケット
昨年暮れに20歳そこそこの若い漁師からキャプテン(漁労長)のところに急の電話があったそうです。
「ロンドンに行くのだが、問題はないか」といったような内容だったそうです。今は皆が休暇中でプライベートな時間に何をしようがこちらの関知するところではないのですが、とりあえずの連絡と断りを入れたかったのだと思います。聞いたキャプテンも通常の漁師の行動様式とは異なる内容に、一応「おぅ」と返答はしたのですが、ずいぶんと羽振りのよい話だな、と思ったようです。なぞ解きはこんなところにありました。
d0113817_18255849.jpg

今話題のライアン・エアです。アイルランドの格安航空会社です。なんとファロ-ロンドンが片道たった5ユーロ(約650円)だそうです。この航空会社は破格の安チケットの他にいろいろなユニークな企画が話題となっています。どこかの倒れかけてる航空会社とは大違いに元気です。中には客室乗務員による水着でのチャリティー・カレンダーなどがありますが、ウチの若い漁師はまさかそれを見て実際のキャビンアテンダントが水着姿で仕事をしていると勘違いしたのではないか、とか一瞬脳裏にうかびました。
d0113817_1945586.jpg

何れにせよ、見聞を広めることはよいことです。若い子たちにはなおさらです。












______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-01-10 20:45 | 定置網 | Comments(4)
刺し網漁
定置網再開はまだまだです。
2010年になっても昨年末からの時化続きだったのですが、ようやく漁ができた様子です。地元の刺し網漁です。とは言え、冬場の海は水温も下がり、魚も散ってしまいますので、比較的水温の安定したRia Formosa内での漁です。しかしその割には"mais ou menos(まぁまぁ)"だったみたいです。
d0113817_21395130.jpg

ちょっと覗いてみたところ、けっこうな種類の魚がいました。
ヨーロッパスズキユーラシア大陸スズキFERREIRAメジナモドキアフリカチヌヨーロッパヘダイサルモネッテトンガリ・サルゴコルビナ等々、食べてみたい魚ばかりでした。
d0113817_2320987.jpg

2009年は彼らにとってあまりよい年ではなかったようですので、今年は何とか巻き返しを図ってもらいたいものです。
d0113817_23314435.jpg

刺し網漁の魚を見ている時、巻き網船も帰ってきました。イワシとサバでほぼ満船です。「値が安い」ことも問題ですが、まずは量をとることが大切です。

今年も海が何を与えてくれるのか、早くも楽しみです。
[PR]
by mobulamobular | 2010-01-08 01:25 | | Comments(2)
最低賃金法
ポルトガル名 salário mínimo nacional 。国で定められた労働者の最低賃金法です。毎年暮れになると政府から来年度の金額が発表になります。2010年は昨年より25ユーロ上がって月額475ユーロになるそうです。しかし、この世界的不況下で会社の経営者サイドからはかなりの反対意見があった様子ですが、ここの政府はいつでも労働者の味方です。逆に、この法律が1974年に制定されてから毎年この額は上がってきましたが、インフレなどの影響で実質の価値は下がっていると、この増額にも満足していない意見も多い様子です。
d0113817_6373011.jpg

ポルトガルは基本的に年間11か月労働で、サラリーは14カ月分支払われます。ようするに誰でもみんな毎年1カ月の有給休暇を取得する権利が保障されています。その間のサラリーも当然支給されますし、プラス「休暇手当」、「クリスマス手当」として各1カ月分支給される訳です。しかし、これは「一般的な労働者」に対してであって、漁師はこれに含まれません。何故だかは分かりませんが、別の法律が用意されています。このような労働基準・規則は当局の人間にさえ何が何だか分からなくなるくらい、かなり細分化されており、運用する側にとっては疑問点、矛盾点が多いのも事実です。
d0113817_9161315.jpg

漁師のサラリーは一般的に基本給と歩合金(奨励金)とで成り立っています。これは日本においても同様だと思いますが、その比率については様々です。ここでは大方、漁法によってそのシステムと金額に違いがあります。例えば、イワシなどの巻き網船では上記の最低賃金を基本給とし、それに漁による歩合金を上乗せしています。ですから漁のない時少ない時などは、ちょっと不安な金額になってしまいます。一方、定置網では前述のように漁師の賃金体制が一般のものとは異なる中、できるだけ「丘寄り」のサラリーシステム路線をとっています。当然歩合金は存在しますが、それをあえて「生産割増金」と位置付け率は低く抑えています。その分、基本給を高く設定し、漁のあるなしにあまり左右されることなく安定的なサラリーを受給できるようにしています。
d0113817_9165020.jpg

さて、日本では各都道府県ごとに最低賃金が定めれれていますが、時間給となっていますので、月給ベースで考えた場合、あまりピンときません。その点、こちらのものは月給額そのものですから、それ自体に強いインパクトがあります。しかし、数字がはっきりし過ぎていて逃げ場がないというか、本来、その国の経済発展を目的とする法律でありながら、雇い主サイドに「この金額さえ払っていればいいや」的な安易な事業ポリシーを持たせている節があります。いっそのことない方が、より健全なサラリーシステムになるのではないかと思ってしまいます。
[PR]
by mobulamobular | 2010-01-06 01:45 | ポルトガル経済 | Comments(0)
SUPER BOM ANO PARA VÓS E NÓS
d0113817_2204467.jpg

[PR]
by mobulamobular | 2010-01-02 22:20 | 定置網 | Comments(2)