<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ヨーロッパマダイ
今まで何度も登場していますが、一度単独で載せておこうと思ってました。
d0113817_22455859.jpg

学名 Pagrus pagrus、 英名 Common Seabream、 ポルトガル名 Pargo legitimo、和名 ヨーロッパマダイ です。
日本の「マダイ」は学名"Pagrus major"で異なります。「メジャーリーグ(大リーグ)」の様に、"major"とはラテン語で「大きい」という意味ですから、日本のマダイはで時に1m以上に成長する、文字通りの「大型魚」です。一方、ヨーロッパマダイは大きくても70~80cm止まりで、30~35cmの個体を一番多く見ることができます。英名、ポルトガル名からも分かるように、西洋から見ればヨーロッパマダイが「普通のタイ」ということになります。
d0113817_22472540.jpg

マダイと言えば「赤い魚」の代表格ですが、このヨーロッパマダイは「赤」というよりは「ピンク色」が基調です。沖での獲れたて時には「赤いな」と感じる場合もありますが、そんな個体でも時期にピンク色へと色が抜けていきます。一方、日本のマダイは英名でも"Red seabream"と言うだけあって、「赤」がとても鮮やかです。見ているだけでとても「おめでたい」雰囲気になります。やはり優勝力士には日本のマダイが一番お似合いです。
d0113817_22581261.jpg

日本のマダイは尾鰭の後縁が黒いですが、ヨーロッパマダイのそれは白いです。
話は変わりますが、日本ではマダイの養殖が盛んに行われていますが、ここではヨーロッパマダイの養殖は技術的に難しい点があるのかは知りませんが行われていません。かといって「人気種」ではないのかと言うとそんなことはなく、美味で人気があります。市場でも高値で取引されています。一般的なスーパー等では漁獲量が少ないこともあってあまりお目にかかることはありません。でもなぜか養殖はしません。日本ではもう何十年も前からもう一歩踏み込んで「栽培漁業」と銘打って養殖魚の稚魚を海に放流し、その資源量および漁獲量の飛躍的な伸びを実現させています。このことによって日本では漁業者のみならず、遊魚を楽しむ人たちもおおいに恩恵を受けています。「やればいいのに」と無責任に思うのですが、日本の場合はマダイ養殖や放流事業による「自然界のマダイ」に対する弊害も耳にしますので、ここは何もせずで、いつまでも「普通のマダイ」を楽しむのがよいのかもしれません。
まったく、この国らしい時の流れを感じます。















______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2009-06-30 01:08 | | Comments(0)
Lagocephalus lagocephalus lagocephalus
2度目の登場です。前回はおおよそ2年前(フグ)でした。
d0113817_22135978.jpg

学名 Lagocephalus lagocephalus lagocephalus、 英名 Oceanic puffer、 ポルトガル名 Peixe balão oceânico、 和名 ありません。
フグ科(Tetraodontidae)のサバフグ属の1種です。種名の後に再び"lagocephalus"と記載されているのは、この種に亜種が存在するためです。
d0113817_22411334.jpg

しかし、どことなく2年前の個体とは異なります。まず、2年前の個体は体の側面に斑点模様はありませんでしたが、今回のものにはあります。ましてや眼と胸鰭の間にきれいに三角形の斑点があります。それに色も違いますし、顎下の腹部の膨らみ具合もちょっと異なります。
d0113817_231132.jpg

胸鰭の下部が白い、尾鰭は上より下の方が長い、背面に小棘はなく腹面にある、等メインな検索部位はそれに該当します。
d0113817_15452028.jpg

亜種ですが、日本近海にいる"Lagocephalus lagocephalus oceanicus" (和名:クマサカフグ)です。こちらの方をネット検索してみますと、今回の個体にそっくりです。違いは遺伝子レベルなのでしょうか、とにかく双方を比較する情報不足で、「大西洋にいたからL.l.lagocephalus」、もしくは「"Lagocephalus lagocephalus spp."と表記するのが無難」というのが今回の結論です。
[PR]
by mobulamobular | 2009-06-21 16:02 | | Comments(0)
曇天、凪
今年も"Corpo de Deus"はお休みでした。そして、今年は6月10日の"Feriado National"(ポルトガルの日)との連休でした。週の半ばに2連休ですので、この週は全国的に"ゴールデンウィーク"気分となってしまいました。
d0113817_18332151.jpg

今まで低めだった気温もこの週からグッと上昇し一気に真夏日となったため、皆の気分は一層高まりました。その反動での「曇天、凪」です。
アフリカから熱い湿った空気が入って来て気温を上げますが、まだ上空には冷たい空気が残っており、ここらで双方がせめぎ合いを繰り広げ、雲を残して、時にはポツっと雨を落として一旦休戦になります。今の時期はこんな感じの天気が何度となく繰り返されます。ですから、気温は「真夏日」となっても実際の「真夏」はまだちょっと先になります。
さて、水温も今年初めて表層で20℃を記録しましたので皆の気持ちが"PRAIA"に向きます。ここの人たちは老若男女を問わず皆一様に海岸が大好きです。「泳ぎに行く」というのとは少し違います。ビーチでゴロっとなって親しい仲間と食っちゃべって過ごします。そして日焼けをします。この日焼けこそが「休暇を過ごした」という証なのです。だから「日焼けはカッコイイ」のです。
d0113817_2323922.jpg

d0113817_233088.jpg

漁師も例外ではありません。「おまえら一年中海に行って日焼けしているんだから今さら海水浴など必要ないだろ」と思いますが、PRAIAでの日焼けは別物のようです。漁師はいつも沖に出る際楽しそうな人びとで沸きかえる、また時にはトップレスのおねえさんが寝そべっている浜の横を通って行きます。ですから、この「夏の誘惑」から漁師を「守る」のにはしばしば骨の折れる時があります。根っからの「優しい性格」からか「誘惑」にはめっぽう弱い彼らにはデジタル化が進む現代では、時にルーズな印象を受けることがありますが、決してそんなんではなく、ただ単に「天然もの」の気まぐれさがそうさせているんだと思っています。「養殖もの」にはなかなか理解に苦しみます。
d0113817_19251288.jpg

日焼けと言えば、後のスキンケアが気になるところですが、「肌」に関する感覚も異なります。「キリスト教では悪魔の化身とされるドラゴンのイレズミを入れ威厳を示すことによって逆に仲間から好かれようとする、ちょっと粋なアイディアだな」と思いきや、ただ単に「カッコイイから」だそうです。「養殖もの」は考え過ぎる傾向があります。
[PR]
by mobulamobular | 2009-06-18 00:57 | 定置網 | Comments(0)
サスペンダー
「アカタチ」とか「アカタチウオ」とかいうと思います。しかし、"タチウオ(タチウオ科)"とは異なり、れっきとしたアカタチ科(Cepolidae)の魚です。
d0113817_0275912.jpg

学名 Cepola rubescens、 英名 Red bandfish、 ポルトガル名 Suspensório、 和名 ありません。
「赤帯」という英名同様、ポルトガル人もこれを「ズボンのサスペンダーみたいな魚」と考えたようです。しかし、漁師には見慣れた魚ですが、市場ではあまり見ることはないと思います。前述のとおり、この魚は「アカタチ」もしくは「アカタチウオ」ですが、厳密にいえば日本のもの(Acanthocepola krusensternii )とは異なりますので、この種の和名はありません。たぶん「ヨーロッパ~」とか「ニシ~」とかになるのかもしれません。学名ですがFishbase等では上記のものは"Cepola macrophthalma"のシノニムになっていますが、ここでは"FNEAM"の記述に従います。
d0113817_1955761.jpg

このアップから深海魚のようなイカツイ顔をしているのが分かりますが、臆病な性分でいつも海底に穴を掘っては、そこに隠れて暮らしているようです。全長70cmほどになるそうですが、この個体は30cmの小さなものでした。








______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2009-06-14 05:55 | | Comments(0)
カンパチ(Seriola dumerili)
定置網に入った個体です。今回は「ふつうのカンパチ」です。"Seriola rivoliana"を参照ください。
d0113817_16132110.jpg

学名 Seriola dumerili、 英名 Greater amberjack、 ポルトガル名 Charuteiro (Peixe-azeite / Lírio)、 和名 カンパチ です。
全長 106cm、 体重 13.2kg でした。 ポルトガル本土ではめったに市場に水揚げされることはないので、ポルトガル名もヒレナガカンパチ(Seriola rivoliana)と区別されることはないようです。強いて言えば、"Charuteiro-catarino"となりますが、はたして幾人がそれと認識できるかは甚だ疑問です。
d0113817_16315774.jpg

世界中の暖かい海で泳いでいます。「カンパチ」と言えば顔が特徴的ですが、日本近海のものと比べてどうでしょうか。若干ノンビリした感じが出ているでしょうか。
d0113817_1656925.jpg

よくカンパチの「尾鰭の下葉先端は白い」という記述を目にしますが、これは白くありません。しかし、このサイズにまでなれば間違いなくカンパチだと思います。ちなみにこの個体の鰓杷数は「12」でした。
[PR]
by mobulamobular | 2009-06-11 16:33 | | Comments(0)
卵嚢
写真は定置の箱網に産み付けられたヨーロッパヤリイカの卵嚢です。
d0113817_015894.jpg

漁師にとってはある種の戦いの場である定置網も、普段はこういう場所であるとも言えます。
安全だから、外敵から身を守りやすいから、孵化した子らへの食べ物がたくさんあるから、そう考えて親はそこに産卵したものと思われます。
定置網はこのように魚には魚礁として認知されています。ですから、イカのみならずたくさんの稚魚も見ることができます。たくさんの小魚がいるからそれらに興味をもって大きな魚も集まって来ます。簡単に言うと、これが定置網の漁のシステムです。
[PR]
by mobulamobular | 2009-06-09 15:49 | 定置網 | Comments(0)
空飛ぶガンギエイ
これもドイツに行く予定です。
d0113817_1755561.jpg

d0113817_1761983.jpg

d0113817_1763849.jpg

普段はあまり定置網には入らないのですが、今年はどういう訳かたくさん入っています。
学名 Raja(Raja) undulata、 英名 Undulate ray、 ポルトガル名 Raia curva、 和名 "波"ガンギエイ  でした。
この種の過去の記事を参照してください。[12]










______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2009-06-07 05:35 | 活魚 | Comments(0)
最近の魚から
ちょうど2枚入りましたので写真を撮りました。「ブツブツ」がある奴と、ない奴です。
d0113817_161225100.jpg

左が「ヒラメ」で登場した 学名 Scophthalmus rhombus、 英名 Brill、 ポルトガル名 Rodovalho です。「ブツブツ」がありません。
d0113817_16155873.jpg

そして、右が「多宝魚」で登場した 学名 Psetta maxima、 英名 Turbot、 ポルトガル名 Pregado、 和名 イシビラメ です。体表に「ブツブツ」があります。
d0113817_16183587.jpg

双方とも眼には「瞬膜」らしきものが"ぶら下がって"いるようですが、この手の海底にベッタリへばりついて棲んでいる魚たちはガンギエイ類[1234]も同様に、まき上がった砂や異物から眼を保護するためにこんな風になっているのでしょうか。

マダイも入っています。
d0113817_164123.jpg

マグロの「随伴魚」として大いに注目されるトビウオもたくさんいました。
d0113817_16443567.jpg

[PR]
by mobulamobular | 2009-06-05 01:22 | | Comments(1)
ドラッグ
活魚の分野においては依然として大物の動きはありませんが、小物たちはそこそこ動いています。(前回の活魚についての記事参照)
そんな中、近々ドイツの水族館にいろいろな魚を送ることになりましたので、只今そのための準備中です。
まずは、サバです。活サバは今までもリスボンやスペイン・バレンシアの水族館などに何度となく送っていますので、勝手の知れた種なのですが、今回は空輸となり予想輸送時間がトータルで18時間と今までにない長旅になりそうなので、多少工夫を凝らす必要があります。そこでファロ大学と相談をし、模擬輸送(Mock transport)を行うことになりました。
d0113817_1233588.jpg

上の写真、左端にいるのが今回のテストに協力してくれたファロ大学学生の"マリア"です。男勝りで活発な女子大生です。
そして今回のテーマですが、「タンクを2つ用意し、同じ条件で同数のサバを入れ、一つには『薬品』を入れ、もうひつは『薬品なし』で、18時間の模擬輸送中の水質の変化と魚の動向を調べ本番への参考とする」といった感じです。
d0113817_13824100.jpg

英名 Drug、 ポルトガル名 Droga、 和名 薬品、薬物 です。 商品名は"AmQuel"です。アンモニア除去剤です。
魚は体内のアンモニアを人間のように尿素にして排出するのではなく、そのまま水中に出してしまいます。広い海ではそれでも問題はないのですが、閉鎖的環境(例えば、輸送用タンク内)では毒性の強いアンモニアの濃度が上昇し、水質を悪化させ、それによって魚の長時間の生存が難しくなってしまいます。このため、アンモニアを除去しなければなりません。
活魚水槽内のアンモニアを除去するには特殊なフィルターを使ってろ過する方法などいろいろありますが、欧米ではこの"AmQuel"が広く使われており、「信奉者」が多いのも事実です。薬品を水に溶かすだけで簡単に使うことができます。要は薬品量と水量とバイオマス(魚)と時間との関係を正確に把握することです。
d0113817_15275751.jpg

こういったデータをもとに彼女はレポートを作成し大学に提出します。また、そのレポートは実際の現場では即時に役立ちます。こういった関係や機会を今後も多く持つことが大切です。

そして18時間の模擬輸送は無事終了しました。結果は双方とも死んだサバはいませんでした。薬品を投与しなかった方のタンクでは最終的にアンモニア(NH3)が3.15mg/Lまで上昇しましたが、サバは耐えました。この後、データをよく分析し、来るべき実際の輸送時にどのくらいの"AmQuel"を使えばよいか検討していきます。
d0113817_15463734.jpg

この子も同様の方法で行きます。
[PR]
by mobulamobular | 2009-06-03 00:18 | 活魚 | Comments(0)