<   2007年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Diplodus4兄弟
タイ科(Sparidae)のディプロダス属の4種のご紹介です。いずれも日本にはいません。
ポルトガル名ではこの属の魚はすべて "SARGO(サルゴ) ~" と呼ばれています。まずはそれらの兄貴格となる、この属を代表する一種です。
学名 Diplodus sargus、 英名 White sea bream、 ポルトガル名 SARGO LEGITIMO、 和名 サルゴ です。
ポルトガル名の "LEGITIMO" というのは、 まさに「本物、正真正銘」という意味です。
d0113817_19161091.jpg

次は、これも印象に残る一尾です。以前にタイ4姉妹に出てきた "BICA" も「尖り」という意味でしたが、この魚も同じようにトンガッテいますので名づけて「トンガリ・サルゴ」ということになります。
学名 Diplodus puntazzo、 英名 Sharpsnout sea bream、 ポルトガル名 SARGO BICUDO、 正式和名はないと思います。
d0113817_1916529.jpg

続いて、サルゴの中では一番漁獲量も多く、最も庶民的な一種です。それもそのはず、学名においても「大衆のディプロダス」となっています。
学名 Diplodus vulgaris、 英名 Common two-banded sea bream、 ポルトガル名 SARGO SAFIA (MUCHARRA)、和名 アフリカチヌ です。ポルトガル名の"SAFIA"とは「粗野な」という意味で、まさに「かわいさ余って憎さ百倍」的に皆に愛されている証拠です。和名はこの魚の特徴をとらえているとは思えませんが、日本にはおらず、遠く離れたところの魚であることから「アフリカ」、クロダイに似ているので「チヌ」と思って名づけたのでしょうか。もう少し、考えてもらいたいところですね。
d0113817_19172465.jpg

最後に、この4種の中では最もまれな魚で、一見他の3種とは異なった形状に思われますが、これもDiplodusの一種です。
学名 Diplodus annularis、英名 Annular sea bream、 ポルトガル名 SARGO ALCORRAZ、 和名はありません。
尾鰭基部の黒帯を指しているのでしょうか、英名では学名同様、金環食(Annular eclipse)でおなじみの形容詞が付いて"Annular(環状の)sea bream(タイ)"となっています。また、4種を見比べてみると、この種のみ若干、金色にも見えます。
d0113817_19175384.jpg
















______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-30 14:50 | | Comments(0)
豚魚
二度目の登場となりますが、ポルトガル名 PEIXE PORCO(豚魚)です。きっと、最初にこの魚を見た時、ポルトガル人は「豚に似ている」と思ったのでしょう。
d0113817_18581.jpg

学名 Balistes capriscus、 英名 Grey triggerfish、 和名 ネズミモンガラ です。
最初にこの魚を見た時に日本人は「ネズミに似ている」と思ったのでしょうか。
d0113817_1271493.jpg

最初にこの魚を見たのがイギリス人かアメリカ人かは分かりまりませんが、「引き金に似ている」と思ったのでしょうね。

この魚は時期になると定置網の浮子(アバ)に付いているイガイやフジツボなどの付着生物を食べに来て、日中はそれらの影に潜んでいます。好奇心旺盛な魚で、手鉤の先で誘うと近づいて来ます。慣れた漁師はその瞬間タモ網でこの魚をすくい取り、万事休す。
d0113817_145292.jpg

かなり鋭い歯の持ち主で、網なども食い破るほどです。









______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-29 01:06 | | Comments(0)
メナダ
もちろんボラ科の魚ですが、「ドドのつまり」のボラではありません。

d0113817_23415330.jpg


学名 Chelon labrosus、英名 Thicklip grey mullet、ポルトガル名 TAINHA LIÇA(タイーニャ・リサ)、和名はメナダですが、もちろん大西洋のものですので、若干日本のものとは異なると思います。

d0113817_045118.jpg


d0113817_094188.jpg


ボラとは違い、眼には脂瞼の発達は見られません。また、ボラ科の魚の特徴で、第1背鰭が「扇子」のように開閉します。種の進化の過程でこのようになったのかは分かりませんが、なんともユニークな構造です。
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-28 13:44 | | Comments(0)
定置網
d0113817_19503934.jpg定置網は魚が来そうなところに網を仕掛けて獲る漁法で、魚を探してあちらこちら行く手間がなく、考え方としては最もシンプルな漁業です。一言でいえば、「待ちの漁業」です。明けても暮れてもただひたすら魚が来るのを待ちます。天候が良くなるのを待ちます。早い潮流がおさまり、ゆるやかになるのを待ちます。ですから、とかく世間からは「消極的漁法」と蔑まされることもありますが、そう思うことは定置網漁業を本当は理解していない証拠ということになる、と思います。しかし、待つのはたいへんです。魚が思うように来ない時などは、イライラもしますし、気分も晴れません。魚が順調に入網している時はすべてを忘れて、漁を楽しむことができます。



魚を獲る準備は人間がします。次に網が魚を呼び込みます。あとは魚次第、自然次第です。



無理はしません、できません。
決して一線は越えません。
人間は沖合い数キロのところに設置してある定置網までです。そこから先は行きません。
そこから先は彼らの領域です。
だから、海のことが想像できるのです。












______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-27 15:00 | 定置網 | Comments(0)
蜘蛛魚
不気味な名前ですが、案の定、第1背鰭の棘(きょく)に猛毒があります。間違って指にでも刺したら、腕全体が腫上がるほどのパワーです。この毒は死んでも有効ですので、魚屋さんで見つけた時、あるいは家で料理をする時なども注意が必要です。でも、ご安心を。日本にはこの魚はいません。

d0113817_16575156.jpg


学名 Trachinus draco、 英名 Greater weever、 ポルトガル名 Peixe aranha、和名は分かりませんが、たぶんありません。
タイトルの「蜘蛛魚」というのは、ポルトガル名の直訳です。Peixe=魚、aranha=蜘蛛 です。

d0113817_1794074.jpg


スズキ目(Perciformes) の Trachinidae科の魚です。これを「トラキヌス科」と呼んだりすると「トラギス」の仲間と勘違いされることもあります。英名で"~weever"と付けば、この科の魚で、皆同様に毒棘がありますので気をつけましょう。トラギスはweeverではありませんので、毒棘はありません。
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-26 13:58 | | Comments(0)
ままかり
ニシン科(Clupeidae)の魚で、日本の「サッパの仲間」です。
d0113817_1523588.jpg

お隣りのスペインでは"Alacha"と呼び、よく漁獲されているようですが、ここではあまり見かけません。
学名 Sardinella aurita、 英名 Round sardinella、 ポルトガル名 Sardinela lombuda です。
年に数度、特に5~6月ごろ急激に水温が下がった時などにまとまって定置網に入ることがありますが、現地では小骨が多いことや食べ慣れていないことなどの理由で食用にはなりません。私見ですが、イワシをあれだけたくさん食する人たちなので、この魚を口にしないわけは、たぶん後者の理由によるところが大きいと思います。
d0113817_15424789.jpg
この魚もアジ、ボラ同様、眼の膜、脂瞼(しけん)が発達しています。









ちなみに、ここのイワシはこんな感じです。日本のものに比べ、イワシの特徴である側面の黒点があまり目立たず、全体的に中葉以下のものが多いように思います。
d0113817_15545041.jpg

学名 Sardina pilchardus、 英名 European pilchard(sardine)、 ポルトガル名 Sardinha(サルディーニャ) です。

このサッパでも岡山県名産・「ままかり鮨」を作ることができるのでしょうか。一度食べてみたいものです。













______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-24 14:59 | | Comments(0)
若カンパチ
小カンパチも少し大きくなりましたが、まだ成魚とまではなっていません。 とは言っても、この魚は当然別の個体です。
d0113817_20584919.jpg

小さい時にあった横縞はすっかり消え、全体的に綺麗な濃いオリーブ色になっています。 と言うことで、今回は尾鰭下葉先端が白くないこと、
尻鰭が長いこと、体高があり、体に丸みがあること等を判断基準として「小カンパチ」同様、学名 Seriola rivoliana、 英名 Almaco jack、
ポルトガル名 Charuteiro(Peixe azeite)、 和名 ヒレナガカンパチ とします。
d0113817_2244426.jpg

問題は背鰭なのですが、この個体は不運にも漁獲時に背鰭に損傷を受けており、先端が確認できませんでした。
ヒレナガカンパチは成長するににつれて背鰭、尻鰭の先端が伸び、カンパチとの違いが明確になってくることから、仮に背鰭に損傷がなくとも、
その違いを見分けるのは難しかったかもしれません。
d0113817_2221136.jpg

この後、成魚が入網してくれれば、言うことないのですが。
楽しみにして待ちたいと思います。
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-23 13:59 | | Comments(0)
シビレエイ
時に写真撮影のため、活魚を使うことがあります。当然、水から出したらすぐに弱ってしまうような魚では行いません。この魚は写真を撮る間、じっとトレーの中で我慢してくれました。
学名 Torpedo marmorata、 英名 Marbled electric ray、 ポルトガル名 TREMELGA-MARMOREADA、 和名は正確なものは分かりません。

d0113817_1722147.jpg


腹側も撮りたいので、ひっくり返して暫し辛抱。

d0113817_1761388.jpg


その時、このオスのシビレエイ君が突然怒りだしました。

d0113817_1710658.jpg


「早く、水に戻せ~」。
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-21 15:18 | サメ・エイ | Comments(1)
The pupil
「タイ六女」といきたいところですが。
d0113817_0263042.jpg

タイ4姉妹で登場したニシキダイおよびアサヒダイの「実の姉妹」で学名 Pagellus acarne、英名 Axillary sea bream 、ポルトガル名 Besugo、和名は上記2種のような「華麗」な名は付けられず、一般的に「ベスーゴ」と呼ばれているようです。これはポルトガルを始め、スペイン、フランス等でこの魚はとてもポピュラーな魚であるため、観光で訪れた日本人も食する機会が多いことから馴染みがあるからではないでしょうか。

d0113817_19593016.jpg

続いて、学名 Conger conger、 英名 Conger eel、 ポルトガル名 CONGRO あるいはSAFIO、 和名はクロアナゴです。
日本では通常50~60cmのサイズのものを連想しますが、こちらでは巨大なものが多く、この個体も2m近い大物でした。これも現地レストランでは定番の人気魚種です。

d0113817_20215138.jpg

つぶらなひとみがかわいらしく思いますが、これは眼が脂瞼(しけん)という透明な膜で覆われているからです。魚は通常、瞼(まぶた)がありませんが、アジ、ニシン、ボラなどでは眼を保護するためにこういった膜を持つものもいます。
学名 Mugil cephalus、英名 Flathead mullet、ポルトガル名 TAINHA OLHALVO、和名 ボラ です。

皆それぞれに何かを語りかけているように思われます。

"The pupil" とは当然「生徒」のことではなく、「瞳」のことです。
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-20 14:09 | | Comments(0)
タイ五女(壮年期))
年をとると「デコッパチ」になります。
d0113817_19483376.jpg

学名 Dentex gibbosus、英名 Pink Dentex、 ポルトガル名 PARGO CAPATÃO de BANDEIRA は当然変わりありませんが、ポルトガル名の象徴となっている「ハタタテ」部である背鰭の棘のフィラメントが、なくなってしまいます。複数の個体を見てきましたが、大きなものはどれも「ハタタテ」は残っていません。たぶん幾多の修羅場を切り抜ける内に落ちてしまうのではないでしょうか。
d0113817_20271420.jpg

しかし、歯の方は健在です。もっと「デコ」になるものもいます。










______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2007-07-19 15:08 | | Comments(0)