カテゴリ:ポルトガル文化( 354 )
断水
この国のインフラは盤石とはほど遠い状況にありますが、"それなりに"整っています。断水もよくあることで、ここに住めば直に慣れっこになりますが、自宅に客を招待している時などにやられると、ちょっとイライラします。こっちの"常識"では、まず事前の連絡なしに水は突然止まりますが、最大6時間くらいを目処に復旧しますので、住人は文句を言いませんし、問い合わせもしませんし、こういったコンセンサスが地域で成立しています。


d0113817_20023251.jpg


しかし、時々ですが、水道の復旧作業が終わったにもかかわらず、大元のバルブの"開け忘れ"で、水が出ない時がありますので、問い合わせはした方がよいと思っています。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-16 06:16 | ポルトガル文化 | Comments(0)
夏だ
岩牡蠣の夏、ポルトガルの夏。



d0113817_04320961.jpg


ひと足お先に、イタダキマス。

























m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-14 03:25 | ポルトガル文化 | Comments(0)
夏のはじまり

夜通しドンチャカで、朝帰りです。


d0113817_03033327.jpg

音楽、ダンス、お喋りと、お酒。

メインはもちろん、お喋り。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-06-11 03:21 | ポルトガル文化 | Comments(0)
自分たちは行けるだろうと出港するタコ壷船
この辺りのタコ資源は、いっ時ほどではないにせよ、増えています。大型の個体もよく揚がるようになっています。


d0113817_4391458.jpg



波で海底が揉まれるのがよいのかもしれません。

















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-05-06 02:33 | ポルトガル文化 | Comments(0)
イースター・マンデー
ポルトガルは休みではありません。ふつうの月曜日になります。よって今日から仕事再開しました。


d0113817_05403011.jpg


"波瀾"を期待しているわけではありませんが、そのくらい無いと、前には進まないかもしれません。一応、未だ"前進派"です。






















m.


[PR]
by mobulamobular | 2017-04-18 02:11 | ポルトガル文化 | Comments(0)
イースター・サンデー
卵は、生命・豊さ・復活のシンボルだそうです。


d0113817_21000638.jpg


今回、鶏ではなく、鴨になります。























m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-04-17 05:09 | ポルトガル文化 | Comments(0)
イースター・サタデー
Páscoa前の土曜日で、つまり"ふつうの日"です。今朝の河岸は、早くから出港する地元漁船で活気がありました。

d0113817_2345539.jpg



"ふつうの漁師"でない定置網の漁師は、ノンビリ、余裕の3連休です。





















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-04-16 02:00 | ポルトガル文化 | Comments(0)
イースター・エッグ
聖金曜日。

何か描こうと思いましたが、そのままにしました。


d0113817_01475065.jpg


多くの受難を乗り越えて行くこと。コレですね。




















m.


[PR]
by mobulamobular | 2017-04-15 01:58 | ポルトガル文化 | Comments(0)
かけ算習いたての小学校低学年への例題
直ぐに思い浮かぶのが、「1個10円のみかんを5個と1個20円のりんごを3個買いました。全部でいくらだったでしょうか?」みたいなやつです。

これが、とても意味深長な問いであることに気が付きました。小学校低学年の子供らが、この例題から学ぶことは、かけ算のみならず、将来において"最も大切なこと"、即ち、経済について学ぶことになります。本当に、こういう意図で、学習指導要領にこういった例題を盛りこんでいるのであれば、日本の文部科学省を見直すことになります。逆に、"お金"を用いず、かけ算の例題を出すとしたら、どんなのがあるのでしょうか。「花が3つ咲いている鉢が5個、花が5つ咲いている鉢が4個あります。さて、全部で花はいくつ咲いていたでしょう?」。確かにこれではかけ算については学ぶことができますが、"最も大切なお金"については学ぶことができません。なるほど、日本人はこうして幼少の頃から経済のことを大切なこととして学ぶことになるのだ、と気付きました。

d0113817_5433419.jpg



4日連続の時化です。満月です。そして、復活祭となります。




















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-04-11 02:14 | ポルトガル文化 | Comments(2)
弁護士
彼との付き合いも、ハジメからですので、もう20年以上になります。

そんな彼が発した言葉は、今まで、一言も分からなかったのですが、今回はちょっとですが解ったような気がします。


d0113817_06102216.jpg


つまり、"人"は変わるということです。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-04-09 02:07 | ポルトガル文化 | Comments(0)