カテゴリ:定置網( 365 )
古きよきものを大切に守る時
"伝統"について考えます。



d0113817_06284533.jpg


いろいろな伝統がありますが、伝統に対する概念が欠如していれば、あるいは異なれば、残念ながら伝統を理解することは出来ません。そして、それはスピリットの伝承に集約されると思うのです。


ロッシオ広場、リスボン。



















m.



[PR]
by mobulamobular | 2017-08-27 01:15 | 定置網 | Comments(0)
思考回路がショートしっぱなし
国際的ルールにのっとり、自国のルールとの整合性を保持しつつ、近隣諸国(EU)との融和を図り、国際競争力を高めて行くのが、この国におけるクロマグロ漁だと思っています。。たぶん、この国に、こういった類の産業は、他にはないかもしれません。

ですから、いつも、なかなかスムーズには行きません。決まって、タイミングを逸します。


d0113817_05524899.jpg



会談を終え、"DGRM"から出て来るスタッフの顔にもやつれが見てとれます。

だから、よいとか悪いとか、結論を出すのは未だ早いと思いますが、"とり残された感"は強まります。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-23 02:04 | 定置網 | Comments(0)
着眼点
目の付けどころが異なれば、自然と結果も異なります。よい悪い、正しいか正しくないかではなく、目的に拠ります。総じて、日本人はストーリーを軽んじ、結論ありきで攻めて来ます。ある意味、それは当然のことであり、何故ならば、彼らにとっては、それは無駄以外の何ものでもないからです。


d0113817_02140998.jpg

上の結びの和名は"フジ結び"とか"テープ結び"とか呼ばれています。定置網では土俵のカツラゴ(もはや死語⁉︎)を結ぶのに使われます。英名もたくさんあり、"overhand bow"とか、"water knot"とか、"tape knot"とか呼ばれていますが、釣り好きなら一度は見たり聞いたり読んだりしたことがあるであろうアイザック・ウォルトンの「釣魚大全」では、"Water Knot"となっています。

はじめ、ポルトガル人漁師は、誰ひとりこの結びを知りませんでした。代わりに、"フィッシャーマンズ・ノット"という"ウォーター・ノット"に似た結びを多用していました。しかし、定置網の命綱とも言える土俵のロープの結びには、より確実で安全性の高い"ウォーターノット"を選択し、以降、混乱を避けるために、これ以外の結びの使用をご法度としたのです。

しかし、土俵のロープ結びは何年かに1度の作業ですので、漁師は覚えても直ぐに忘れてしまい、必要な時になると、再び一からおさらいをしなければなりません。ゆえに、ことある毎に、"ウォーターノット"使うように勧めています。

"ウォーターノット"以外にも、ここの定置網では、決まった結びがいくつか存在します。その代表的なものが、"男結び=へいがしら=垣根結び"とか呼ばれているもので、仕舞いの結びとして、必ずこの結びを行います。しかし、この"男結び"も、はじめ、ポルトガル人漁師は使っていませんでした。似たような結びをする奴もいましたが、手順がバラバラで縛りが緩く、重要な結びとしては認める訳にはいきませんでした、等々。

今では皆んな、サラサラっとやってのけます。

しかし、昨日の話の通り、"変化"は起こり得ますが、何れにせよ、定置網漁師であることを忘れないでいて欲しいものです。
























.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-07 03:38 | 定置網 | Comments(0)
変化
世の中に、"絶対"だとか、"聖域"などというものは存在しません。必ず、"変化"が生じます。しかし、その変化にも、自然なものと故意によるものとがありますが、後者を"文化"と呼んでいるように思います。

d0113817_03163239.jpg


さて。やっと、ひとつ終わりました。また、直ぐ出動するのですが、ひとまず、回収です。ムラサキイガイは皆無です。マンボウに続き、定置網における"2大天敵"による被害がない、やはり、稀な年となっています。




















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-07-06 05:21 | 定置網 | Comments(0)
黒いゴミ袋
遅くに、暗い、狭い、湿った場所での作業です。



d0113817_05555715.jpg


漏電防止策を施しているところです。

こういった協力者がいるからこそ成り立ちます。


















m.



[PR]
by mobulamobular | 2017-07-01 06:14 | 定置網 | Comments(0)
これから何が必要か、よーく考えよう
この際なので、この辺りから始めてみてもよいかもしれません。



d0113817_03000819.jpg


ここも昔は"水産加工場"だったみたいです。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-06-28 03:10 | 定置網 | Comments(0)
時がすべて
向き的には”北東”になる6月の日の出です。

d0113817_4581795.jpg


この時がすべてと思える瞬間です。















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-06-12 05:08 | 定置網 | Comments(0)
ミンククジラ

定置網に、今年、2頭目のクジラが入りました。

小型ですが、クジラですので、やはり圧倒される大きさがあります。それでも、漁師は必死で逃がそうとします。


d0113817_05390574.jpg



生き延びてくれ、と思うばかりです。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-06-09 05:46 | 定置網 | Comments(0)
大漁旗の写真を撮り損なった時

意外と難しい"大漁旗"の記念撮影です。


d0113817_02260136.jpg


この定置網船は、船齢32歳。過去にもいろいろなことがありました。
とてもきれいな船型は、"バブル"以前の日本の技術です。


















m.



[PR]
by mobulamobular | 2017-06-07 02:37 | 定置網 | Comments(0)
そろそろシナリオ作り
今年も、ここまで南東風がよく吹きます。


d0113817_681216.jpg



さて。どう、やっつけますか。



















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-05-22 03:32 | 定置網 | Comments(0)