カテゴリ:魚( 270 )
ハイブリッド
ソウダガツオとスマ(タイセイヨウヤイト)の交雑種だと思っています。だから、抜群に旨いんだと思います。



d0113817_05354819.jpg


しかし、残念ながら、今年も"復活"にはほど遠い入網量でした。だから余計に旨いんだと思います。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-09-26 05:50 | | Comments(0)
宗太鰹
魚の名前を漢字で表記するのは好きではありません。そこには文化的ストーリーがあり、中には面白いストーリーもありますが、それ以上に勝手が過ぎると思うと同時に、今となっては"意味も分からないもの"、"明らかに間違った認識のもの"までが、相変わらず使い続けられているからです。いっそのこと、魚名はあらためて"魚へん"の漢字で再編成したら、とも思います。


さて。

d0113817_05563879.jpg



学名 Auxis rochei、 英名 Bullet tuna、 ポルトガル名 Judeu、 和名 マルソウダ。

昨年はスルーしてしまいましたが、今年は、また、記事に出来るかもしれません。そう、期待しています。鶏さんも期待しています。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-08-30 02:20 | | Comments(0)
一夜干しのシコイワシを炭火で焼いて食う時
頭っから、一気にいきます。




d0113817_05564163.jpg


説明の仕様がありません。






















m.


[PR]
by mobulamobular | 2017-08-17 02:26 | | Comments(0)
トラキヌス科
この間のミシマオコゼと同様にワニギス亜目の魚です。今の時季、ベズーゴ狙いで釣り糸を垂れると、その外道としてよく揚がってきます。

d0113817_08214589.jpg




学名 Trachinus draco、 英名 Greater weever、 ポルトガル名 Peixe aranha、 和名はありません。

毒棘がありますので、ハンドリングには気を付けましょう。























m.



[PR]
by mobulamobular | 2017-07-31 02:39 | | Comments(0)
ダイバーに捕まったミシマオコゼ
定置網にそんなに入ることはありませんが、特段、珍しい魚でもなく、しかし、"横にならない"ので、写真が撮りづらく、今まで、放置されています。


d0113817_01042653.jpg



学名 Uranoscopus scaber、 英名 Stargazer、 ポルトガル名 Cabeçudo、 和名 "ニシミシマオコゼ"。

"日本製"の軍手の上に乗った、大西洋のミシマオコゼです。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-02 01:21 | | Comments(0)
Diplodus sargus
ひさびさに、見ました。


d0113817_05391539.jpg


学名 Diplodus sargus、 英名 White sea bream、 ポルトガル名 Sargo legitimo、和名 サルゴ。

なんか、"余裕"がありませんね。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-05-30 05:47 | | Comments(0)
タイセイヨウマサバ
「大西洋のマサバ」のことです。よくノルウェーサバのことを"マサバ"と勘違いしている人がいますが、こちらが本物の大西洋のマサバです。



d0113817_05061041.jpg

特に日本の人には、"ゴマサバ"に見えるかもしれませんが、これが正真正銘の大西洋のマサバです。

何度でも言います。

これが、マサバです。

だから、美味いです。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-04-08 03:00 | | Comments(0)
イワシ
今年はEU内での話もまとまったようで、漁獲枠が増加されるそうです。その結果、ポルトガルでは7月31日まで合計で6,800トンのイワシを漁獲できるとのこと。"その1尾"に含まれるかどうかは分かりませんが、定置網にも入りました。


d0113817_05495674.jpg


学名 Sardina pilchards、 英名 European pilchard、 ポルトガル名 Sardinha、 和名 ヨーロッパイワシ、あるいはピルチャード。

"ネコ缶"にするほど獲れてはいないと思います。話は変わりますが、日本にいた頃は、どんな魚でも獲れ過ぎると飼料用に出荷されたとかよく聞きましたが、現在、ポルトガルではその様なことは一切ありません。確かに、昔はOlhãoにも飼料用の工場が存在しましたが、今はありません。

良質の魚粉をニワトリに与えたいのですが、それが出来ません。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-04-07 02:32 | | Comments(0)
先ずはアジを喰らう
ニシマアジとは「大西洋のマアジ」のことです。

学名 Trachurus trachurus、 英名 Atlantic horse mackerel、 ポルトガル名 Carapau-branco、です。



d0113817_05373119.jpg


いつもの年は、先ずサバからいただくのですが、思うところがあって、今年はアジにしました。刺身、たたき、焼魚、フライでした。サイズがよく、南蛮漬けは次回に持ち越しとなったようです。たぶん、今夜は皆んなひさびさのアジを喰らっていることと思います。

























m.


[PR]
by mobulamobular | 2017-04-06 02:23 | | Comments(2)
コルビナ 2017
今年は、先ず、コレでいきたいと思います。

学名 Argyrosomus regius、 英名 Meagre、 ポルトガル名 Corvina、 和名 オオニベ。


d0113817_05200133.jpg

41.5kgの個体でした。
かつてはいろいろなストーリーがありました。その分、未だに思い入れの強い魚種です。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-04-05 04:32 | | Comments(0)