カテゴリ:マンボウ( 27 )
本格的マンボウの本
土産として持って帰って来ました。今回の日本の印象は、「ひとり分の飯の量が多くなった」、「相変わらずどこに行っても人でごった返している」、「暑い」、「まだまだ日本にも美しいところがたくさんある」、でした。



d0113817_05135783.jpg




「頑張っている人もたくさんいる」。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-10-09 05:24 | マンボウ | Comments(0)
Mola sp. A
ウシマンボウのようですが、本当のところは、どうでしょうか。





今季、2尾目の入網です。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-06-16 02:06 | マンボウ | Comments(0)
Masturus lanceolatus
微妙に、マンボウとは異なることを感じています。若干、セレクティブなように思われます。"歯"も違うのではないでしょうか。未知のかたまりです。

d0113817_510476.jpg


でも、食べ始めてくれています。


















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-07-13 05:14 | マンボウ | Comments(0)
確信犯
一度ならず二度までも、失敗を繰り返してしまいました。

しかし、それは、「確信犯」のように思われます。

d0113817_3575224.jpg


学名 Masturus lanceolatus、 英名 Sharptail mola、 ポルトガル名 Peixe-lua-rabudo、 和名 ヤリマンボウ。

結局、"大きくて、かわいそう"だから、逃したのです。こんなに大きなヤリマンボウは、めったに見ることはできません。尾っぽの先まで2m以上はあったと思われます。しかし、写真も、へなちょこ携帯で撮ったこの1枚だけです。

いくら、学術的に貴重なサンプルだからとか、剥製にして博物館に寄与すれば、もっと多くの人に…、などと程のよいことを言っても、奴らには通用しません。

ただただ、かわいそうだから、逃してしまうのです。
[PR]
by mobulamobular | 2015-06-16 04:40 | マンボウ | Comments(0)
継続は力なり
今年も継続して行っています。マンボウの行動追跡調査です。


d0113817_22605.jpg



"活きのよい"個体を選んでデバイスを装着します。
[PR]
by mobulamobular | 2015-05-25 02:31 | マンボウ | Comments(0)
今年のマンボウ
「今年のマンボウ」ですが、多くはありません。といってもに比べれば、の話です。

d0113817_37624.jpg


例えば、"今日は100尾の入網"だったとしたら、それは、"とても少なかった"、ということになります。
[PR]
by mobulamobular | 2015-05-18 03:17 | マンボウ | Comments(0)
ウシマンボウ
先日の、巨大マンボウが、やはり、「ウシマンボウ」であった可能性がとても高い、という連絡を専門家の方より受けました。

d0113817_2531420.jpg


そして、今日。 Tuna Dive Toursの方に、知り合いの方から、"負けじと"、巨大マンボウの動画が紹介されてきました。

しかし、この動画。これこそ、「ウシマンボウ」だと思うのですが、知り合いの方は、この一大事には気がついていない様子で、巨大マンボウを、Mola mola(ふつうのマンボウの学名)と紹介しています。





上の動画、撮影場所は、地中海の島国・マルタ共和国のゴゾ島(Gozo)近辺だそうです。

なんか、ここに来て、「ウシマンボウ」が、とても興味深いことになってきました。
[PR]
by mobulamobular | 2014-09-14 03:35 | マンボウ | Comments(0)
巨大マンボウ
全長 235cm、 体高 125cm、 背鰭先端から臀鰭先端まで 270cm。 ひさびさの「巨大マンボウ」でした。

d0113817_5472418.jpg


注目したのは、サイズが巨大であることのみならず、"頭部が隆起し、舵鰭の波型がほとんどみられない"、でした。つまり、これが、あの注目の"ウシマンボウ"ではないか、と期待が膨らんでいます。
[PR]
by mobulamobular | 2014-09-02 06:12 | マンボウ | Comments(2)
マンボウの産卵場所
もう、とうに慣れましたが、あんだけたくさんのマンボウが一気に定置網に入るのは異常なことです。よって、必ず近くに「マンボウの産卵場所」があるはずです。

d0113817_665290.jpg


マンボウは、魚類の中では1番多くの卵を産むと考えられており、その数は3億個以上だそうです。

べつに、「マンボウの産卵場所」が分かったからと言って、入網数が減ったり、卵の数が少なくなったりする訳ではありませんが、どうにかして、その場所を突き止めたいと思っています。

個人的には、カディス湾内がその場所だと思っています。どうでしょうか。
[PR]
by mobulamobular | 2014-08-25 06:28 | マンボウ | Comments(0)
ヤリマンボウ
後悔先に立たず、です。ちょっとした連絡ミスでした。一旦は捕獲したのですが、"大き過ぎる"という理由で、沖にレッコしてしまいました。写真は、なんと、ダイバーが船上でゴープロで撮った、この1枚のみです。

アルガルベ定置網では、初めての入網だったと思います。

d0113817_3314471.jpg


学名 Masturus lanceolatus、 英名 Sharptail mola、 ポルトガル名 Peixe-lua-rabudo、 和名 ヤリマンボウ、です。

とってもよく似ていますが、マンボウ(Mola mola)とは異なり、ヤリマンボウ属です。写真から、全長150cmほどの個体だったと思います。

この失態は、SAGさんや、SAWさんたちにも怒られそうです。
[PR]
by mobulamobular | 2014-06-29 04:17 | マンボウ | Comments(1)