カテゴリ:生き物( 112 )
河向こうのフラミンゴ
夜明け前の暗い内から、グェーグェー、ガゥーガゥー、やっています。どこでと思いましたが、河を渡った海岸側に、けっこうな数のフラミンゴが、今も集まっています。

d0113817_3305425.jpg


フラミンゴも、こういう空だと、飛び立つ気がしないのかもしれません。















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-04-18 06:50 | 生き物 | Comments(0)
探検
この時季、ここまで来るのは、何かの理由があるのだと思います。

d0113817_67925.jpg


マガモが、何故か3羽です。













m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-04-09 07:04 | 生き物 | Comments(0)
Bolinus brandaris
地元魚市場にて。

"トゲ"が多いので、これは外海ではなく、内海で漁獲されたものであることが分かります。

d0113817_5471788.jpg


学名 Bolinus brandaris、 英名 Purple dye murex、 ポルトガル名 Canilha、 和名 "ツブガイ"の1種。

週末は、こんなのをつまみながら、ゆっくりと出来ればとよいと思うのですが、いろいろあるのです。

今回のものは、貝殻長が12~15cmほどで、少量ゆえに"高値"がついていました。














m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-04-03 03:56 | 生き物 | Comments(0)
まっすぐ
今年も、行こう。

d0113817_337798.jpg


春だ。















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-03-28 03:46 | 生き物 | Comments(0)
ニシコウライウグイス
これは、ポルトガルのDouro地方のワインのラベルです。

d0113817_4252446.jpg


学名 Oriolus oriolus、 英名 Golden Oriole、 ポルトガル名 Papa figos、 和名 ニシコウライウグイス。

けっこう近場にも生息しているそうなので、次回は、本物を見てみたいと思います。















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-02-26 04:56 | 生き物 | Comments(0)
帰ってきたセイタカシギ
若干サイズが小さいように思います。幼い個体なのかもしれません。

d0113817_834589.jpg



よって、未だ、脚が短いように思いました。










m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-01-06 05:17 | 生き物 | Comments(0)
ボンゴレ
たぶん、ふつうの人が一生の内に食べる量は、とっくに食らったと思います。過去に、こういったシンドロームは、牛肉やエビ等で経験したことがありますが、何れの場合も、後にそれらがノドを通らなくなりました。しかし、アサリについては、今でもバンバン行けています。

d0113817_4192273.jpg


地元水産経済を盛り立てるためには、この先もブッ倒れるまで食い続けなければなりません。
[PR]
by mobulamobular | 2015-12-27 04:27 | 生き物 | Comments(0)
26羽のフラミンゴ
フラミンゴが、戻って来ました。

d0113817_435637.jpg


この上ないプレゼントです。
[PR]
by mobulamobular | 2015-12-25 04:57 | 生き物 | Comments(0)
戻って来たアオサギ
アオサギ(蒼鷺)が、繁殖シーズンを終え、越冬のためにアルガルベに戻って来ました。

d0113817_4185421.jpg



どういった距離感覚で、それぞれの分布域を決めているか分かりませんが、ここでは、必ず"ひとり"でいます。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2015-12-19 07:16 | 生き物 | Comments(0)
マイルカ
ごまんといます。特に春から夏にかけて、時に大きな群れで沿岸に接近して来ます。それ以外の時季においても、やはり、高水温域を好んで泳いでいるようで、水温の上昇とともに姿を見ることが出来ます。

d0113817_0475010.jpg


学名 Delphinus delphis、 英名 Short-beaked common dolphin、 ポルトガル名 Golfinho-comum-de-bico-curto、 和名 マイルカ。

近種に同属(マイルカ属)の、ハセイルカ(Delphinus capensis)がいるのですが、それとの違いが微妙なのです。まず、船の上から見た飛んだり跳ねたりしている姿だけでは、見分けは出来ないと思います。かといって、潜って見てもよく分からないと思います。ハセイルカは、一応、文献等には、北大西洋および地中海には生息しないことになっていますが、だから、この写真のイルカは「マイルカ」だ、というのではちょっと面白くないと思います。
[PR]
by mobulamobular | 2015-12-10 04:09 | 生き物 | Comments(0)