カテゴリ:生き物( 104 )
愛おしい
卵1個見て、こんな気分になるとは予想だにしませんでした。

d0113817_5215545.jpg


これも一種の"鳥インフルエンザ"、かもしれません。

平飼いは面白いです。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-01-29 02:58 | 生き物 | Comments(0)
卵1個からえも言われぬ大きな愛を感じた時
感慨無量です。

d0113817_4382899.jpg


全てがこの内に詰まっています。


















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-01-23 05:35 | 生き物 | Comments(0)
ウチの雄鶏
此奴は"オス♂"ですね。

d0113817_6401871.jpg


d0113817_784781.jpg


随分と、トサカが生長して来ました。此奴ら2羽が雄鶏の様子です。
















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-01-21 04:04 | 生き物 | Comments(0)
ウチのバリケン
"同居人"にやられっぱなしですが、午後の水浴びを唯一の楽しみとして、健気に暮らしています。

d0113817_524829.jpg


又の名をフランス鴨ということは、ひょっとしてフォアグラが生産されちゃったりするのでしょうか。
















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-01-15 03:33 | 生き物 | Comments(0)
家禽
プリマスロック(幼鳥)


d0113817_5263229.jpg



採卵を目的とした養鶏です。平たく言えば、美味しい卵料理をいただくためです。


















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-01-14 03:23 | 生き物 | Comments(0)
大晦日の出来事から
いつもの牡蠣です。天然ものですので、大きさがまちまちです。

d0113817_6153383.jpg



牡蠣は殻頂辺りをナイフの先でこちょこちょっと擽ると開きます。ふつう、貝柱のある付近にナイフを入れて貝柱を切って殻をむく方法を見聞きしますが、ここの天然牡蠣は歪な形が多く、貝柱付近が波打ってたりしてナイフが入りづらいケースが多くあります。しかし、大きな個体でも殻長があるものは比較的むき易いのですが、殻高の長いものはちょっと時間がかかります。

こんなものが大晦日の晩に届いたものですから、新年、初仕事は牡蠣の殻むきでした。














m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-01-11 03:29 | 生き物 | Comments(0)
今度は横から
気のせいか、渡りの数が少ないように思っていました。

d0113817_5253860.jpg


1羽のみでした。




















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-01-10 03:13 | 生き物 | Comments(0)
チフチャフ
ウグイス科ムシクイ類の小鳥です。

学名 Phylloscopus collybita、 英名 Chiffchaff、 ポルトガル名 Felosa-comum、 和名 チフチャフ。

d0113817_6313981.jpg


そう思っています。





















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-01-09 01:05 | 生き物 | Comments(0)
酉年
十二支が酉ということで、ニワトリを意識した年となります。

d0113817_575075.jpg


ところで、寿司ブームの割には、こちらでは寿司だねとしての"玉子焼き"を見たことがありません。

















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-01-06 03:06 | 生き物 | Comments(0)
ヨーロッパザルガイ
学名 Cerastoderma edule、英名 European Cockle、 ポルトガル名 Berbigão、和名 ヨーロッパザルガイ。

d0113817_5412111.jpg


戴いたものは、きちっと食べましょう。トマトとの相性は抜群です。カキは、"牡蠣飯"でした。



















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-12-28 03:36 | 生き物 | Comments(0)