カテゴリ:生き物( 136 )
春のうたた寝

寝てる、寝てる。

d0113817_04513357.jpg

起きた。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-02-19 02:08 | 生き物 | Comments(0)
慣れた
飛び去りません。



d0113817_06055507.jpg


いつの間にか7羽になっています。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-01-22 03:04 | 生き物 | Comments(0)
筑紫鴨
日本では、九州によく飛来することから、こんな名前が付いているそうです。そして、絶滅危惧種にも指定されているということですので、構わないことが一番です。しかし、かなりの"ビビリ"な様子で、100mほどの距離があっても飛び立ちます。

学名 Tadorna tadorna、 英名 Common shelduck、 ポルトガル名 Pato Branco、 和名 ツクシガモ。




d0113817_05544326.jpg


雌雄同色だそうですので、これらもツガイだと思われます。ですから、この場面も、潜在的男女不平等主義のDNAにより、"先に行く"のが雄で、"後から行く"のが雌と考えがちですが、マガモ等の観察経験から、"先に逃げる"のが雌で、"後から追いかける"のが雄だと思われます。かなりバイアスがかかっています。

















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-01-11 03:47 | 生き物 | Comments(0)
フラミンゴの足跡
断じて、フラミンゴに近寄り過ぎた訳ではありません。"遠くから"見ていて、後でフラミンゴが歩いたであろう場所に行って見ただけです。こうして前もって"言い訳"をしておかないといけないご時世です。



d0113817_05262154.jpg


"中指"の長さが、7~8cmほどでした。





















m.



[PR]
by mobulamobular | 2018-01-10 04:03 | 生き物 | Comments(0)
そして、ママ登場
フラミンゴの話なのですが、どうしてこういう時、父親とは思わず、疑いなく"母親"だと思ってしまうのでしょうか。きっと、男女差別主義の隠れたDNAの仕業だと思われます。今日日、50%の確率で父親だと思わなければいけないご時世ですから注意が必要です。でも、この場面は母親でなければなりません。



d0113817_05061785.jpg


やはり幼鳥でした。大きさがこんなに違います。

ストーリー性は大切です。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-01-09 03:27 | 生き物 | Comments(0)
鶴鷸
ここらに"鶴"はいませんので代役です。



d0113817_05484094.jpg


学名 Tringa erythropus、 英名 Spotted redshank、 ポルトガル名 Perna-vermelha-escuro、 和名 ツルシギ。

地味なタイプの鳥ですが、脚と嘴が赤いのが特徴です。アカアシシギと酷似していますが、比べるとちょっと大きく、嘴もちょっと長く、下嘴だけが赤くなっています。"ツル"と名が付くだけあって、高貴な雰囲気もあります。


















m.




[PR]
by mobulamobular | 2018-01-05 04:03 | 生き物 | Comments(0)
ハシビロガモ
突然、飛び立ちました。



d0113817_23144022.jpg

学名 Anas clypeata、 英名 Shoveler、 ポルトガル名 Pato-trombeteiro、 和名 ハシビロガモ。

初めて見ました。こういう時を、"フレッシュ"と呼ぶのだと思いました。"縁起もの"の末広がりの嘴を持ったカモでした。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-01-04 01:15 | 生き物 | Comments(0)
ゆく年くる年
"もう、何も言うまい。"



d0113817_03243816.jpg



来年も気持ちを込めて行きましょう。

よい年を。

















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-12-31 03:40 | 生き物 | Comments(0)
もとの1羽も合流して5羽
どの容姿もとても初々しい感じがします。


d0113817_07590097.jpg


育ち盛りなのだと思いますが、それにしても、皆んな何処で産まれたのでしょうか。どうしても今年は"卵"に興味をそそられます。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-12-30 03:55 | 生き物 | Comments(0)
4羽があらたに飛来

いずれも若い個体だと思われます。



d0113817_04331185.jpg


それにしても、大地が朝日を浴びて赤く染まり"アフリカ"みたいで、よい雰囲気でした。ビクトリア湖畔を想い出します。





















m.



[PR]
by mobulamobular | 2017-12-29 03:05 | 生き物 | Comments(0)