カテゴリ:生き物( 111 )
ヤツガシラ
今年、養鶏との相乗効果で、庭にはたくさんの野鳥が集まって来ています。


d0113817_00581931.jpg


学名 Upupa epops、 英名 Hoopoe、 ポルトガル名 Poupa、 和名 ヤツガシラ。


鶏舎への途中、長いくちばしを使って、地べたから器用にミミズを引っ張り出していました。


















m.


[PR]
by mobulamobular | 2017-09-13 02:26 | 生き物 | Comments(0)
変調
魚粉が手に入らないことから、"身近にある魚"を与えています。ここに来て旬のソウダガツオを茹でて、もったいないので頭から尻尾まで、すべてを餌に混ぜていますが、とたんに変調を来しました。



d0113817_05535403.jpg


"3Lサイズ"以上の卵が出現し、これらのほとんどが"ふたごの卵"なのです。ちなみに、"サバの時"には、こんなことはありませんでした。

やっぱり、ソウガガツオのパワーは、並大抵のものではありません。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-09-04 01:11 | 生き物 | Comments(0)
どこにも行かないアオサギ
この時季ここにいるということは、やっぱり、アオサギは周年ここに留まっているみたいです。



d0113817_04193117.jpg



これ以上のことは、考えない。結論を急がない。"楽しむ"ための秘訣かもしれません。


















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-09-03 02:19 | 生き物 | Comments(0)
夏バテ
解消法という訳ではありませんが、乾燥ニンニクやトンガラシを餌に混ぜて与えています。それでも、連日の暑さのせいで、卵の生産量が減って来ています。


d0113817_03533432.jpg


それでも、中には元気なヤツもいます。毎朝、高さ1.5mの"檻"から抜け出して、次に高さ1.2mの柵も飛び越えて、勝手口まで、餌の催促に来ます。"褒美"に、一瞬、餌を独り占めすることが出来ます。

小さくても、暑さに負けず、頑張っています。





















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-07-25 04:58 | 生き物 | Comments(0)
鳥と狭量な人間とのブドウ争奪戦が続く時
"檻"の向こう側から、2羽の鳥がブドウに襲いかかります。

d0113817_6345744.jpg



突っついて、ブドウの実が地べたに落ちると、下で待機しているニワトリたちがほくそ笑みます。



















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-07-19 02:51 | 生き物 | Comments(0)
ベイビィラッシュか大繁栄の兆しか
これも20数年間ここにいて初めて見る光景でした。


d0113817_05231557.jpg


ハトにしてはゆっくりで、カモメにしては高過ぎるし、トンビやタカがいるわけでもなく、フラミンゴが旋回するとは信じ難く、何かなと思いきや、でした。

学名 Ciconia ciconia、 英名 White stork、 ポルトガル名 Cegonha branca、 和名 シュバシコウ。

コウノトリは、ここらの住人にとっては最も身近でしかも大型の鳥です。珍しいこともなく、一応渡り鳥ですが、いつもそこら辺にいるイメージがあります。



d0113817_05241291.jpg



こういう鳥と共存共栄が出来るポルトガルは凄いな、と思う反面、何で日本ではコウノトリにしろ、トキにしろ絶滅してしまうのか、単に生き物の問題ではなく、一種の社会問題のように思えるのです。





















m.



[PR]
by mobulamobular | 2017-07-17 05:52 | 生き物 | Comments(0)
パパになり損ねたオスのカモ
更なる悲劇が追い打ちをかけます。ママカモが事故でこの世を去りました。"役立たず"の烙印を押され、来年こそはと再挑戦を誓った矢先の出来事でした。

d0113817_2283320.jpg


ひとり水浴びをするオスガモです。





















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-07-10 02:36 | 生き物 | Comments(2)
残念な知らせと犬の友情
犬はママカモと仲良しでした。

結局、すべての卵が無精卵でヒナが孵ることはありませんでした。きっと、未だ若過ぎたのだと思います。

d0113817_22251817.jpg



6月も半分くらい経過したある日の朝、犬が立ち入り禁止の"カモ・エリア"に、飼い主に怒られるのを覚悟の上で入って来ました。で、何をするのかと思いきや、いきなりママカモに、"おい、もういい加減、諦めろよ。今回は残念だったけど、また来年頑張ればいいじゃん。そんなところにいつまでもいないで、外でオレと遊ぼうぜ"、と言ったのです。
すると、カモが腰を上げ、外に出て来ました。パパカモも喜んでいました。でも、いちばん助かったのは飼い主で、どうやってママカモにそろそろ抱卵を諦めるよう説得するか考えあぐねていたからです。

やっぱり、持つべきものは"犬"、だと思いました。
















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-06-20 04:43 | 生き物 | Comments(0)
白いシチメンチョウ
大きくなってきたので、隔離スペースから解放されました。


d0113817_00461093.jpg


これから、バンバン、雑草抑制に貢献してくれたらと思っています。



















m.


[PR]
by mobulamobular | 2017-05-27 02:01 | 生き物 | Comments(0)
出逢いは大切に
時々、ここで遭遇します。この日は"6頭"でした。


d0113817_06141215.jpg

こんな時、ここの漁師は必死で逃がします。入網記録は貴重な学術データとして活用されています。

一方、今年はここまでクジラの姿を見ないのが気になります。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-05-24 06:26 | 生き物 | Comments(0)