カテゴリ:マグロ( 95 )
知っておきたいこと
依然として、外需頼りですが、一方では顕著な変化も現れてきています。

ヤケマグロは、日本には送れません。なぜならば、買い手がつかないためです。しかし、もちろん食べれますし、鮮度は抜群ですので、それでも、"食べない"のは、贅沢なのか、能書きが多いためと思われます。

d0113817_25284.jpg



ヤケが出て、日本に送れないとなったら、どうするか。当然、現地で販売します。しかも、価格は日本の"相場"よりも高額で買ってもらえます。つまり、すでにクロマグロの価格は、日本よりも海外の方が高額で取引されている、ということです。それでも日本に荷が集まる理由は、"量"のみです。よって、この先、マグロの漁獲量が減ると、あるところを境に、マグロはまったく日本には行かなくなるものと予想されます。

内需は確実に伸びています。これからも、もっと伸びると思われます。

ガンバって食べて下さい。
















m.
[PR]
by mobulamobular | 2017-05-16 02:24 | マグロ | Comments(0)
マグロの心臓
こぶし大ですので、人間のものと同じくらいの大きさなのかなと思っています。これも立派な"商品"ですが、何故か心房の部分は切り取られ、心室だけが出荷されます。


d0113817_04394112.jpg



心室はあれだけの血液を全身に送り出すのですから、筋肉の塊で、さぞかし噛み応えがあるものと思われます。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-05-14 01:41 | マグロ | Comments(0)
マグロの社会性
毎年、タイセイヨウクロマグロは今の時季になると産卵のために大西洋から地中海を目指して回遊します。その際、大きな個体が先行していることが、"何となく"、分かっています。つまり、経験豊富なマグロが経験の浅いマグロを先導しているように思われます。このことより、マグロにも「社会性」があると考えられます。


d0113817_02551204.jpg


学名 Thunnus thynnus、 英名 Bluefin tuna、 ポルトガル名 Atum rabilho、 和名 タイセイヨウクロマグロ。

タイセイヨウクロマグロの生態調査・研究は、とても進んでいると思います。一時は地中海内における違法操業が横行し、資源枯渇が心配されるところまで行きましたが、その後、見事に資源は回復しました。これはICCATを中心とした行政指導と良識ある漁業者の協力があってこそ実現した快挙です。

たぶん、純粋にマグロ資源のことだけを考えないと出来ないことだと思います。

そして今、ポルトガルの定置網漁師たちも、再び堂々とマグロを漁獲しています。





















m.






[PR]
by mobulamobular | 2017-05-11 03:42 | マグロ | Comments(0)
マグロに喰われないように
7年ほど前から、いつも、こんな感じで始まります。


d0113817_02263321.jpg


次は、どんな感じになるのでしょうか。

そろそろ"飽きて"きました。



















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-05-09 02:42 | マグロ | Comments(0)
食品管理
始まっています。


d0113817_05474324.jpg

餌となる冷凍サバの管理です。




















m.


[PR]
by mobulamobular | 2017-04-29 02:49 | マグロ | Comments(0)
大波の狭間
50周年、第20回スペシャル・ミーティング、"地元"開催、と記念すべき今年のICCAT年次総会ですが、一身上の都合により欠席です。

d0113817_4182762.jpg


600人くらい来ているそうです。アルガルベをエンジョイしていただければと思います。



















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-11-17 14:47 | マグロ | Comments(0)
してやったり
まんまと一杯にすることが出来ました。

d0113817_573332.jpg


"13ヶ月後"のリベンジです。もちろん、皆んなの力が合わさった結果の勝利です。



















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-11-12 03:15 | マグロ | Comments(0)
ヤケマグロ
もったいない、の一言です。

d0113817_581344.jpg


長年の"研究"の結果、今ではほとんど出なくなりましたが、かと言ってはっきりした理由が分かった訳ではなく、消去法で"高水温時には気をつけろ"、"魚を暴れさせるな"の2点に集中して、マグロの取上げ作業を行っています。

特に前者の場合には、自然のことですので防ぎようがなく、すべての処理作業を迅速に行い、とにかく一刻も早く、"切る"ことを心がけています。

それでも、"出た"場合、とても... 。














m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-11-04 05:30 | マグロ | Comments(0)
停電
ピカッときたら、"止まります"。

d0113817_5491437.jpg


電気はライフラインとなっていますので、冗談では済まない状況に陥っています。

















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-10-27 02:57 | マグロ | Comments(0)
イヤな予感
1/4で、人間ひとり分の重さになるものもあります。これだけでも、手強そうな雰囲気です。

d0113817_2282667.jpg


もうやることがないと思っていましたが、途端に、頭の中が分からないことだらけになりました。
"ハマる"かもしれません。

















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-10-22 03:05 | マグロ | Comments(0)