カテゴリ:気象( 368 )
沖は
" 静かです。今年は「ふつうの冬」のようです。しかし、潮は駆けています。
d0113817_428428.jpg

時化がありません。雨は少ないかもしれませんが、昨年のような乾きはなく、それなりに湿っています。水温は例年に比べ、若干低めです。ちょっとずつ、でも確実に時が流れていきます。"


という記事を5日前に書いて、アップするのを忘れていました。この間、雨も降って、強い西よりの風が吹いて、時化にもなったようです。削除するのも、もったいないので、「公開」にしておきます。
[PR]
by mobulamobular | 2013-02-24 06:07 | 気象 | Comments(0)
ひこうき雲
若干、天気は下り坂でしょうか。"カーニバル"だからでしょうか。
d0113817_5384273.jpg

「ひこうき雲」もピンク色からオレンジ色に染まります。空がカーニバルです。
[PR]
by mobulamobular | 2013-02-12 01:01 | 気象 | Comments(2)
窓側
"窓際"に追いやられた訳ではなく、「窓側」の話です。以前ですと、「通路側にしますか。それとも窓側ですか。」と聞かれたら、迷わず「通路側でお願いします。」と答えていたのですが、年齢とともに幼児化現象が始まったのか、最近はもっぱら「窓側、空いていませんか。」と、逆に尋ねます。なぜかといえば、それは窓からの景色を楽しむためです。

そして、1枚の興味深い写真を撮りました。
d0113817_2543762.jpg

北緯55度あたりです。中央やや左に見えるの街はデンマークのセナボー(Sønderborg)です。そこから海を挟んで斜め右上に見える尖がった陸地がドイツですから、ここはちょうど両国の国境になります。海は真っ青できれいでしたが、陸地は一面の銀世界で、さぞかし寒いところだろうと思っていましたら、1月の平均最低気温は0℃だそうです。
一方、日本最北端の地である宗谷岬は北緯45度あたりですが、同じく1月の平均最低気温は-7.2℃だそうで、時には流氷も接岸します。
なにゆえ、10度近くも高緯度なところが、より温暖かといえば、それは海水温と密接な関係があります。ケッペンの気候区分によると、セナボーは西岸海洋性気候(Cfb)に属します。つまり北大西洋海流(North Atlantic Current)という暖流があり、その上を通過した偏西風が温められて、北ヨーロッパまで届いているということです。この時、その"証拠"を見たような思いでした。

More
[PR]
by mobulamobular | 2013-02-11 05:19 | 気象 | Comments(0)
地面
昨晩も、夜半に雨が降ったみたいです。
d0113817_5283113.jpg

日中の雨はありません。晴れ、時々曇りでした。しかし、週末の天気は下り坂、日中の雨も期待できるかもしれません。という、予報になっています。
[PR]
by mobulamobular | 2013-01-18 05:53 | 気象 | Comments(0)
6時15分
"7o'clock"の訂正記事にもなります。

気温は7.6℃、快晴、ほぼ凪。最近では、冷え込んだ朝となりました。一昨日の夜にちょっと雨が降ったようです。これが今年初めての雨でした。寝ていたので分かりませんが、朝にはいい感じに地面が湿っていました。

日の出の時間は7時44分です。"今日から仕事"ですので、ちょっと早起きすると、6時15分まで街灯がついていました。年中、6時で消灯しているのかと思ったら、ちょっとは調整しているみたいです。

d0113817_5184813.jpg


「東京は大雪」という連絡は受けています。転んだりしないようにしてください。

いつも海側ばかりですので、たまには後ろを向いて街の方を撮りました。
[PR]
by mobulamobular | 2013-01-15 05:31 | 気象 | Comments(0)
朝霧
2012年の暮れは、ひさびさに「アルガルベっぽい冬」のように感じています。雨が多いということではなく、しかし、それなりに湿っていて、辺りの空き地は緑で覆われるようになっています。一部報道では、南欧は高気温で異常気象という記事も見ましたが、ここではそのようなことはありません。

「朝霧」も出ました。どのようなメカニズムで発生したなのか、よくは分かりませんけど、たぶん、暖かな海水とそれよりも温度の低い空気とが接触したものと思います。
d0113817_5582750.jpg

荒れた天気も少なく、ふつうに穏やかな日が続いています。
d0113817_3352689.jpg

なんか、ホッとしています。
[PR]
by mobulamobular | 2012-12-29 03:53 | 気象 | Comments(0)
過而不改、是謂過矣
こういう過ちならば、改める必要はない、と思います。
d0113817_1454890.jpg


12月初旬に咲いたアーモンドの花です。
[PR]
by mobulamobular | 2012-12-10 05:29 | 気象 | Comments(0)
初霜
今週の話ではなく、先週の話です。「初霜」が降りました。
d0113817_4283826.jpg

どこに降りたかというと、野外に置いてあった"ダンベ"(魚や氷を入れるプラスチック製容器)の蓋の上です。放射冷却で冷え込んだとはいえ、気温が0℃以下になったとは考え難く、しかし、気温が下がったことで、ダンベの蓋の温度が0℃以下となったため、空気中の水蒸気が昇華して、霜となったと考察できます。

ちなみに、あたりで霜が降りた形跡のあるところは、他にはありませんでした。写真でも見れるように、このダンベの蓋の縁は、霜が降りた面より若干高くなっています。このため、霜が降りた面は、薄っすらですが、冷気が溜まりやすくなっていたのかもしれません。ということは、風がまったくなかったことが連想させられます。

写真では見づらいかもしれませんが、筋状の氷の結晶も見ることができました。
[PR]
by mobulamobular | 2012-12-08 05:34 | 気象 | Comments(0)
レバンテ時化
ひさしぶりのレバンテによる時化です。外はすでに日も暮れて、闇夜に包まれていますので、写真を撮る術はありません。生暖かい風が吹いています。海がゴーゴー唸っています。南東向きの窓がガタガタと音を立てています。

d0113817_3445025.jpg

昼間にちょっと撮った写真ですが、レバンテの特徴が見てとれます。波が"掘れて"います。それだけ、波に力があり、沖で吹く風が強い、ということが分かります。

ふつうは3日くらい続きます。

今日が初日です。
[PR]
by mobulamobular | 2012-11-08 05:13 | 気象 | Comments(0)
二日連続の雨
「もっと、降れ」、とか思っていたら、昨日よりも増して、雨が強く降りました。
d0113817_5371722.jpg

「二日連続の雨」、です。

なにもできず、なにもせず、です。

この雨のおかげで、気温も暖か、冷え込みはありません。

でも、こんなに気候のよいアルガルベに、何故、古代より少数の人たちしか住んでいないのか。原因は、「水源」だと思います。

「雨」は、本当に大切です。
















______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2012-11-05 06:07 | 気象 | Comments(0)