2018年 01月 11日 ( 1 )
筑紫鴨
日本では、九州によく飛来することから、こんな名前が付いているそうです。そして、絶滅危惧種にも指定されているということですので、構わないことが一番です。しかし、かなりの"ビビリ"な様子で、100mほどの距離があっても飛び立ちます。

学名 Tadorna tadorna、 英名 Common shelduck、 ポルトガル名 Pato Branco、 和名 ツクシガモ。




d0113817_05544326.jpg


雌雄同色だそうですので、これらもツガイだと思われます。ですから、この場面も、潜在的男女不平等主義のDNAにより、"先に行く"のが雄で、"後から行く"のが雌と考えがちですが、マガモ等の観察経験から、"先に逃げる"のが雌で、"後から追いかける"のが雄だと思われます。かなりバイアスがかかっています。

















m.

[PR]
by mobulamobular | 2018-01-11 03:47 | 生き物 | Comments(0)