2017年 08月 14日 ( 1 )
単純明快
魚が獲れるということは、魚がいるからです。逆に、魚が獲れないのは、魚がいないことを意味します。

ですから、魚の資源管理や海の環境保全が大切になります。そもそも、これらも漁師の仕事のはずですが、"丘もん"に委譲してしまったところから、ことはややこしくなっています。





d0113817_23283426.jpg


魚が獲れない時、誰かが別の場所で獲っています。あるいは、今日の分まですでに獲ってしまった結果です。

漁師は、魚が獲れる時、獲れるだけ(全部)獲ろうとします。しかし、これは明日以降の漁の保証がないための愚行です。

この"明日以降の漁の保証"が、漁獲可能量や漁獲枠の設定、また最低魚価や漁獲枠の買取制度導入等になると思います。

何れにせよ、これらすべて、本来は「漁師の仕事」です。




















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-08-14 03:31 | 漁師 | Comments(0)