2017年 08月 11日 ( 1 )
すっきりしないこと

すべてうろ覚えですが、以前、エリザベス女王が訪日時、政府の招きである有名な茶室かどこかを訪れ、内に入る際、女王が初めて人前で靴を脱いだという報道を見て、とってもスッキリしたと同時に、何となく安堵感が漂いました。安堵の理由は、こうすればいつも平和だと思ったからです。



d0113817_03153375.jpg


一方、フランスの学校でヒジャブが着用禁止になったと聞くと、スッキリしません。理由は、彼女らにとって、ヒジャブを外せ・着けるなということは、人前でパンツを脱げと言われているのと等しいことで、そんなことは出来ることではない、要求してはいけないことと思うからです。と同時に、こっちまでとても不安な気持ちにもさせられます。


例えば、写真に撮る時、絵を描く特、皿に盛る時の魚の向きです。右向いていると、どうも、スッキリしません。理由は、見慣れていないためと思われますが、左向きにすることが、"魚の文化"だと考えているためなのです。些細なことですが、右向きに置くことは、その"魚の文化"を軽視していると思ってしまうのです。でも、魚を右向きに置く人の多くは、そんな"魚の文化"の存在すら知らないのがふつうです。






















m.

[PR]
by mobulamobular | 2017-08-11 06:25 | 戯言 | Comments(2)