2016年 09月 11日 ( 1 )
ペラカゴに負った損傷のために急遽の上架
いつもの浅瀬の航路をふつうに走っていても、潮によっては、それまで砂に覆われていた昔の沈船が露わになっていたりして、それを知らずにぶつかると、船はとってもヤバイダメージを受けることもある、ということです。

d0113817_945198.jpg


修理には機動力が問われます。ここもポイントかと思いますが、何とかロスは最小限に止めることが出来た様子です。しかし、ことはとても"複雑"です。















m.
[PR]
by mobulamobular | 2016-09-11 09:17 | 定置網船 | Comments(0)