卵嚢
写真は定置の箱網に産み付けられたヨーロッパヤリイカの卵嚢です。
d0113817_015894.jpg

漁師にとってはある種の戦いの場である定置網も、普段はこういう場所であるとも言えます。
安全だから、外敵から身を守りやすいから、孵化した子らへの食べ物がたくさんあるから、そう考えて親はそこに産卵したものと思われます。
定置網はこのように魚には魚礁として認知されています。ですから、イカのみならずたくさんの稚魚も見ることができます。たくさんの小魚がいるからそれらに興味をもって大きな魚も集まって来ます。簡単に言うと、これが定置網の漁のシステムです。
[PR]
by mobulamobular | 2009-06-09 15:49 | 定置網 | Comments(0)
<< カンパチ(Seriola du... 空飛ぶガンギエイ >>