最近の魚から
ちょうど2枚入りましたので写真を撮りました。「ブツブツ」がある奴と、ない奴です。
d0113817_161225100.jpg

左が「ヒラメ」で登場した 学名 Scophthalmus rhombus、 英名 Brill、 ポルトガル名 Rodovalho です。「ブツブツ」がありません。
d0113817_16155873.jpg

そして、右が「多宝魚」で登場した 学名 Psetta maxima、 英名 Turbot、 ポルトガル名 Pregado、 和名 イシビラメ です。体表に「ブツブツ」があります。
d0113817_16183587.jpg

双方とも眼には「瞬膜」らしきものが"ぶら下がって"いるようですが、この手の海底にベッタリへばりついて棲んでいる魚たちはガンギエイ類[1234]も同様に、まき上がった砂や異物から眼を保護するためにこんな風になっているのでしょうか。

マダイも入っています。
d0113817_164123.jpg

マグロの「随伴魚」として大いに注目されるトビウオもたくさんいました。
d0113817_16443567.jpg

[PR]
by mobulamobular | 2009-06-05 01:22 | | Comments(1)
Commented by 山田 at 2009-06-06 21:24 x
何年か前に、築地でBrillも、Turbotも見かけました。Brillは天然物でしたが、Turbotは養殖物でした。最近は、入荷しないようです。
<< 空飛ぶガンギエイ ドラッグ >>