Synonym
"Synonym"とは「別名」とか「同義語」といったような意味ですが、ここでは「魚の学名のシノニム」についてです。
魚の分類において、1種に対し、時に複数の学名がある場合があります。過去にいろいろな学者が同種にもかかわらずいろいろな学名をつけてしまった結果です。それにはいろいろな理由があるようですが、何年にもわたってたくさんの人がかかわってしまうと、もう何が何だか分からなくなってしまっているケースも少なくないようです。特にマイナーな種については一向に研究は進んでいない様子です。

ここに1種います。20cmほどの小さな魚です。定置網には入りません。入っているのかもしれませんが、ここの定置網の魚獲りの目合は3寸ですので、すべて抜けてしまいます。ですので、これは地元の小型巻き網船が漁獲したものです。時にまとまって市場に出ています。
d0113817_20533110.jpg

学名 Spicara flexuosa、 英名 Picarel、 ポルトガル名 Trombeiro、 和名 分かりません。
"Centracanthidae"という科に属しますが、これもなんだか分かりません。やはり"Sparidae"(タイ科)に近いのでしょうか。分かっているのはスズキ目(Perciformes)の魚だということぐらいです。Fishbaseにはこの学名はありません。"Spicara maena"のシノニムになっています。しかし、愛用の"Fishes of the North-Eastern Atlantic and the Mediterranean"では、本種と"S.maena"は「別種」となっており、それぞれの記載されている特徴をよく検討した結果、ここでも「別種」の意見に賛同します。
d0113817_21512510.jpg

また、英名についてFishbaseでは"Picarel"は"S.smaris"の英名となっており、"S.maena"の英名はBlotched picarel です。
一方、ポルトガル海洋研究所(IPIMAR)の資料をもとにポルトガル名で追っかけてみると、"S.flexuosa"が Trombeiro、"S.maena"は Trombeiro-choupa、"S.smaris"はTrombeiro-boga となっています。ようするにポルトガルではSpicara属の魚では"S.flexuosa"がその代表格的存在という考えです。

まぁ、分からないことだらけで、いろんな「シノニム」がありますが、ここでは上記の学名、英名、ポルトガル名ということにしておきます。












______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2009-05-31 19:51 | | Comments(0)
<< ドラッグ The Sun >>