「日本人、アルガルベのサバを喰らう」
少し古い新聞記事になりますが、この傾向が今後どのように推移していくか密かに注目しています。
d0113817_18562629.jpg

今に始まったことではありませんが、何故か今になって新聞記者の目にとまったようです。
内容は、「アルガルベで巻き網船によって獲られたサバが大量に(ほぼ全量)お隣りスペインのマグロ蓄養(養殖)場に行っている」といったところです。
一昔前までは、地中海での養殖マグロ事業も規模は小さく、餌は高価な脂の乗ったノルウェー産のタイセイヨウサバを使用するのが主流でした。しかし、それから養殖場の数は激増し、「餌不足」の状況に陥りました。養殖マグロの給餌はたいへんな作業です。魚がデカイですので、接餌量もハンパじゃありません。しかも毎日です。よって、今では餌の質等を問う前に、死んでしまっては(痩せてしまっては)元も子もないので、とにかく食べさせます。そこで活用されているのが「アルガルベのサバ」です。
d0113817_19453261.jpg

記事によりますと、昨年はおおよそ3千トンのサバがアルガルベからスペインに送られ、取引額は60万ユーロ(約8千万円)にもなったとのことです。ですから、これはこれで地元漁師にとってはとてもためになっていると思われます。
こうして丸々太った養殖マグロは、近年、中国や韓国がマグロの獲得競争で力をつけてきたとは言え、まだまだその大部分は日本に送られ、日本人の胃におさまっています。しかし、その「身」となっているものは「アルガルベのサバ」です。ようするに、日本人は意図せずにですが、「アルガルベのサバ」を大量に消費していることになるのです。











______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2009-04-23 01:16 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< Corvina 2009 Bull ray >>