PRAIA
夏はめったに行きません。
d0113817_03204.jpg

英名 Beach、 ポルトガル名 Praia、 和名 海水浴場 です。この時期、まだ人もまばらで、空気もなんとなく澄んでいる気がします。
d0113817_23584131.jpg

人の足跡も少なく、こんな自然の造形を見ることもできます。
d0113817_23594899.jpg

浜辺では「打上げ生物」発見です。"Raja undulata"の稚魚でしょうか。卵からかえって間もない個体のようでした。
d0113817_01134.jpg

しかし、海水浴場の準備はちゃくちゃくと進んでいます。すでに「海開き」済みです。浜辺にはレンタルビーチパラソルが並べられ、お客さんの到着を今や遅しと待っていますが、この日はあいにくのイエローフラッグでお店は開店休業状態でした。
d0113817_028074.jpg

スイスに本部のある「泣く子も黙る」民間の審査・認証機関"SGS"の旗も高々と揚がっていました。これはよく分かりませんが、この海水浴場が安全で、かつクリーンであることをアピールしているのではないかと思われます。
d0113817_1135964.jpg

アルガルベを自転車で走ろう、ってとこでしょうか。ポルトガルの「ひゃくとーばん」は"1・1・2" です。
d0113817_1235012.jpg

次はまた来年かもしれません。本日より駐車場も有料化されました。
[PR]
by mobulamobular | 2009-04-04 01:02 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< ソウダガツオ2009 本日の漁 >>