ネズッポ
こちらにはキス(Sillago)がいません。
「鱚」と書き、日本では「シロギス」(Sillago japonica)に代表されるように、海岸近くの比較的浅瀬に生息し、身近で釣りが楽しめて、おまけに至極美味しい魚として有名です。
その「外道」として時々もっと美味しい魚が釣れることがあります。それが「ネズッポ」です。場所によっては「メゴチ」とか「ネズミゴチ」とか呼ばれているものです。
d0113817_2224085.jpg

学名 Callionymus lyra、 英名 Dragonet、 ポルトガル名 Peixe Pau Lira、 和名はありません。
この個体はもちろん、定置網に入ったものです。ネズッポ科(Callionymidae)の魚はたくさんいて分類が非常に難しいとされているようです。ポルトガル近辺では6~7種が生息しているようですが、何れも現地では珍しい魚種です。
d0113817_22204911.jpg

今回のものはどうやら成熟した「オス」の個体のようです。メスや未成熟の雄には、体に「青いマーク」はないとされています。
d0113817_22322235.jpg

上記のポルトガル名ですが、Peixe=魚、Pau=棒、Lira=たて琴、という意味です。第1背鰭の第1棘が長く、寝かせると尾鰭の基部にまで達します。この棘のことを「棒」と表現したものと思われます。また、第1、第2背鰭ともに開くと色鮮やかな膜を見ることができます。これらを総合して「たて琴」を想像したものと考えられます。
d0113817_22543015.jpg

このたて琴は日本では「ライアー」と呼ばれている弦楽器と思われます。古代ギリシャ時代からの古い楽器のようです。学名の"lyra"という種名についても同様です。よって、和名については「タテゴトネズッポ」が適当かと思います。
d0113817_235181.jpg

英名の"Dragonet"という呼び名はしばしばネズッポ科の魚の総称として用いられているようですが、本種が正真正銘の"Dragonet"です。
d0113817_23135438.jpg

以後、よろしくおねがいします。
[PR]
by mobulamobular | 2009-03-31 00:15 | | Comments(2)
Commented by 新米漁師 at 2009-04-03 15:45 x
はじめてブログ拝見します。大変興味深い内容で楽しく読ませていただきました。
Commented by mobulamobular at 2009-04-03 17:00
新米漁師さんへ。ありがとうございます。今後ともよろしく。
<< 定置も、海も、魚も、すべて離れて 網入れ >>