カーニバル休み
今週はいわゆる"カーニバル休み"で学校はお休み。"新年の休み"と"春休み"(通常イースターホリデー)の中間にある「小休み週間」です。「謝肉祭」ということで、もともとは宗教行事なのだと思われますが、今では「カーニバル」というとブラジル・リオのカーニバルに代表されるようにポルトガルでも「派手なパフォーマンスのお祭り」としての認識しかありません。
d0113817_2036713.jpg

で、メインは毎年「火曜日」です。何故なのかもよくは分かりません。

この日は一般的に「祝日」として理解されていますが、厳密には『祝日』ではありません。

お祭りをする、お祝いをする、という意味での「祝日」ではありますが、フツーに考える『祝日』ではありません。これは「祝日』の定義によります。通常、『祝日』というと、『法で定められたお休みの日』と理解しているのではないでしょうか。例えば、サラリーマンの場合、「この日はお休みで欠勤扱いにはならず有給休暇を取得しなくてもよい日」となる筈です。なぜならば、法律で休みと決められているからです。もうお分かりかと思いますが、「2月の火曜日でカーニバルといわれている日」は、ポルトガルでは法的に『祝日』(Feriado)とは定められていません。でも、皆さん休んでいます。国も民間会社も定置網も『祝日』扱いです。

在ポルトガル日本国大使館の休館日を見てみましょう。
平成21年(2009年)の2月24日(火曜日)はお休みでした。大使をはじめ、職員の皆さんは有給休暇を利用されたのでしょうか。

次に、在日本国ポルトガル大使館のWebページでポルトガルの祝祭日を確認してみましょう。
ちょっと情報が遅れているようですが、やはり、「カーニバル」は含まれていません。

"カーニバル"はポルトガル名 "Entrudo" です。
[PR]
by mobulamobular | 2009-02-27 00:51 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< やってる、やってる 大人気 >>