Recessão
もういや、というほど聞き飽きて見飽きた話題で恐縮です。
Recessão = Recession = 景気後退 ですが、ポルトガルにもようやくやって来ました。
d0113817_23595888.jpg

昨年末より風の便りでちらほらとリスボンあたりでは景気の悪い話が増えていると聞き及んでいましたが、
ここアルガルベでは実感がありませんでした。
d0113817_0125662.jpg

コルクが売れなくて農家が困っている様子です。このままだと今年は収穫できないことになりそうです。
d0113817_0202595.jpg

ご自慢の観光業も特にイギリスからのお客さんの減少に頭を悩ましています。
他にも高級リゾートホテルやゴルフ場の建設などを手掛けてきた大手建設会社の倒産などのニュースもありました。

でも、周囲の人々はいたって冷静であるように見受けられます。騒がず、あわてず、なるようにしかならない、
といった趣で、貫禄めいたものを感じます。
少し褒め過ぎでしょうか。というか、特にこの件に関しては興味がないので、話題にならないといった方が、
中らずといえども遠からず、かもしれません。

どうしてそうなのかは分かりません。

ヨーロッパは寒い日が続いています。ご多分にもれず、ポルトガルも寒気団の南下で寒く、めずらしく「雪」の話題を
多く耳にします。そんな中、事務所の前の花壇では「ひまわり」が開花しました。
d0113817_1144392.jpg

やはり、太陽と海(Sol e Mar)のアルガルベです。
多少の寒さなどには動じません。
[PR]
by mobulamobular | 2009-01-21 01:44 | ポルトガル文化 | Comments(2)
Commented by pchikaru at 2009-01-21 07:52
いつも楽しく拝見しています。日本もほんとに不況の波は
すごいですね。私の周りでもリストラされた方などきくようになりました
でも私がおもに接しているのは、団塊の世代のかたがた
とってもみなさん元気で生き生きしておられますよ
Commented by mobulamobular at 2009-01-23 18:18
pchikaruさんへ。
ある面、リストラされることに慣れているこちらの人は、リストラされても比較的元気です。
でも、そんな時、大いに助けとなるのはやはり家族のようです。
風邪をひかれているご様子ですが、ご自愛ください。
<< アイスランド低気圧 Fluviário de Mora >>