悲劇
先週のことです。
d0113817_2322653.jpg

リスボンにほど近いSesimbra(セジンブラ)の港での出来事です。
ある巻き網船がいつも通り漁をしていた時、700尾(約14トン)ものコルビナを漁獲してしまいました。
これはまさしく「事故」のようなもので、通常この手の巻き網船では年間数尾のコルビナしか漁獲がありません。
日本ならば、「大漁旗」ものですが、もともとポルトガルにはそういった習慣はありませんので、普通に、
とは言っても多少興奮気味に帰港してきたものと思われますが、待っていたのは「悲劇」でした。

この巻き網船は「イワシ漁」の免許を持って漁に出ています。法律では「イワシ漁」の免許は他の魚種の漁獲は
全体の漁獲量の20%しか認められていません。しかし、この日、この船は「コルビナ100%」でした。
よって、帰港すると同時に、噂を聞きつけた海警察(Polícia Marítima)が80%のコルビナを押収してしまいました。

悲惨な出来事はさらに続きます。
この巻き網船は罰金の支払いを命じられました。その後、没収された80%のコルビナが市場に流れ出し、
浜値0.18ユーロで取引されました。通常、コルビナの浜値は10ユーロ以上ですので、60分の1ほどの値です。
巻き網船に販売を認められた20%のコルビナも、よって同様の値となってしまいました。
つまり、「燃料代」も出ないほどの安値となってしまったのです。

悔しい出来事はまだありました。
知り合いの仲買人の話では、これらのコルビナは翌日、早々にオリャオにもやって来て猛威を振るったそうです。
「マーケットでは0.16ユーロで仕入れたコルビナを6ユーロで売っていた。」そうです。
「誰が儲けているんだ。」とその仲買人はボヤいていましたが、本当にボヤきたいのは巻き網船の漁師たちでしょう。

「ツイていなかった。」で済ませますか。
d0113817_23361677.jpg

[PR]
by mobulamobular | 2008-10-03 00:41 | | Comments(1)
Commented by pchikaru at 2008-10-03 23:22
いろいろ大変なんですね~
<< Motorista Silly Season >>