カマス
「カマス」と聞くと、尾頭付きの背開きの干物が美味しかったことを思い出します。しかし、残念なことにここではそういうものにはお目にかかれません。
d0113817_5192232.jpg

学名 Sphyraena sphyraena、 英名 Barracuda、 ポルトガル名 Bicuda、 和名 「地中海カマス」としておきます。
定置網にはめったに入りませんし、市場でもあまり見ることはないと思います。全長80cm近い大型の個体ですが、FNAMによりますとこれの倍の160cmにもなるものもいるようです。
d0113817_5275166.jpg

"Barracuda"(バラクーダ)というと、「人をも襲う恐ろしい魚」というイメージがありますが、 それは「オニカマス」という本種よりももっと大きくなる"Great Barracuda"(学名 Sphyraena barracuda)のことで、ポルトガル近海には生息していません。
d0113817_619504.jpg

が、こいつもケッコウ鋭い歯の持ち主でした。
[PR]
by mobulamobular | 2008-06-10 06:46 | | Comments(0)
<< 漁師養成学校 スト中止 >>