祝日
英名 Feast (Holy day)、 ポルトガル名 Feriado です。

ポルトガル・アルガルベ地方のオリャオでは、6月16日の「オリャオの日」を含めて、年間14日の祝日があります。内おおよそ半分がクリスマスやイースターなどのキリスト教の祝日です。当然の如く、これらの祝日はキリスト教徒にとってはそれなりに大切な日なわけですから、仕事どころではありません。
d0113817_1102585.jpg

(写真は"ファティマ"です。)
しかし、市場原理主義の教育の成果でしょうか、シーズン中の定置網の漁師たちは祝日といえども、沖へ向かいます。

「いいとこ取りのキリスト教徒」というわけではありませんが、祝日は祝日。休みたいものです。しかし、仕事だから仕事に行くわけですが、どうしても祖先から受け継いだ血が仕事を受け付けない日があるようです。今年は最も早い時期にやってきた「復活祭」(英名 Easter 、 ポルトガル名 Páscoa)、それに「クリスマス」(英名 Christmas、 ポルトガル名 Natal)はどうしても仕事ができません。あと1日、なんとなく仕事のできない日があります。それが先日の「聖体拝受の日」(英名Corpus Christi = Body of Christ、ポルトガル名 Corpo de Deus)です。この日は毎年「復活祭」から60日後にやってきます。

一般的に聖体拝受(拝領)とはキリスト教においてミサの際、聖体(キリストの肉であるパンと血であるワイン)を口にすることにより、「神と信徒の交わり」を行なうというサクラメントのひとつですが、 祝日の"Corpo de Deus"の場合はポルトガル国内においては人や地域によって何をやるかは様々のようです。
d0113817_64029.jpg

では、何故漁師はこの日に仕事をするのを嫌うかを、ちょっと意地悪く突き詰めて尋ねてみると、ようするに「神と交わる」という点において、「殺生」を嫌っている、ということが分かります。「因果な商売」と言ってしまえばそれまでですが、それだけこの日が彼らにとって「神聖な日」ということなのでしょう。











______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2008-05-30 06:13 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< ストライキ 満月 >>