クスクス魚
タイ(Pargo)の1種です。

d0113817_19501286.jpg


学名 Pagrus auriga、 英名 Red-banded sea bream、 ポルトガル名 Pargo sêmola、 和名 ありません。
この種の生息数を知る可能性は皆無ですが、アルガルベで水揚げされる量は少ないです。定置網にも年に数尾入るぐらいでしょうか。ですから、この魚についても詳細はよくわかっていません。たびたびのように、この魚名がなぜ"Pargo sêmola"となっているのかは地元漁師にはわかりませんでした。彼らはたまの漁獲の際は、この魚を"Pargo listado"(縞タイ)とか呼んでいるようです。では、ズバリいってみたいと思います。

d0113817_20385242.jpg


"sêmola"とは北アフリカでは伝統的な料理「クスクス」の原料となり、またヨーロッパではこれまた言わずもがな、「パスタ」の原料となる硬質小麦のあら挽き状のもののことです。(多少、「しったか」入っています。) ようするに、この魚の歯が粗大な小麦粉に似ていることから、このように命名されたものと推測します。活魚部スタッフの中からこの意見がでた時、「なるほど」と思いました。

d0113817_2057356.jpg


背鰭棘条が第1、第2は小さく、第3、4、5と長くなっているのが特徴です。(残念ながら第3棘は折れてしまっています。)

d0113817_214488.jpg


それでは、またいつの日か、に。
[PR]
by mobulamobular | 2008-05-04 04:22 | | Comments(0)
<< É a vida アロサ アロサ >>