クラインさんのササウシノシタ
たぶん、大昔の生物学者の人物名だと思います。
その方にちなんで命名されたのが、このササウシノシタ科(Soleidae)の1種です。
d0113817_693265.jpg

学名 Solea kleinii、 英名 Klein's sole、 ポルトガル名 Linguado turco、 和名はありません。
学名についてはその分類の違いによって諸説あるようですが、ここでは"Fishes of the North-Eastern Atlantic
and the Mediterranean"に記載されているとおり、"Solea vulgarisやSolea senegalensis"と同様に
Solea属の1種としました。
d0113817_6241021.jpg

FishBase等ではSynapturichthys属の1種としており(学名 S. kleinii)、この場合は1属1種の分類となっています。
d0113817_6294589.jpg

これも珍しい魚の1種だと思います。
正式なポルトガル名は"Linguado(ササウシノシタ)turco(トルコ)"となっていますが、どこでたずねても通じません。
"Linguado zebra(シマウマ)"といった方が、名の通りがいいと思いますが、それでも普通の人は知りません。
大体、「シマウマ」にはまったく似ていませんし、「シマウマ」のことを知っているのか聞きたいくらいです。
ふと、思ったのですが、ひょっとしたらポルトガル人たちは魚体の有眼側ではなく、無眼側を表現している
のではないかと。無眼側の魚体の「白」と背鰭・尻鰭の「黒」のコントラストを言っているのかもしれません。
d0113817_641841.jpg

無眼側の先端の鼻孔は"Solea lascaris"ほどではないですが膨れ上がり、"cupola(丸屋根)-shaped"と表現されています。
d0113817_6512147.jpg

胸鰭の黒点は中央に円形で入っています。
[PR]
by mobulamobular | 2008-03-20 05:29 | | Comments(0)
<< 「贋作」ガンギエイ 地中海コショウダイ >>